西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/10/23(火)

[]立ち会い出産 21:05 立ち会い出産 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 立ち会い出産 - 西川純のメモ 立ち会い出産 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は家内出産に立ち会いました。でも、出産に関して私は何も出来ません。陣痛で苦しい家内の背中をさするだけです。そして、産所においては家内をだっこするだけです。しかし、その場にいました。

 今、上越の二つの学校サポートに入っています。現職員院生さんと私が、『学び合い』をやってみようとする先生方と話し事前に合います。そして、実際の授業を参観し、その直後に話し合います。そして、次の授業の計画を立てます。翌日の授業を参観し・・・。このサイクルを5、6回ぐらいやるぐらいでめでたく「ご卒業」です。色々と悩まれますが、その場に同席して、直後に相談に乗れます。基本的には、その先生が気づく手伝いをしています。まあ、立ち会い出産の「おさすり」程度の役には立っているはずです。

 しかし、上越から遙か離れた地で、『学び合い』トライされている方がいます。たった一人で産所に入る方のような気持ちだと思います。私は、その場にいません。したがって、さすることさえ出来ません。私が出来るのは「がんばれ」と強く語るのみです。でも、がんばっている人は、既に十分にがんばっています。その方にがんばれと言うのは酷な話です。それはよく分かっています。でも、それしか出来ません・・・・。

 私は願います。私はその場にはいませんが、その場には子どもたちがいます。気になる「その子」から目を転じれば、実は、その先生の背中をさすってくれている子どもがいるはずです。その子どもたちの温もりを感じてほしいと願います。それを感謝できれば、もっと多くの子どもがさすってくれます。それ故、「その子」を忘れて、と私は求めます。私は言い方を知らず、書き方をしらない無骨者です。しかし、私は願います。子どもたちのさすっている手を感じてください、と。

OB1989OB19892007/10/23 21:43息子さんの具合はいかがですか?

osugiosugi2007/10/24 00:29今日はありがとうございました。あの後、塾長先生のご好意で、塾の一室をお借りし今日の振り返りをさせていただくことができました。その際、塾長先生の熱いお話を学生みんなで聴かせていただくことができました。最近ますます楽しいです。例の件もやります。

jun24kawajun24kawa2007/10/24 07:05OB1989さんへ
昨日はお茶漬けぐらいしか食べられませんでしたが、朝起きたら、「ご飯が食べたい」と言いました。熱はまだ高いですが、ほっとしました。
osugiさんへ
私はせっかちです。あなたに語った例の志を、私が退職する前に実現するには、そうとう急がねばなりません。期待していますよ~ん

07/04/20(金)

[][]禁断の味 16:18 禁断の味 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 禁断の味 - 西川純のメモ 禁断の味 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 この時期は新ゼミ生の院生さんに個人ゼミをします。やってはいけない、教材、話術を縦横に使った指導(洗脳)をします。これが楽しい。新ゼミ生のかたは思った通りの質問をします。それに対して私は、それようの決まり切った話をします。そして、これまた、思った通りの反応を新ゼミ生の方はします。まるで、武道の型のようなもんです。現職者の方も、もちろん学卒の方も、「ナデナデ」したいほど綺麗な目で私の話を聞いてくれる!「あ~、快感!」と思います。 が、この状態がいつまでも続いたら、私の負けです。私を踏みつけにして、高見に達してもらわなければなりません。そして、それによって私も一歩高見に近づける。

 その後、修士2年の方と「久しぶり」に研究的な話しました。馬鹿話が98%、期待しているよ~が2%です。これで、凄いことが起こるから、『学び合い』はやめられない。さらに言えば、面と向かって話していないOBからは、自慢メールを頂ける。本当にやめられません。

