西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/02/04(月)

[]良い先生 21:58 良い先生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 良い先生 - 西川純のメモ 良い先生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』における教師の姿は、今までの良い先生の姿とは対極です。教材研究はしなくてもいいよ。一人一人の子どもの学習面、生活面の問題を知らなくて良いよ。そして、一人一人の学習面、生活面の問題を解決しなくて良いよ。そして、子どものことを考えるのは、勤務時間内で良いよ。と主張します。となると、なんか、いい加減な先生のように感じですよね。

 でも、教材研究をいっぱいする。一人一人の子どもの学習面、生活面の問題を知り、解決する。一日中、子どものために尽くす。というのが本当に良い先生なのでしょうか?私は違うと思います。そんなことをしたら体をこわします。家庭を壊します。そして、教師を辞めます。それが理想の教師の姿ではないはずです。教師以外の人が、最終的には教師を辞めた熱血教師をカリスマとして称えるのは理解できますが、教師までそうなるのは理解できません。冷静になって欲しい。その人が教師時代にやっていたことを肯定していたとしたら、その人の言っていることの先には、教師を辞める道が待っています。

 私は高校教師を辞めました。おそらく、あの状態を続けたら、体をこわしたはずです。毎日、毎日、1升の酒を飲み続けバカ野郎、バカ野郎と叫んでいました。そして、それでも子どもたちの問題を解決できなかった。だから、今は、その当時の私と逆なことを主張しています。

 『学び合い』に関して、色々な質問を受けます。でも、私は問いたい。それじゃあ、今までの教育で、それを達成したのでしょうか?一斉指導で、どれだけ子どもの学習面、生活面を解決したのでしょうか?どれだけ教材研究をしたのでしょうか?子どものことを一日中考えていましたか?そんなことしているわけはない。それは責められるべき事ではありません。だって、それだからこそ、体と家庭を保ち、楽しみ、教師を続けることが出来るのだと思います。しかし、教師は勤務時間内に関しては、最善を尽くして子どもの学習面、生活面の問題を解決すべきだと思います。子どもの学習面、生活面の問題を解決し、体と家庭を保ち、楽しみ、教師を一生続けるのが理想の教師です。そのためには、教師一人で背負ってはダメなんです。

 私は、一人の子どもも見捨てたくない、と願っています。同時に、一人の教師も見捨てたくない。そして、それによって私も見捨てられたくない。でも、少なからざる教師が、「とりあえず、みんながやっている今のままのことをすれば、人から文句を言われない」という呪縛にとらえられている。どうしたらいいのだろう・・・・

 ま、愚痴です。

井上井上2008/02/04 23:28 まったくです。
 文句言われるところからが、相手とのやりとりで面白いのになあ。

jun24kawajun24kawa2008/02/05 07:50井上さんはタフだな~
私と逆で、体は細いが、肝は太い

小5父親小5父親2008/02/05 09:24こんにちは。
はじめて書き込みをさせて頂きます。東京在住の小学生保護者です。
下のコメントで「業者テストでも点を取らせて欲しい」という内容がありましたが、「学び合い」を通じて学力がつく(つける)という点、素晴らしいと思います。最近、首都圏の先生方のサイトにこんな文章を見つけました。「学校をだめにする国民病」という一文ですが、「学校は勉強だけをするところではない」という主張に疑問を呈しています。
参考までに。
http://happytown.orahoo.com/mirainokensetsu/

F-KatagiriF-Katagiri2008/02/05 11:27広めるためには、西川先生に犠牲になってもらって、テレビに出てもらうしかありません。と、前々から考えていたのですが、いい番組を発見しました。火曜夜11:00からやっている「爆笑問題のニッポンの教養」というものです。
http://www.nhk.or.jp/bakumon/
爆笑問題の2人が研究者と対談するために、大学の研究室を訪れていくというものです。爆笑問題の思いも寄らぬところからのツッコミで、議論が深まっていきます。西川先生は上越を離れなくてもいいし、『学び合い』が広まるという一石二鳥です。
でもどうやれば番組に出られるのかな?

