西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/10/15(月)

[]幸せ 21:53 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 自分が幸せになるのだったら『学び合い』のテクニックを使えば容易い。でも、そうできない人もいる。これって『学び合い』のクラスと同じ構造。結局、自分の幸せを戦略的に理解しないと、ある時点で自滅する。

[]奥義 21:15 奥義 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 奥義 - 西川純のメモ 奥義 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミOBのメモを読み、『学び合い』の奥義を書きたくなりました。もしかしたら、一部の人のとって不快になるかもしれないので書かなかったことですが。書くべきだと思いました。

 『学び合い』は考え方であり、方法ではない、と私は申します。この言葉の意味は様々に解釈されます。また、解釈できるような表現にしています。

 私は西川ゼミの主催者です。全国の皆さんに偉そうなことを書いているし、言っていますが、私も教師であり、担任です。では、西川ゼミはパーフェクトか?そんなことはありません。でも、私の人間の品性・能力の中で実現できる最善だと思っています。これを疑ったことはありません。私は旧来の教育のテクニックはかなり長けていると自負しています。これは、私の講演を聴いた方だったら分かると思います。でも、しょせん、2週間から3ヶ月の賞味期限です。

 私はゼミ生に『学び合い』を追求することを求めたことはありません。私が求めるのは子どもたち・教師全員が幸せになることは素敵であり、その影響力があることを語ります。そして、私の生き方を子どもたちに伝えるのです。その多くは、子どもたちに興味を持っているおっさんとして。

 子どもたち(現職者も含めて)は色々なことを疑問に持ちます。私はシンプルな原理・原則で応えます。でも、子どもたちは、私が子ども・教師の幸せを求めていることは伝わっていると思います。

 多くの人が『学び合い』だと思っていること、私はそれをしていません。なにもしていません。ネームプレートも、振り返りもしていません。私は子どもたちの疑問に応えます。そして、一人も見捨てられない社会・教育は自分にとって得だと語ります。全員は分かりません。でも、一部は分かります。そして、多くのゼミ生は、私が本気で信じていることは分かります。

 全国の実践者、その全員は自分の幸せのためにやっています。でも、その一部は、その幸せを実現するには、まどろっこしいけど、まわりを理解させないならば実現できないことを知っています。自分にとっては自明なこと、でも、自明でないことで躓いている人を救うことがどれほどの意味があるかを知っています。

 私が現役である時間はカウントダウンに入っています。だから、自分の幸せを実現するには、愚かである人を戦力するメリットを理解できる人を生み出したい。これは千人に一人の割合です。

18/10/13(土)

[]対話 21:56 対話 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 対話 - 西川純のメモ 対話 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 まくし立てる人とは話さない。ちゃんと話すべき内容が決まれば、まくし立てない。

18/10/11(木)

[]基礎学力 14:35 基礎学力 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 基礎学力 - 西川純のメモ 基礎学力 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 基礎学力は必要だ、それがないと就職も出来ない、生きられない、と思うのが常識です。

 しかし、私の知る限り、これこれは基礎学力であると明らかにした実証的な学術研究を知りません。

 理論的に基礎学力の構造はこれこれであると示した学術研究はあります。ところが、たった一つの学会レベルであっても、会員が一致した理論的学術研究はありません。更に言えば、そこで示されるのは言葉であって、それを具体的に示す操作的定義を付けていません。

 それは大著であるブルームの教育目標の分類学でも同じです。

 ということで、一人一人の人が、バラバラなイメージの基礎学力を想定しているのです。その人達が集まって基礎学力を定めると、妥協策として、それらの人達のイメージしている基礎学力の総和を出し、学校の時間の中に詰め込めるだけ詰め込むしかないのです。だって、上記のように基礎学力とは何かを定める定義がないのですから。

 ちなみに、私は基礎学力とは何かを示す実証的な研究はしていません。しかし、学校教育で学ぶものの多くは基礎学力ではないことを示す実証的な研究をしています。

西川純、新井郁男、熊谷光一、田部俊充、松本修(1997.8):生涯教育から見た各科教育、学校教育研究、12、日本学校教育学会、136-147

西川純、新井郁男、熊谷光一、田部俊充、松本修(1998.7):生涯教育から見た各科教育(その2)、学校教育研究、13、日本学校教育学会、124-136

 この実証的なデータに比肩する、基礎的学力があることを示す学術研究を見たことはありません。私は思いつきではなく、データに基づいて基礎学力は0ベースで考えるべきだと思っています。