 が、たまには「教師対学習者の親密な関係、これがないと駄目だよな~」と、私の中の旧来の囚われという悪魔がささやきます。駄目だな~

MizuochiMizuochi2007/04/20 22:45いいんじゃないですか~?
私は西川先生と親密な関係(念のためですが変な意味ではありません 笑)があると思っています。
もちろん時間的物理的に距離はあります。
でも絶対的な安心感を安定的に保っているつもりです。
かつて私が担任した子供たちにも同じ関係を求めていました。
子供たちですから失敗は日常茶飯事ですし
私ですからミスの割合はそれ以上でした。
『学び合い』は方法ではなく考え方ですから
失敗やミスをカバーしてあまりあるものとも言えます。
もちろん、旧来の人間関係説に立ち戻る必要はないと思いますが
「同志」として存在する感覚は、他にはないものなのかもしれません。
・・・だれか、上手く説明してくれないかな?

jun24kawajun24kawa2007/04/21 08:29ありがとう
でも、それに絡み捕られると、テレビドラマ的な良い教師になり、ナルチシズムと自己憐憫の海に沈んでしまう。くわばらくわばら

07/04/10(火)

[]一歩 16:47 一歩 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一歩 - 西川純のメモ 一歩 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、ある方とお話ししました。その中で、自分が『学び合い』を会得できるのか不安であることをおっしゃっていました。さもありなん、と思います。2006年の6月2日に「バンジージャンプ」というメモを書きました。そこでは『学び合い』の難しさをバンジージャンプに例えて、以下のように書きました。

バンジージャンプには特段の技術はいりません。踏み台より、一歩足を出すだけのことです。足を踏み出しさえすれば、後は、体に付けた紐と重力という自然の力がやってくれます。学び合いも同じです。目標をハッキリ与えるという5分程度で終わる「紐」を付ければ、後は一歩足を踏み出せば、子どもたちの学びたいという自然の力がやってくれます。なんも技術はいりません。」

 我ながら良い例えだと思います。実は偉そうに大丈夫ですよ、と言っている私だって「大丈夫かな~」と不安になる旧来の尻尾はあります。しかし、やってみれば、直ぐに子どもたちは結果を出すので安心します。そして、「俺って、本当に愚かだな~」と思います。私でさえ「一歩」は不安なのですから、不安に思うのは当然です。結局、やってみて、実感するしかないのだと思います。私が出来るのは「一歩」歩ませるぐらいです。あとは、子どもが教えてくれます。

kankan2007/04/16 23:01最近気付きました。早め早めの行動は「見通し」によって支えられています。異動したてで、たくさんの校務分掌を振られています。以前なら、軽くさばいていたように思いますが、誰かさんのおかげで、その仕事に意義が見出せず苦労しています。だって、4月末までの学級経営の見通しを提案してくれっていわれたら、えっ全校生徒分(500名ほど)いるじゃん。そんなの無理だし、作ることに意味ないしとかまず思ってしまいます。

jun24kawajun24kawa2007/04/17 09:12あははは
その誰かさんは誰かは分からないけど(笑)
きっと、その誰かさんは、いかなる状況においても、対応できる指針を語っているはずですよ。例えば、ニッパチ理論とか、子ども集団における『学び合い』は教師集団における『学び合い』と同じであるとかなど。そして、それを乗り越えると、どんな世界が広がってるかを語っていたと思います。誰かさんは。
ということで、期待しています。

07/04/05(木)

[]醜悪 22:23 醜悪 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 醜悪 - 西川純のメモ 醜悪 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ギリシア文明は多かれ少なかれ奴隷制度がありました。ルネサンスの時代は封建制度でした。両時代とも文明が花開いていました。ギリシャ時代の偉人達を思い起こせば、奴隷を使っていた人が多かったはずです。ルネサンス芸術家哲学者の中には封建領主が含まれます。そうでなくても、その封建領主をパトロンとしていた人が殆どです。さて、その人達奴隷を使っていた、人民搾取したと非難するべきでしょうか?奴隷制度も封建制度も、その時代の必然であり、個人を非難してもしょうがありません。

