西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/02/01(金)

[]組み合わせ 21:18 組み合わせ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 組み合わせ - 西川純のメモ 組み合わせ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は考え方です。だから、考え方さえ分かっていれば、今までのテクニックを使うことは可能です。しかし、考えが分かってテクニックを使うのと、『学び合い』をテクニックとして理解して、今までのテクニックと組み合わせるのでは、全くの別物です。前者は『学び合い』ですが、後者は『学び合い』とは別物です。

 例えば、古くからの同志であるある方は、昔から「酒井式」を実践しています。そして今でも実践しています。その方は『学び合い』の考え方を理解した上で、「酒井式」を使っているのです。どう使っているか?

 その方は『学び合い』の子ども観を持っている方なので、子どもは有能だと考えています。だから「酒井式」を子ども達に提示した後、その方法を使うか使わないかの最終判断は子どもがします。そして、子ども達に現状の「酒井式」を乗り越えた新「酒井式」を生み出すことを奨励します。

 『学び合い』をテクニックとして理解している方は、酒井式を立ち歩き、相談OKにする、というようなことをするでしょう。そして、それを最後までやることを求めるでしょう。立ち歩き、相談OKは『学び合い』のテクニックの一つに過ぎません。

 『学び合い』では立ち歩き、相談はOKですが、そうすることを強いません。その代わりに強いるのは、一人も見捨てずにという一点です。

 授業を見ていると、どちらなのかは直ぐに分かります。本当に頭を使っている子どもがいるかいないかでハッキリ分かります。見方が分かれば、笑っちゃうほど、簡単に。

ogymogym2013/02/01 23:39〉教師の仕事は教えることではなく、分からせることなのです。
とてもしっくりきます。ありがとうございます。

jun24kawajun24kawa2013/02/02 21:25期待しています。

09/01/22(木)

[]保護者 07:01 保護者 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 保護者 - 西川純のメモ 保護者 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 何度も何度も書いたことを、再度書きます。

 『学び合い』という名称は、本当はしっくりきません。というのは、『学び合い』は学び合うことを目的としているのではなく、人としての生き方そのものですから。それも、学校教育という枠を超えたものです。最も合っていると思うのは、「人権教育」とか「民主主義教育」だと思うのですが、それだと社会科教育のごく一部を扱っているように取られてしまうと危惧されます。まあ、『学び合い』というような分かったようで、分からない言葉を使った方が良いのでは、と思っています。

 これまた何度も書きましたが、現状を打開する力を持っている味方は保護者です。保護者の方は気づいていない方が多いですが、保護者の方にはもの凄い「権力」があります。それを誤解して乱用しているのがモンスターペアレンツですが、たった一人であってもモンスターになれるほどの権力があるんです。ただし、モンスターは老練な教員には負けますし、学校体制が整えばどんな先生のクラスのモンスターもつぶされます。しかし、多くの保護者に理解され、多くの保護者の支持の元、正当な主張をする保護者集団は、たとえそれが1クラスの保護者集団であったとしても、県の教育長さえも動かすだけの権力を持っています。だって、モンスターではなく、正義の味方のウルトラマンが数十人集まったら、そりゃ強いに決まっています。

 我々は、民主社会においても不当に弾圧されている数千万人の子どもと保護者、そして、不当に圧力をかけられ職業の喜びを奪われている教師を救おうと思っています。そのためには保護者の協力が必要です。教師の同志は、学び合う保護者集団を創り上げて下さい。

 昨夜、『学び合い』グループの管理者の一人として、「はてな」からメールが届きました。保護者のある方が、「保護者」として入会してくれました。そのメールを読みながら、「やった!」とガッツポーズをしました。とても心豊かに眠ることができました。

追伸 個人的には、もっと多くの企業の経営者も同志になって欲しいと願っています。

tontan2tontan22009/01/22 20:24絶版の「何故~」を持っている私です^^
それは、おいといて質問です。
 
実験の件についてはまさしく私もそう思います。
ただ、実験は理科の基本でもあると考えます。
実験なしに教科書に書いてあることを
鵜呑みにすることは理科とは言えないと考えています。
もし、実験で「誤差」を勘違いして「分かった」と
言っている子どもにどのように対処すればよいでしょうか?

jun24kawajun24kawa2009/01/22 21:53実験で「誤差」を勘違いして「分かった」
というのが、具体的に、どういうことか分からないので、
補足お願いいたします。

tontan2tontan22009/01/23 04:24補足します。
振り子でも良いのですが、
「重さでやっぱり周期は変わるんだ」と勘違いした子どもには
どうすればよいかということです。
(これまでの経験だと2~3割は誤差を認められない子どもが
いると感じています)
それとも実験は無駄だからしなくてもよいと考えるのでしょうか?

cornucopia-kkcornucopia-kk2009/01/23 11:01西川先生、保護者へのメッセージをありがとうございます。
今回の記事で力を与えていただいたのは、
入会させていただいた私一個人だけではなく、
ブログを拝読している他の大勢の保護者の方も同じだと思います。

今、わが子の学校や親たちを見ていて、
「学び合う保護者集団」に到達するには、
いくつものステップがあると感じますが、決してあきらめずに
努力を重ねていきたいと思います。

jun24kawajun24kawa2009/01/23 12:39tontan2さんへ
午前中をかけて書いてみました。
crnucopia-kkさんへ
ようこそ、お待ちしていました。みんなに伝えてください。どんな社会も、直ぐには伝わらない人はいますが、直ぐに伝わる人も必ずいます。その人たちと広げてください。期待しています。