jun24kawajun24kawa2008/02/05 12:28小5父親さんへ
ウエルカムです。本日のメモで、ちゃんと応えたいと存じます。保護者の方の書き込みは大歓迎です。
Kさんへ
上越を離れないというのは魅力的だね。あははは
でも、私にはその才能がありませんよ~ん、だ。

とんたんとんたん2008/02/05 12:29上記のHPおもしろかったです。
ある中学校の取り組みについては全く同じことを感じて、
学級通信に書きました。

あっ、学級通信に西川先生のHP紹介しておきました。
事後報告すみません。

jun24kawajun24kawa2008/02/05 12:58どんどん、紹介して下さいね。

07/06/21(木)

[]大教室 14:54 大教室 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大教室 - 西川純のメモ 大教室 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は百人以上の院生さんの前で講義です。気分良く語りました。我々の否定する「話術」、「教材」で押し倒すように1時間半を語りました。マイク無しで1時間半の大教室講義は、ありゃ、マラソンみたいなモンだ。しかし、聴衆が多いと燃えます。

 が、おそらく来年度よりは、そんな授業が出来そうにありません。来年以降は最大十数人の少人数の授業しかできません。少人数の授業は、そりゃ、それなりの楽しみはありますが、大人数の授業は別の楽しみがある。しょうがありません、来年度よりは講演会でそれを楽しむことにします。

 が、納得できません。講演会の場合は、大枚のお金をいただいて語るのに対して、学内ロハで語っています。それを語っちゃ駄目というふうになっている。納得できないな~

 それにしても、教えたがりの教師の業は深い・・・

F-KatagiriF-Katagiri2007/06/21 19:09学生・院生対象の無料の講演会(授業?)を大教室で開いてみてはいかがでしょう?いわゆる「自主ゼミ」です。きっとたくさんの人が来て、その影響力を大学側が無視できなくなるんじゃないでしょうか?そこにわれわれもたまに参加させてもらって……。そうなれば学校全体が『学び合い』の場に……。

jun24kawajun24kawa2007/06/21 22:14お~・・・
それは凄い、でも、自信がありません。
私の場合は、授業だから、講演だからで聞いていただけるレベルです。
カタギリサンの言われる状況で100人を集められる自信はない。
とほほ
でも、頑張る
いや、結果を出すぞ

F-KatagiriF-Katagiri2007/06/22 06:03大丈夫です。継続すれば必ず口コミで広がります。
そうすれば大きな波となり、大学全体を飲み込むでしょう。
期待しています。

jun24kawajun24kawa2007/06/22 08:09あははははは
一本!~~~~

さとう@山形さとう@山形2007/06/23 02:42ちょうど「○○式」から、離れようと考えていました。わたしも多くは書きませんが…。
きのうからはじめた絵の指導。先生にお送りした通信の中の一場面です。子どもは自分のペースでかき、対象を見つめ、互いの作品を見比べ合い吸収し合っていました。「こういう道があったんだ」と、ようやく気づきました。

jun24kawajun24kawa2007/06/23 11:09多くの教師が開発した知恵は、教師が独り占めしていたのが問題だったんです。当事者に公開しましょう。そうすれば、教師は多くのことを学ぶことが出来ます。

07/06/17(日)