 家に帰ってみると、ある高名な実践者の特集がありました。そこでは、その実践者のクラスで悪口があり、それを解決している様子が描かれています。二人の子どもクラス全員の前に出て、私はこんなことを言われたといっています。それに対して実践者がリードして、実は、クラスのある子どもが媒介していることを明らかにします。そして、最後は、3人の子どもタッチしながら仲直りします。

 クラス全員がクラスの歌を歌い、かたぐみをしている姿をほほえましく描いています。

 ある重病の人をクラスによんで、その人を核として授業を組み立てています。

 これらは良き教師の姿を描こうと思っているようです。しかし、私にとって、その姿は醜悪です。

 我々は子どもは教師と同じだけ有能であり、同じだけ愚かだと考えます。だから、無意識のうちに、職員室に置き換えます。さて、以下はほほえましいでしょうか?

 『ある高名な校長の特集がありました。そこでは、その校長学校で悪口があり、それを解決している様子が描かれています。二人の教師が職員全員の前に出て、私はこんなことを言われたといっています。それに対して校長リードして、実は、職員室のある先生が媒介していることを明らかにします。そして、最後は、3人の教師がタッチしながら仲直りします。

 職員室の教師全員が学校の歌を歌い、かたぐみをしている姿をほほえましく描いています。』

 この姿は醜悪ではないですか?第一に、その時点で悪口を言い合って問題になるクラスなんて、馬鹿馬鹿しい。我々の同志だったら、小学校1年生であっても2学期段階だったら、教師がしゃしゃり出なくても子ども集団が解決する!それが解決できず、教師がしゃしゃり出たとしたら、それは、子どもの問題ではなく、子どもが解決できないように、教師がしゃしゃり出ている証拠です。

 『ある重病の人をクラスによんで、その人を核として授業を組み立てています。』

 そんなこと、年間の授業でどれだけ出来るでしょうか?馬鹿げています。我々が責任を持っているのは、イベント的な1時間ではありません。1年間の毎日6時間です。我々が授業公開する場合、イベント的な授業を公開するなんてナンセンスです。我々の場合は、いつでも、どこでも、いつも通りの姿を公開します。だって、年間通して、いつも通りの授業をやっているんですから。イベント的な授業なんて意味ありません。そんなことしなくても、子ども達の関わりは、一人一人の中では凄いイベントなんです。わざわざ、教師が小技をやる必要性はありません。

 徹頭徹尾、醜悪です。が、その実践者は素敵です。その志の高さに、私はひれ伏します。が、その実践は醜悪です。

 自己嫌悪します。そんな尊敬すべき実践者の姿を醜悪に見て、それを記載する私は醜悪です。しかし、弁明です。その人を否定するつもりはありません。私は、そんな素晴らしい教師であっても、旧来の枠組みの中にあり、その姿は醜悪になることを。でも、そうであっても、そう書く私は醜悪です。

MizuochiMizuochi2007/04/05 21:59このメモに書かれていることは
事実であり、真実であることを保証します。

jun24kawajun24kawa2007/04/05 22:26ありがとう。同志。

MizuochiMizuochi2007/04/05 22:44最近「あしたのジョー」の特集を見ました。
その中でお金持ちの白木葉子さんが少年院を慰問した際
「自分の為に慰問活動をしているんじゃないか?」
と、ジョーに詰られます。
妙に、真剣になってそのシーンを見ました。
結局、教師も(もちろん私を含め)自分が大切ですし
自分と学習者の両立を目指しているのではないか、と感じました。
その考えはそれで、間違ってはいませんが
その先に、もっと両立できる・・・
自分も、自分以外の教師も、もちろん学習者も両立できる道があることを
追い求める必要があるように感じています。
(少々、きれい事過ぎますが・・・。)

jun24kawajun24kawa2007/04/05 22:52ありがとう
でも、きれい事ではありません。
だって、それが、ごくごく自然に実現することを見ているでしょ。
我々の仕事は、それがごくごく自然で、当たり前の姿であることを多くの人に知ってもらうことです。ね。

