西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/10/20(日)

[]大事なこと 19:11 大事なこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大事なこと - 西川純のメモ 大事なこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

 帰省した息子が東京に帰りました。家内が夕食の準備です。もう一つの日常が戻りました。

19/09/28(土)

[]風呂 21:19 風呂 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 風呂 - 西川純のメモ 風呂 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子と一緒に自宅の風呂に入り、たわいも無い話をしました。大学生の息子と一緒に風呂にはいれる。これって0歳から積み上げの成果です。ふと思います。あと何回これを経験できるか、と。

 子育てする男性諸氏に申します。子育て参加は、多くを得られる。

19/07/23(火)

[]自立 21:38 自立 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自立 - 西川純のメモ 自立 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今年、息子は東京の大学に進学しました。家内は息子の考えて色々なことをしています。けなげです。最近、息子は「ありがとう」と家内に言い始めました。とても嬉しい。独立した一人の人間だから言える言葉です。夫婦間で、それを言えないとしたら、それは夫婦ではなく、乳児と母との関係です。男として誇るべきことではない。

19/03/21(木)

[]本当の勉強 19:32 本当の勉強 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本当の勉強 - 西川純のメモ 本当の勉強 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 3月になり息子の受験は終わりました。

 息子はマーケティングに興味があるようです。そこで、それに関係する高校生向けの本をいくつか紹介しましたが、さらっと読みます。その様子を見ていて、手加減しなくていいと感じました。最初に紹介したのは「富の未来」です。

 読み始めると、ずっと読み続けています。メモをとっているのですが、的確なメモです。議論すると本質を理解しているようです。息子はこの種のことにフィットしているようです。とりあえずこれから、第三の波、イノベーションのジレンマ、フラット化する世界、キャズムあたりを紹介しようと思っています。

 最初の講義の前に、普通の大学1年とは違った視点を与えたいと願います。

追伸 どんな結果になっても、浪人させるつもりは毛頭ありませんでした。理由は受験勉強がものすごく馬鹿馬鹿しいことであることを知っています。そんなもののために息子の1年間を費やすなんて考えられません。そんな受験勉強中、心の中で「こんなの屑だ」と思いつつも、尻をたたき続けた自分を嫌でした。しかし、今は息子にとって本当に役立つこと、息子が好きなことを学んでいることを見ているのが幸せです。

19/03/04(月)

[]・・・・ 22:00 ・・・・ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ・・・・ - 西川純のメモ ・・・・ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、息子に「お父さんが死んだ後、お母さんを守ってね」と言いました。息子は間髪入れず、「まかせて」と言いました。正直ビックリ。この手の話をしたことはなかったので。「まかせて」と言った息子の顔は可愛いけど、りりしい。