[]愚痴の分析 21:51 愚痴の分析 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 愚痴の分析 - 西川純のメモ 愚痴の分析 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 色々と文句や愚痴を書きますが、上越教育大学は本当に良い大学です。もし、私の親戚や友人の子どもが教員になりたいと願っていたならば、迷わず本学を勧めます。その理由は、色々あります。しかし、第一に教師が良い!もちろん、どの職場でも当たりはずれがあるのは当然です。しかし、本学ははずれが極めて少ない。本学でも教員評価をしています。それを読む限り「はずれ」とハッキリ分かる教員は1%程度でしょう。私が読み取れない部分を足しても、数%に収まるはずです。それぞれの職場で置き換えてください。二十数人の職場で一人いるかいないかのレベルです。あの悪名高い(???)大学において、その割合を維持しています。凄いでしょ!「俺は教員養成なんて馬鹿馬鹿しい。基礎研究をする!」と宣言する信じられな教員養成系大学教員が少なからずいます。しかし、本学ではそんな教員は皆無です。もちろん、心の中でそのような考えを持っている人はいるかもしれませんが、とても公で発言することは出来ない文化を本学は持っています。従って、本学における授業は教育学、教科教育学はもちろんのこと、教科専門の授業においても「教育」を意識している授業が殆どです。また、個人的に言えば、過去メモに書いたように、信じられないほど上司に恵まれました。その上司との関係は、天国みたいな関係を20年間維持し続けています。

 では、私が文句や愚痴を言い続けるかと言えば・・・・

 第一に、雪です。今の年齢では、何とかやっています。しかし、退職後に何とかやれる自信はありません。雪国で20年間過ごしていますが、冬の出張電車に乗り、トンネルを抜けて太平洋側の太陽を見ると、「これこれ、これでなくっちゃ」と爽快な気持ちになります。それ故、こちらで家を建てるつもりはありません。が、私の退職する19年後には温暖化で状況は変わるかもしれません。冗談ではなく、20年前と今では雪の状況は全然違います。

 第二に、交通の便です。毎年毎年、日本全国に講演で呼ばれます。大抵の場合は、一度、東京に出てから遠方に出ます。更に言えば、上越付近の電車は深夜は通りません。東京から新幹線越後湯沢には夜遅くまで走っています。しかし、越後湯沢から直江津電車は深夜は走りません。それ故、東京から直江津に到着するためには、7時頃に出発しなければなりません。もし、新幹線空港のある年の大学に勤めていれば、出張時間は2、3時間短縮できます。そして、多くの場合は出張期間を1泊減らすことが出来ます。が、あと7年で新幹線が開通します。

 以上のように、地球温暖化新幹線の開通も味方になってくれます。しかし、第三番目が駄目です。

 普通大学教師は、全学(総合大学の場合は学部)の学生に授業をすることが出来ます。しかし、私は平成12年に新コースに異動しました。その結果、所属した旧コースの子ども達に教えることができなくなりました。そして、今回、また新たなコースに異動したら、さらに教えられなくなります。子ども達に教えるということを既得権益と考えている、ごく、一部の教師と、その教師をおもんぱかる誰かさん地球温暖化新幹線に比べて、ちっぽけなこと。でも、それを解決できないかもしれない自分。

 戦うことによって得るものと、失うもののバランスを考えると、馬鹿馬鹿しくなり始めてきました。今の私が望んでいることは、学生に授業をすることなんです。そんなことを出来ないかもしれない状況を馬鹿馬鹿しく感じます。

 こんな事を書くと、直ぐに心配する人がいるので書きます。ケツを巻くることは簡単ですが、それは20年前から同じです。私はねちっこく戦い続けます。

ftogpxtakaftogpxtaka2007/06/18 09:42おはようございます。確かに,学年の教員が,すごく仲良く,しかも楽しそうに子どもたちと接していた年の子らは「将来教師になりたい」という子が多く(中には「楽そうだから」と言う子もいました),バタバタと生徒指導などに追われている学年の子たちは「教師にだけはなりたくない」という子が多かったのをすごく今でも覚えています。生徒は,僕らが思っている以上に教師のことを見てるんだなって感じました。

jun24kawajun24kawa2007/06/18 10:21良い教師の卵は目の前にいるんですね。
暖めましょうね。

07/06/14(木)