07/03/21(水)

[][]追い出しコンパ 10:06 追い出しコンパ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 追い出しコンパ - 西川純のメモ 追い出しコンパ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は追い出しコンパがありました。実に楽しかった。同時に、寂しかった。

 我々は『学び合い』を研究・実践しています。その成果は自分たちのゼミに具現化されます。従って、教師と子ども関係より、子ども達の関係の強さを誇ります。と、分かっているのですが、私の中にも旧来の教師のしっぽが残っています。今年の追い出しコンパの時に、昨年までだったら絶対に私が引っ張られる場面があります。が、今年はまったくお呼びがなかった。これは、子ども達(私の場合は20~40歳)の関係の強さを示すものであり、誇らしかった。でも、寂しかった。いつもだったら、それを可視化するのですが、これに関して書けば、心優しいゼミ生達は気を遣って、私を引っ張ると思いますので、ここには書きません。

 『学び合い』が進むと、どうなるかを想像しました。おそらく、追い出しコンパに呼ばれなくなると言うことが「理論上」ありえます。例えば、大学の事務職の方が追い出しコンパに呼ばれると言うことは、まずありません。しかし、学生さんの生活一般、また、学業において、事務職の方々のおかげである部分は実に大きいものがあります。「本学、170人の教員の中で、事務職員の方々以上に学生諸君に貢献している人がどれだけあるのか?」を、我々教員は心にとめるべきです。その事務職の方が追い出しコンパに呼ばれないのは、その役回りではないと考えられているからです。

 『学び合い』が成立したとき、ゼミの指導教員はそうなのかもしれません。しかし、それだけは絶対に嫌です!

 高校の教師だったとき、徹底的に子ども達をかわいがりました。ダッコもしました、高いたかいをしました、ほおずりをしました。だって、子ども達が可愛いから。今だって気持ちは同じです。20代の学生さんはもちろんですが、30歳以上のおっさん、おばさんだって同じです。可愛い!ホントだったらダッコも、高い高いも、ほおずりもしたい(女子に関してはセクハラにならないように注意せねば)。が、それをグッと2年間我慢して、教師と子どもの間合いを計っています。追い出しコンパでも、グッと我慢して、頭をなでなでして「頑張れ、いや、結果を出せ」という程度です。何故なら、それを自身に課すことが、『学び合い』に重要であり、そして、子どもにとってより多くのものを与えるからです。と、分かったとしても、追い出しコンパに呼ばれなくなるまでは、嫌だと思います。教師という業は罪深いものです。

OB1989OB19892007/03/21 17:24おめでとうございます。
お祝いに駆けつけねば....。

jun24kawajun24kawa2007/03/21 18:29いえいえ上越までお運びいただかなくても
日本銀行券を送っていただければ十分です・・・
なんちゃって(息子の口癖です)

OB1989OB19892007/03/21 19:22かしこまりました。
それでは早速,山のように積んであるドラエもん日本銀行券から....。

OB1989OB19892007/03/21 19:26すいません。
「なーんちゃって」を忘れました。

jun24kawajun24kawa2007/03/21 21:46了解!
ドラえもんがなーんちゃってなんですね。
「本当」の日本国銀行券を一日千秋でお待ちしております。
な~んちゃって。

OB1989OB19892007/03/21 22:07来年度のお仕事の一つに,

「全国校長会での講演」

を入れたらいかがでしょうか?

喜んで桃太郎の犬役をお引き受けします。

お送りする日本国銀行券分で(ここだけ「なんちゃって」)。

jun24kawajun24kawa2007/03/21 22:10もちろん、そんな会によばれたら、喜んでいきます。
が、お呼びがかかっていません。

OB1989OB19892007/03/21 22:47何とか校長会に潜り込む手蔓を考えたいです。
うーん....。