西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/05/31(木)

[]もし、学び合う学校上越地区に出来たら 16:07 もし、学び合う学校が上越地区に出来たら - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - もし、学び合う学校が上越地区に出来たら - 西川純のメモ もし、学び合う学校が上越地区に出来たら - 西川純のメモ のブックマークコメント

 上記の学校帰り道馬鹿馬鹿しいことを思いつき、車中で笑ってしまいました。

 我がゼミ学生は、西川研究室洗脳結果、一斉学習において子どもたちがつまらなそうにしていることを「見え」てしまいます。従って、本当の気持ちとしては一斉学習をすることは苦痛です。が、世のしがらみの中、教育実習で一斉学習をしています。そして、私自身もそうしなさいと言っています。その学生からは、早く、『学び合い』で教育実習できる学校上越に出来たらいいと言われています。

 そこでです。もし、上越地区でそのような学校が出来たら、と想像しました。もちろん、西川研究室学生さんにとってはウエルカムです。ところが、その他の学生さんが実習にいったら面食らうでしょうね。だって、指導案は、本時の目標は「教科書○頁~○頁をクラス全員分かる」で終わりです。そして、予想する反応は「全く予想できない」になります。指導の展開の欄は「一人一人違う」です。教師の支援は「ニコニコして喜ぶ」となります。そして、指導教諭の人は「大丈夫だから、子どもたちが勝手にやるから」と言って、職員室でお茶を飲んでいるかも知れません。あははははは

 指導教諭のいないクラスで、実習生は指導されたとおり、「教科書○頁~○頁をクラス全員分かる」と言ったとたんに子どもたちが立ち歩きはじめ、私語をし始めます。呆然としている状態で授業が終わります。こりゃ悪夢だ・・

 そこで、バカな想像は進みます。そんなことで教師になろうと思っている熱意のある学生さんが落ち込んでは大変です。そこでです。担任の先生子どもたちに課題を与えます。その課題は「実習生を楽しく授業させて、教師になりたいという熱意を高めよう」というものです。そして、担任から実習生の指導案が子どもたちに渡されます。もちろん、一斉授業形式です。そこで、子どもたちは、その指導案を検討し、それぞれの役割分担を決めます。そして、おそらくその実習生が予想する誤答を発言する子、それに絡む子、そして、時間を見計らって実習生が望む答えを言う子が決まります。もし、その実習生の指導案があまりにも稚拙である場合、担任に「せめて、ここの部分はこのように直すよう指導して」と依頼が来ます。その様な準備のもとに、実習生は授業をします。そして、大成功だと思いこみます。実習最終日には、おきまりの「良い先生になって下さい」という寄せ書きが子どもたちより渡され、実習生は大泣きします。

 実習生が帰ってから、職員と子どもたちで検討会が行われます。そして、子どもたちは最後に、「あ~、大変だった。でも、あの人が先生になる気持ちを高められたとしたならば、それで良しとしなければ」と大人びた声で言うのです。あはははははは

 こんな馬鹿話をしていたら、学卒院生から「そんな学校に実習に行きたくない」と言いました。しかし横から現職院生さんからは、「大丈夫、その実習生は最後まで分からないから幸せよ」とのことです。

 『学び合い』の成立したクラスでは、子どもたちはどんどん教師のような振る舞いをします。ちなみに、私が笑っているのは、そんなことは起こるはず無いと思って笑っているのではありません。このレベルのことは『学び合い』の成立したクラスでは実現可能です。私が笑っているのは、これが本当に実現できるからです。あははははは

MizuochiMizuochi2007/05/31 20:48校長先生が授業をされ、大化けしそうという学校の方から
ぜひ、フォーラムに発表していただきたいですね!
いかがでしょう?
もちろん、Y小も!

jun24kawajun24kawa2007/05/31 21:59まったくです。

inoueinoue2007/05/31 22:45なるほど。「強欲」は禁物。(笑)
「学び合い」道に新たな教訓。ありがとうございます。

あべたかあべたか2007/06/01 04:55>私の見立てでは、阻害する行動をやめ、説教をし始めれば、あと数時間で校長も大満足の『学び合い』になるはずです。

という文章に興味を持ちました。わたしは、無意識のうちに「阻害する行動」をたくさんとっているのではないかと思っています。
「失敗学のすすめ」ではありませんが「学び合い」の授業を進めようとする先生方に対する「阻害する行動」事例集を、どこかに書いていただけませんでしょうか。
「失敗」を知ることで、良い方向へ導くことができそうな感じがします。

OB1989OB19892007/06/01 06:12校長の授業は信濃の国のI中学校ですか?そんな学校に実習生を配属してデータを取ってみたいですね(笑顔でニコニコしながら)。

jun24kawajun24kawa2007/06/01 08:24あべたかさんへ
「お応え」します。
簡単に言えば、子どもたちが立ち歩く前に、
教師が机間巡視をして、教えてしまっているんです。
そのため、子どもたちは立ち歩いて情報収集するのではなく、教師が来るのを待っています。
授業を見ていると、遠くからでも「教えているな~」と分かります。
だって、子どもの脇に座っていますから。あはははは