[]授業禁止 22:01 授業禁止 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業禁止 - 西川純のメモ 授業禁止 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は日本でも数少ない理科教育学会賞の受賞者であり、理科教育学に関する論文を最も多く書いた一人です。しかし、12年度改革により学習臨床コースに異動したとき、本学の理科コースの学生さんに授業できないことになりました。

 来年度より新コースの立ち上げが計画されています。それによれば、私は本学の6分の5の院生さん、そして学部学生に授業できないという方向に流れています。つまり、私の授業を受けるならば、上越教育大学学生さんより、他大学学生さんの方が集中講義で受けやすいと言うことです。

 不遜ながら申します。私の授業は、授業評価では最高の評価を受け続けています。そして、我がゼミの教員採用率は、常に本学の採用率アップに貢献しています。

 私は研究者であること以上に、教師であることに誇りを持っています。ほとほと、上越教育大学に在籍することが嫌になってきました。他の国立大学に異動すれば勤務年数は継続します。私立に異動すれば、勤務年数が一度ご破算になります。しかし、退職金のシュミレーションをしました。その結果、現在の給料よりプラス2、3万円高いところに異動すれば、十分に補えることが判明しました。つまり、普通の私学に異動すればペイし、生涯年収は増加することが判明しました。う~ん 

MizuochiMizuochi2007/06/15 22:41大学で授業できなくなったら小学校でやりましょう!
なんなら私が教育実習を引き受けます。(笑えない・・・)

F-KatagiriF-Katagiri2007/06/16 05:17西川先生の全国的な活躍を考えると、院を修了した身にとっては、先生が上越にいらっしゃらなくても、今までと同じようにお会いできるような気がします。きっと新潟県にも講演に頻繁に呼ばれると思いますから。『学び合い』を広めるためには、情報発信影響力の高い地域もいいのかもしれません。
ただし、現在、または未来の在籍の院生、学生にとってはほぼ不可能になります。新潟県にとってはかなりの損失です。
希望といたしまして、転勤なさるなら、Jリーグチームのあるところにしてくださいませんか(例:仙台・東京・千葉・静岡……)?そうしたら、毎年会いに行けます(家族連れで)。

jun24kawajun24kawa2007/06/16 07:28あははは
毎年、発病する病気ですよ。
でも、発病の度にリアルになります。
だって、T先生が退職されるのは再来年ですから。

07/03/20(火)

[]一年で一番暇な日 15:55 一年で一番暇な日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一年で一番暇な日 - 西川純のメモ 一年で一番暇な日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は修了式・卒業式です。小中高の先生方には意外でしょうけど、この日が、一年中の勤務日のうちで、一番暇な日です。大学の教員は修了式・卒業式に出なくてもいいんです。いや、もし全員が出たら、卒業生保護者が会場に座れなくなります。さらに言えば、式の準備は事務職員の方々が滞りなく行って頂きます。この日には会議は絶対に開かれません。ということで、本日は自室で色々と仕事に専念することが出来ました。久しぶりです。

 卒業する方々の頭の中は、既に来年度のことで一杯です。既に過去の人となった私は静かに退場します。そして、私の頭を来年度のことで一杯にします。いや、しなければならない・・・、と、ここまで書いたら、急に来年度のことを考えるのをやめました。少なくとも、来年度までは。

 だって、来年は例年の通り、

 学部、修士大学院仕事を行い

 本を2冊以上を出版し

 十弱の学術論文を出し

 十程度の教育実践論文を出し

 数十カ所で講演をし

 各種の学会仕事をし

 予算獲得をして、その報告書を書き・・・・・

 があるほかに、来年度は


 文部科学省に何度ご指導をいただきにいくのだろう・・・

 各県の教育委員会に何度お願いに行くのだろう・・・・・

 上記のための書類を何十cm書くのだろう・・・・・・・

 そして会議尊敬する人と怒鳴り合いの会議をするのだろう・・・

 ストレスに弱い私は、意識的に手を抜かないと倒れてします。ということで、考えるのや~めた。夜は追い出しコンパで酒飲んで寝よ!