西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/07/24(木)

[]山超える 14:36 山超える - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 山超える - 西川純のメモ 山超える - 西川純のメモ のブックマークコメント

 数ヶ月にわたる実践研究から帰った院生さんたちは、しばらくすると私のところに相談に来ます。たいていは泣き言、愚痴をちりばめながら、どうしようもないと訴えます。しょうがありません。現職経験十年以上の方であったとしても、院生としては初心者なのですから。

 私は小中学校の教師経験はありませんが、一方、大学教師としては二十二年の経験があります。だから、どんなに愚痴られても驚きません。私に時間の余裕があるときは、泣き言、愚痴を黙って承ります。そして、私の時間の余裕がない時は、それを遮って、語ります。毎年、毎年、同じことを聞きます。それは、「で、子どもの姿を見て、何を感じた?」と。それに対して、研究的にまとめようとしてもまとまらなくて悩んでいる院生さんですが、「感じた?」レベルに聞くと、しゃべります。そのしゃべったことが、長々としたものではなく、短く語れたとき、私は「あ、山超えたな」と思います。長々と語るときは、たいていは学術的にしようと思って、つまらんことに拘っているときです(その場合は、「心に響かない」とか「つまらん」とか「ね、恥ずかしくない?」とか、ものすごく冷たく突き放します。)。短く語るときは、「素の教師(教師の卵)」の感性に基づくものであり、それは教育の本質を突くものになっています。

 短く語れたとき、私は「で、なんでそれを感じたの?」と聞きます。そこで具体的な事例を挙げられたら、もう研究の骨子は固まったものです。あとは、それを厳密に記載し、数量的にするための「技術的アドバイス」をすればいいだけです。もし、その事例が明確でない場合は、「人間の直感は正しい。そして、それは具体的な言動に基づいて総合的に判断している。だから、何らかの子どもたちの言動があるはず。絶対にある。それを見いだしなさい。」と言って、膨大な音声記録・映像記録の山の中に戻ることを求めます。最大で1ヶ月以内にそれを見いだされます。あとは、それを数量化できるぐらい、多くの事例を見いだすだけの単純作業となります。

 本日、ある方が「山を越えました」。その方が、ごちゃごちゃ言っても、そうなんです。だって、研究に関しては、一対一ならば圧倒的に私の方が経験豊富です。あはははははは

katunori-skatunori-s2008/07/24 22:14今日、ある授業をしていて、ちょっと趣旨からずれた考えをしている子がいました。「それ、違うんじゃない?」と言ったら、「どうしてですか!」とつっかかってきました。小学校2年生です。
「あのね。『それがいい』って、先生がわかるように説明してくれる?『なるほどなあ』と思ったら、認めますから。」と言いました。
2年生相手に、ムキになっちゃいました。
でも、口で負けなかったから「あっはっは」でした。
N先生の今日のメモを見て、今日の自分を思い出しました。

宮城の会、わたしも参加します。

jun24kawajun24kawa2008/07/24 22:27教え子が自分を超え、自分の愚かしさを学べるときが、至福の時ですよ。あはははは

katunori-skatunori-s2008/07/24 22:34かつての上司が教えてくださった言葉。
「最低の教師は、自分以下の人間を育てる。
 ふつうの教師は、自分くらいの人間を育てる。
 最高の教師は、自分以上の人間を育てる。」
自分以上の子どもに育ったときは、至福のときです。

今回のケースは、「へそまがり」対応の事例で、まあ、おはずかしいことです。(^_^;)

jun24kawajun24kawa2008/07/24 22:59長年、学生・院生を指導していますが、へそ曲がりには二通りがあると思います。第一は、自分自身の考えがあり能力がある人です。この場合は、既存の考えを超えることを考えているのですから、既存の考えの人から見ると「へそ曲がり」に見えます。第二は、能力、特に、人の言っていることを理解する能力に欠けている人です。多くは謙虚さに欠けているためです。相手の言っていることを理解できないので、会話が成立しません。それ故、「へそ曲がり」に見えます。一見すると、同じように「へそ曲がり」なのですが、直ぐに違いが分かります。それは結果です。第一の人の場合は、既存の考え(具体的には私の考え)を超える素晴らしい結果を出せます。第二の人の場合は、出せません。ちなみに、私の指導してきた博士課程の学生さんたちは、いずれも「へそ曲がり」です。ただし、極めて礼儀正しく、でも頑固な「へそ曲がり」です。あはははは
たいていの場合は、第一の人です。第二の人も、第一の人になれる可能性は大です。「へそまがり」を育てるのは、教師の「出」が多くなる可能性は高いです。そのため、大変ですが、得られるものも大きいですよ。

iku-nakaiku-naka2008/07/24 23:03上のコメントを読ませて頂き、私も礼儀正しく、頑固な「へそ曲がり」になりたいと思いました。

szeidzsiszeidzsi2008/07/25 00:25常に行き詰っている身として(恥ずかしながら)とても参考になりました。へそ曲がりにはなりたくないですが、すでに曲がっているので第一のへそ曲がりを目差します。

jun24kawajun24kawa2008/07/25 06:25聞く能力が無い人が『学び合い』をやろうなんて思いませんよ。また、「へそ曲がり」だから『学び合い』をやっている。コメントをいただいたkatunoriさんを含めて、3人とも礼儀正しく、頑固な「へそ曲がり」ですよ。あははは