OB1989さんへ
な、なんと上越市の小学校なんですよ。

jun24kawajun24kawa2007/06/01 08:30inoueさんへ
望みは高く、現実には柔軟にです。
従って、強欲で良いんです。
昔のアニメの一休さんの歌にあるように
望みは高く、果てしなく、です!
ただ現実に押しつぶされることなく、理想に向かって、今できることを積み上げることが大事ですよね。

inoueinoue2007/06/01 18:38あっ!「強欲」でいいんですね。ありがとうございます。
「学び合い」道の新たな教訓・・・「強欲」にすすめよ。

あべたかあべたか2007/06/02 04:40「お応え」ありがとうございます。
なるほど。これは、わたしにも理解できます。
無意識にやることがあるかもしれませんので、意識したいと思います。
ありがとうございます。

06/08/31(木)

[][]27秒も 08:32 27秒も - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 27秒も - 西川純のメモ 27秒も - 西川純のメモ のブックマークコメント


 現在、学部生のYuは部活の会話や、全体ゼミ、学部ゼミにおける会話を分析しています。ふらりと学生控え室に行き、Yuの机の上のデータ表を見ていると、Yuから「この日のゼミでは先生が27秒もしゃべっているんです」と注意されました。1時間半のゼミで、指導教官が27「秒」もしゃべってしまうことを注意されるのは、全世界で西川研究室だけだろうな~、と思いました。

06/08/30(水)

[]赤いバラ 08:35 赤いバラ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 赤いバラ - 西川純のメモ 赤いバラ - 西川純のメモ のブックマークコメント


 本日、講演がありました。その講演会に関連して、お世話頂く先生から、以下のようなメールをいただきました。

『30日は、新津駅改札でお待ちしています。改札は1つしかありません。西川先生を見逃さずに会えるとは思いますが、念のため、西川先生という紙を持ったほうがいいでしょうか?それとも昔の映画のように赤いバラでも持っていた方がいいでしょうか?(笑)』

 私は、その必要はありません、ニコニコして私に近づいて頂ければ分かります、と答えました。本日新津駅の改札口にいくと、ニコニコして私を見ている方がいらっしゃいました。その手には、照れながらも赤いバラありました。それを見て、一瞬間があり。そして、改札口に響き渡る大笑いをしました。私はこの種の遊び心が大好きです。本日、一番の大受けです。

 家に帰って、家内に話したら、家内も大受けでした。

04/02/04(水)

[]本日の大受け 17:11 本日の大受け - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日の大受け - 西川純のメモ 本日の大受け - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は、T先生とK君と昼飯です。あごが腫れて大口を開けられない私の弁当は、ドロドロ系でした。K君は鶏肉の照り焼きです。T先生が「タイ産の鶏肉ではないの?」とK君につっこんだことから、遺伝子組み換え食品の話に発展しました。遺伝子組み換えの場合、全く予想しないものが生まれる可能性は、単なる掛け合わせに比べて高いと言えます。全く予想もつかないような優れた品種が生まれるならば、それと同等以上(かなりの高率で)の確率で、全く予想もつかないような悪い品種も生まれます。ところが、掛け合わせの場合、遺伝子自体をいじくってはいないのですから、両親の形質の組み合わせの範囲に収まる確率が高いです。

 そこで、K君に「普通の掛け合わせだったら大丈夫だけど、K君との掛け合わせだと駄目かもね」とつっこみました。K君は、「いや~、優れた子が生まれますよ」と行ったので、私は「そうかもしれない、君以下になることはないから」と反撃しました。そこで、です。いつもは、この種の馬鹿話を冷ややかな目で見て黙っているT先生が、「優秀な・・」と切り出したのでビックリしました。曰く、「優秀なサルが生まれるよ」とぽつりとT先生はいいました。私の「K君との掛け合わせは駄目かもね」や「君以下になることはないから」以上に厳しいつっこみです。K君と大笑いしました。

03/09/25(木)

[]一人一万円 22:32 一人一万円 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一人一万円 - 西川純のメモ 一人一万円 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 先日、学長団と会議でお会いすることがありました。その際、先だっての高校での講演会のことを聞かれましたので、大きなホラを吹いてきました。学長はニコニコされて、「それじゃあ、受験生一人当たり1万円でいいか?」と言われました。二人で大笑いしました。しかし、独立法人化になれば、受験収入は大学の大きな柱になります。それで生き残っている私立大学は山ほどあります。とあいえ、私の話に何かを感じ、一人でも本学を目指してくれたなら、それは最高の名誉です。来年度末に楽しみが一つ増えました。