西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/10/19(日)

[]戸北先生 03:02 戸北先生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 戸北先生 - 西川純のメモ 戸北先生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今から3時間前の10月19日の深夜、戸北先生がお亡くなりなりました。事故です。取り急ぎ、お知らせします。

 何故、お知らせするか。それは関係者一同、混乱の極致です。従って、ご家族に問い合わせないでください。大学も今は分かりません。もちろん私もです。決まり次第、ブログ等でちゃんとお知らせします。

 お願いです。戸北・西川研究室関係者、理科教育関係者の方は、この事実を受け止めてください。そして、近日中にお知らせする葬儀関係の情報を同期や関係者に知らせてください。

 病院で一杯泣きました。同様な気持ちの方は多いと思います。まずは心からのご冥福をお祈りしてください。

11/05/28(土)

[]佐藤準一先生 16:56 佐藤準一先生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 佐藤準一先生 - 西川純のメモ 佐藤準一先生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 以下の記事をアップした直後に仁手の保護者の方からメールが来ました。佐藤準一さんがお亡くなりになりました。

 元々は、埼玉から杵淵さんが西川ゼミに所属され、その実践研究の場として佐藤さんのクラスを借りて実践したのが始まりです。佐藤さんは、杵淵さんが実践研究をじっと見ていました。そして、杵淵さんの実践研究が終わってから、自分自身で取り組み始めました。

 直ぐに自家薬籠中としました。そして、どんどん進化しました。現在、上越で広がるきっかけとなった校長が『学び合い』を最初に見たのは佐藤さんの授業です。また、生坂のM校長が最初に参観したのも佐藤さんです。それからことある毎に、佐藤さんの授業の公開をお願いしました。

 講演会で「知的な特別支援の必要な子がいるクラスで、連続3回、業者テストで全員満点を実現した先生がいる」と紹介する先生は佐藤さんです。

 全員が80%だったら、実現した同志の方は少なくないと思います。でも、それを全員85%、90%となると、極端に難しくなるのもご存じなはずです。全員100%を実現するのは、最高のクラスだけが実現できるものです。おそらく、甲子園で優勝できる野球チーム並みの凝縮力とパフォーマンスが必要です。それは本当に力のある先生が実現できる境地です。

 冬の群馬の会ではお元気でした。そして、3月に定年退職して悠々自適の生活にはいるとおっしゃっていました。今の気持ちは、悲しい、というより、ビックリしているということだけです。

 ご冥福をお祈りいたします。

o4dao4da2011/05/28 07:58自分のため、自分の学校・学年のためというレベルの志では繋がれません。もっと高い志が必要です。

誰のためなのでしょうか?

jun24kawajun24kawa2011/05/28 16:47『学び合い』の学校観と同じです。結局、自分や自分の家族のためです。私のHPに以下を書いてあります。http://j.mp/kbgx4Q

MizuochiMizuochi2011/05/28 20:09訃報に大変驚いています。
ご冥福をお祈りいたします。

bunbun-hbunbun-h2011/05/28 20:11訃報について・・・
杵淵さんのブログを午後に読んで知りました。
私はこれまで佐藤先生のことは知りませんでしたが、それでも、佐藤先生の志をつないでいかなければならないと思っています。
それを佐藤先生が見守っていて下さると思っています。

jun24kawajun24kawa2011/05/29 06:01みんなで繋ぎましょう。

o4dao4da2011/05/29 17:24ぽかーんとします。たくさん泣かれたことでしょう。HPから佐藤先生の実戦をダウンロードして何度も読み、憧れたことを思い返します。あの実践記録は宝ですね。ご冥福をお祈りします。

FlipperKFlipperK2011/05/29 21:15ただただ驚いています。一度お目にかかりたい方でした。ご冥福をお祈りいたします。