西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/05/15(火)

[]誕生 05:53 誕生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誕生 - 西川純のメモ 誕生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 朝一番にkanさんより「誕生」というメールをいただきました。「kanさんに似て美人」(kanさん談)の女の子写真が添付されていました。kanさんオメデトウ!そして、少子化対策意味から考えて、kanさんを上越教育大学派遣した○○県教育委員会にとって最大の成果だと思います。そして、今から二十数年後の私の老後の年金を担ってくれる方です。よろしくお願いします。

 同志各位に可視化します。目出度い!

makine45makine452007/05/15 21:08私もメールをいただきました。おめでとう!!!
これから子育てなんて、うらやましい気分です。

OB1989OB19892007/05/16 04:20おめでとうございます。21年前を思い出します。

kankan2007/05/16 21:13ありがとうございます。しっかりと特休をとり、あちこち奔走するとともに、上の子と遊びつつ、睡眠を補充しました。これからがんばります。

07/03/08(木)

[]5分間 22:09 5分間 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 5分間 - 西川純のメモ 5分間 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 5分間の仕事を終え、博士の学位を与えることが出来た二人目が誕生しました。

信州のIです。信州のIです。2007/03/08 23:56Iです。お久しぶりです。思わず、コメントです。互いの作文を読みたくならないような文集があり得るのですか?と思いました。配ると、必ず自分のを読み、そいてすぐに友だち作文を読む子どもがいっぱいいるのが文集だと思いました。その話で盛り上がったりします。私の教え子は、未だに同窓会に文集を持ってきます。

jun24kawajun24kawa2007/03/09 08:27はい残念ながらあるとおもいます。先だって、ある先生がクラスの子どもに文集を配布して、それを発表させていました。子どもは先生の方を向いて、発表し、回りの子どもに伝えようとする気が少ないように感じました。そして、他の子どもの発表に興味はなさそうでした。自分だけということは無いとは思いますが、クラス全員の作文を読みそうとは、思えませんでした。

F-KatagiriF-Katagiri2007/03/09 08:54そうですね。普段から誰に向けて書く文章かを意識させる必要があります。
教師だけが読む文章ばかり書かせていたら、きっとみんなが読んでおもしろい文章は書けないでしょう。
みんなに配る文集であったら、「みんなに伝えて、残したい言葉を書いてね。」という目標設定がいいのかな?

jun24kawajun24kawa2007/03/09 09:03ありがとうございます。
あなたの実践研究のように、感動を与える、とうのは短くていいですね。ブログにあった、泣かせる、といのも泣かせます!

F-KatagiriF-Katagiri2007/03/09 12:39そうか!目標を表現する言葉は短い方がいいんですね。「みんながわかる」という目標の言葉は短いからそれに到達するためにみんながいろいろ考えるんでしょう。

jun24kawajun24kawa2007/03/09 17:56そうだと思います。
長々言わなければならないとしたら、方法のレベルのことを言っているのかも知れませんね

1kawa1kawa2007/03/10 17:50お二人のやり取りを読んでいて、なかなか想像がつかなかったものを何となくイメージしています。書かれていることは分かるし、その映像も浮かびます。しかし、もやもやしています。発表という活動をさせた教師の意図も理解できません。というかそのことが一番理解できないと思います。
文集はみんなの前で読んで発表するものなのか?という疑問が残ります。
日頃からお互いのことに関心を払いながら生活しているという世界もあることを知って欲しいと思います。私のこぢんまりとしたクラスでは他の人が何を書いたか知りたいと思うことが自然に行われています。Aくんは何を考えているんだろう?Bくんはどんなことを書いたんだろう?Cくんはぼくと同じだ!などなど他者を知ることがとっても大切だという文化があれば・・・と思います。
学び合いが進む=他者理解が進む=他者への関心が高まる と思っていました。どうなのでしょうか?

jun24kawajun24kawa2007/03/11 13:19まったくねそうですね。
でも、ありがちですよ。
だって、文集に限らず、授業を想像してください。
子ども達に予想をさせて、発表させることってよくありますよね。
でも、発表する子どもの視線には先生がいて、
他の子どもは無い場合は多いですよね。
Iさんもそんな授業、山ほど見たでしょ。
今回の先生の場合も、そのれを文集の発表にもやったんです。
悪気はないんです。
ただ、いつも通りのことをしているだけのことです。
でも、文集に限らず、
教師発表する授業って馬鹿馬鹿しいですよね。

1kawa1kawa2007/03/11 23:36いっぱい見ました。確かに見ました。教師発表は馬鹿馬鹿しいと思います。参観日の親に向けのサービスであったり、子ども同士のプレゼンだったりすることはあります。子ども達の学びの場である授業が教師の自己実現の場というか教師の思いに押しつぶされている様な気がします。教師の思いを具体化するための工夫改善が多くて非常にストレスがたまります。はぁ

07/02/26(月)

[]復帰 18:11 復帰 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 復帰 - 西川純のメモ 復帰 - 西川純のメモ のブックマークコメント


病院検査してきました。

不整脈より復帰です。

07/02/21(水)

[]合格 12:08 合格 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 合格 - 西川純のメモ 合格 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 本日博士課程の合格発表がありました。M2のKさんが見事合格されました。 我がゼミとしては5連勝です。試験は専門試験外国語面接です。そのうち、外国語面接で決まります。外国語に関しては、学部ゼミ生、学卒院生の各位のサポートを受けていました。その結果、十分な点数を確保しました。我がゼミで鍛えられたのですから、面接には不安はありませんでした。しかし、面接官の一人として面接して「見事!」と思いました。「こりゃ、絶対に合格する」と思いました。もちろん落ちた方もKさんに負けず劣らず見事な方でした。ただ、博士課程の試験に関して情報が不足していると思います。我がゼミには合格した人が一杯います。その方から、いろいろな情報をKさんは得ることが出来ます。それが最後の差を作るものだと思います。つまり、集団の力の賜です。

 Kさんは既に西川研究室が過酷であることを十分承知の上で、あと3年間、プロトコルの海に漂う研究をされたいと希望されました。極めて能力のある方です。博士資格の基礎となる論文は、ちょちょいとクリアーするでしょう。しかし、能力のある結果、失敗が少ない。失敗する前に、微調整をして無難にまとめる。でも、本当に凄い研究は失敗から生まれます。だって、失敗に見えるのは、既存のパラダイムに乗っていないからです。最初の1年で基礎論部は堅め、あとは、大冒険をして欲しい。

追伸 と言っては何ですが、もちろん博士3年のTさんの最終試験博士2年のMさんの資格認定試験も、当然の事ながら合格しましました。

07/02/08(木)

[]愚痴 12:42 愚痴 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 愚痴 - 西川純のメモ 愚痴 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 私には同志がいる。それが救いです。