西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/11/26(水)

[]本日 16:27 本日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日 - 西川純のメモ 本日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は引き続いて、上越の別の学校で異学年の参観をしました。関西からお二人、信州大学から4人、上越教育大学から6人、鳥取からお一人の大所帯で参観しました。

 何度見ても良い!特に、その学校の前回に比べて格段に良い!子どもももちろんですが、先生方が良い!もう、腑に落ちた、ということが分かります。特に、この学校の良いところは、3つの学年の『学び合い』(2時間目は1、3、5年、3時間目は2、4、6年)だけではなく、特別支援の子どもを巻き込んだ『学び合い』なのです。本当に暖かい場面が、ごくごく普通の営みの中に生まれています。そして、もと学級の担任の先生も、支援学級の先生も、それぞれが「もと学級の子ども」と「支援学級の子ども」がともに多くを得ていることを実感されていました。いいな~

 その後、先生方と校長先生との懇談です。参観者からの質問に応える先生方の応対を聞いて、腑に落ちていることがよく分かります。一番は、一言一言、返答を言う前に私を「ちらちらと盗み見」しない点が良いです。ごく普通に、『学び合い』のことを語っていました。完全に自分のものになっているという実感の表れだと思います。

 また、先生方の話から、『学び合い』を通して先生方の『学び合い』が成立していることが分かります。これって『学び合い』の大きな「うり」です。だって、色々な先生方共通に語れる研修テーマは、実はあんまり無いんですよね。教科に依存するテーマだと、どなたかが専門だと、あとの方は「お任せ」になりがちです。でも、『学び合い』は全ての先生が共通に関われるテーマです。さらに、異学年の『学び合い』であれば、互いのクラスの子どもたちを見合い、それをもとにその場で話し合えます。その良さを先生方が実感されているのが良かった。

 最後に、校長先生のあつい語りは「すんばらしい!」と思いました。

学び合い』は現状の考え方とは革命的に違います。当然、それを学校の取り組みとしている学校においても、先生方には濃淡があります。ところが、この学校は「全ての先生」が『学び合い』の可能性を積極的に理解しているという点で、すんごく、すんばらしい!

今日の授業を我々だけで見たと言うことは贅沢すぎる!と思いました。

08/08/09(土)

[]シンポジウム 06:32 シンポジウム - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - シンポジウム - 西川純のメモ シンポジウム - 西川純のメモ のブックマークコメント

 フォーラムの後はシンポジウムという名の飲み会があります。正直、ドキドキです。今回お呼びした内田樹先生がそこから参加していただけます。私は小さい頃の原体験から、初対面の人がいると「怖い人」と判断する癖があります。まあ、いろいろな方々が私に言う「学び合いが出来ない子ども」の一人です。ましてや読んで「いいな~」と思える文章を書ける数少ない大学教員の人であれば、怖さが倍増です。が、お会いしてみると、とても「かっこいい」人でした。私より九つ年上ですが、あんな年齢を加えたいと思える方でした。

 シンポジウムの後、2次会、3次会があり、寝るのが1時頃になりました。しかし、本日の仕事があるので、これから朝風呂に入り、朝食をとります。ちょっと、いや、だいぶ眠い。でも、楽しかった。

sumimonsumimon2008/08/10 00:591日目だけで失礼しましたが、NEOで出された質問に対して時間内できっちり答えていた先生に、ただただ「すげえ」と連発していました。

jun24kawajun24kawa2008/08/10 06:49えっへん!

o--4o--42008/08/10 11:14ん?親ばか日記のP。S。に○が1つない気が・・・。本名を可視化されてる気がします・・・

jun24kawajun24kawa2008/08/11 22:15多謝!
あまりの喜びに我を忘れ・・・・

bunbun-hbunbun-h2009/03/20 00:38いまさらなんですが、このころはコメントなんてどうしたらできるんだろう状態でしたもので・・・

益田での会が終わったあとに、女房へメールしました。
「会が終わり6時から懇親会。西川先生は恐い人ではありませんでした。会が始まるまでの間、話をしました」

いずこも同じ秋の夕暮れ・・・

jun24kawajun24kawa2009/03/20 06:39あはははは
そうでしたか

08/08/02(土)

[]益田の会 15:29 益田の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 益田の会 - 西川純のメモ 益田の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、西日本で最初の『学び合い』の会がありました。実にこぢんまりとした会でした。主催者側は私を含めて3人、参加者は14人です。益田は交通の便利の良いところとは言い難いところです。そんなところに14人もご参集いただけたことにびっくりです。そして、そのうち3人は校長で、二人は行政でした。そして、教師以外の熱烈な同志も(こういうところが我々の特徴ですね)。その後、6時から10時まで楽しい悪巧みに花が咲きました。あ~楽しかった!

 石見空港のおかげで快適に東京に着陸、新幹線によって仙台到着です。明日は学会です。

08/06/27(金)

[]本日の講演 23:38 本日の講演 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日の講演 - 西川純のメモ 本日の講演 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は息子がお世話になっている小学校で講演です。本当にこの学校にお願いして、担任がA先生でよかった、と思います。その学校は『学び合い』ではありません。しかし、許容範囲が広い学校なので、規格外の息子も自由に学ばせていただいております。感謝!

D902iD902i2008/06/27 23:46学校で,先生のお子さんの姿を見た院生さんが「あの子はすごい!おもしろい!」と話してくださいました。
ピザの話ですが,目から鱗でした☆

jun24kawajun24kawa2008/06/28 08:28ありがとうございました。
もちろん、我が子ですから愛しいのですが、「おい、空気読めよ!」と言いたくなっちゃうのです。

08/06/25(水)

[]魔法 21:46 魔法 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 魔法 - 西川純のメモ 魔法 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は地元の学校で、『学び合い』の最初の授業に立ち会いました。昨日、Mさんと一緒に相談に応じました。そして、今日が初回です。

 まさに、大化けです。どうなるかは分かっているのです。まさにセオリー通りのことが起こります。私に小学校教師の経験を持つMさんが二人がかりで『学び合い』をサポートしているのです。そして聞いている先生は謙虚な良い先生です。万に一つも誤りが起こるわけありません。分かっているのです。でも、本当に魔法のようです。

 「やった~!みんな出来た~!」とこどもたちが声を上げ、手をたたきます。今までの授業の半分以下の授業時間で、みんな課題を達成しています。その声を聞いて、絶えきれずに廊下に出て泣きました。