西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/09/08(月)

[]雪の瀬川 09:11 雪の瀬川 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 雪の瀬川 - 西川純のメモ 雪の瀬川 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、ipodに落語を入れて、片道1時間ほどのを歩いています。本日は、柳家さん喬の雪の瀬川です。いい話し手、いい話だった。涙をボロボロ流しながら歩いていました。

 客観的に見れば、不審者ですね。

ybhdv7ybhdv72008/09/08 07:40よーく理解できます。
自分なりに考え方を咀嚼した今はのびのびと生徒に接しています!
いろんな考え方に否定的にならずに受容できるようになってきたのが不思議です。

jun24kawajun24kawa2008/09/08 09:03君の自慢話を聞けることを、首を長~~~くして待っています。

iku-nakaiku-naka2008/09/08 12:53いろいろ思うことはありますが、とりあえず再スタートを切ろうと思います。ブログの方は後ほど更新したいと思っています。ご心配をおかけしましたが、自分の足でしっかり立って歩み出そうと決心しました。今後ともよろしくお願いします(深々と礼)。

jun24kawajun24kawa2008/09/08 12:57いろいろあったのだと察します。苦労されている同志に等しく語ることは、大儀は我にあり、そして、あきらめない限り負けません。

J.SASEJ.SASE2008/09/08 13:43T大のS先生の協同学習について書いている本を読みました。グループ学習が協同学習ではないなど、一斉授業との差別化している点は『学び合い』に近いと感じました。

jun24kawajun24kawa2008/09/08 15:08はい、似ている点は多いと思います。ただ、子どもを信じ切れないという1点は、決定的な違いだと考えています。まあ、おそらく「信じている」とお思いなのでしょうね。そのあたりは、直ちにメモに補足します。

kogapon7kogapon72008/09/08 20:18T大のS先生について。
非常に西川先生に考え方が似ていると思います。
先日の研究会でこんなことをおっしゃっていました。
「学校は子どもの力を借りないと変わらない。」
「29人いれば29通りの学び方がある。どれが優れているかとか
 優劣は決められない。(このことを幼稚園の子どもを1年間観察して証明しようと挑戦されています。)」  など。

すみません。時間がないのでここまでにします。

ながたくながたく2008/09/08 20:38ぼくは、自分の師の方が先生の考えに近いと思います。
○市は神崎先生やぼくの住んでいるとなりの町です。
あまりいいうわさは聞こえてこないです。
実際のところは学び合いではないかと思います。

神崎先生の素晴らしいうわさは聞こえてきます。

jun24kawajun24kawa2008/09/08 22:12kogaponさんへ
はい、S先生の本は私は大好きです。目指しているものは同じだと思います。繰り返しますが、子どもをどれだけ信じられるか、の1点の違いだと思います。
ながたくさんへ
Kさんがこれを読んだら、すごく喜ぶよ。ああははは