18/10/10(水)

[]恩師 21:44 恩師 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 恩師 - 西川純のメモ 恩師 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が高校教師だった頃、テレビドラマの高校教師をモデルにして色々やった、子どもたちから多くの喜びをもらった。でも、何も出来なかった。

 大学教師に異動してから、数年は毎晩の度に涙を流して吞んだ。「なんで大学に異動したんだろう」と。大学教師がもらえる子どもたちからの喜びは、高校教師からもらえる子どもたちの喜びに比べて、格段の違いがあります。高校教師の時代の思い出がある私は「なんで」と思いました。

 今でも、小中高の先生方が子どもからもらえる喜びに比べて、大学教師は劣ると思います。それだけ小中高の先生方が子どもからもらえる喜びは大きい。

 でもね。私が今、色々な形で引用している言葉の多くは大学で指導していただいた石坂先生、小林克巳先生、小林学先生の3先生です。小中高の先生からは姿を学ばせていただいた。でも、大学は姿の他に、その姿に矛盾のない言葉をいただいた。

 でもね。『学び合い』ならば、小中高の先生も、それを言葉に伝えられる。

1539162589*[大事なこと]学業の両立

 就職活動の規制を撤廃する方向に進んでいます。そうなると「学業との両立は難しくなる」という声が起こります。違うのにな~と思います。第一に、就職活動と学業が一致するジョブ型にならなければならないのに。そして多くの人が気づいていないのは第二の理由。そういう人は大学を卒業した後の4月1日に就職出来ると思っている。だから、在学中に就職活動をすることを考えている。とんでもない。そもそも、一括採用を止めようとしていることに気づいていない。

18/10/08(月)

[]武器 21:31 武器 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 武器 - 西川純のメモ 武器 - 西川純のメモ のブックマークコメント

私の武器は、人事でもなく、予算でもありません。一部の人が、いいな~と思えるヴィジョンです。革命はつねに、それで成り立っています。

[]免許法 21:07 免許法 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 免許法 - 西川純のメモ 免許法 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 圧倒的大多数には意味不明なつぶやき。

 文部科学省はあまり権力を持っていません。都道府県県教委が実質の権力を持っており、都道府県県教委が仕事をやりやすくするために汗を流しているのが文部科学省です。こうすべきだよな~っと思っても、それを促す環境を整えるのは文部科学省ですが、それを選択するか否かは都道府県県教委です。

 例外は直轄の国立大学法人です。生殺与奪出来ると言いたいところですが、出来るのは安楽死でしょう。国税で成り立っている国立大学法人を無様に潰すわけにはいけません。

 もう一つあります。それは免許法です。これも、本当は絶大な権力があるのですが、それをふるいません。以前は、科目の名称などの外形的なチェックのみで大学に任せていました。さすがに、ものすごいことする大学教師がいるので徐々にチェックの度合いを高めています。でも、もっと凄いことが出来ます。

 前に言いましたが、私は文部科学省に働いている人のファンなのです。だから、イライラしています。このままでは、本当に潰されるのではないかと冷や冷やしています。でも、この5年のうちに教職免許法を抜本的にいじらなければ、教育改革の外野に回されても仕方がない。本当は教育制度全般を変えなければならないけど、それは時間がかかるから。

[]障壁 09:17 障壁 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 障壁 - 西川純のメモ 障壁 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 これからの教育改革での最大の障壁は「基礎的・基本的学力」というものがあるという考え方。学力の三要素があるという考え方。そして、それらを保証しなければならないという考え方。

 私も圧倒的大多数の子どもが持つべき能力、学力、技術・・・はあるとは思います。しかし、全員だとは思いません。だから個別最適化する主体は学習者であるべきです。ところが常識的な文部行政はそれを保証しなければならないと、主体を自分たちにするのです。そうなれば「あれも必要だよ」、「これも必要だよ」・・となり、あっという間に満杯にして、学習者が個別最適化する余地を奪ってしまう。なにしろ、あった方が良いものを、削るには勇気が必要ですから。だから、0ベースで始めなければ。

 そんな行政が今、評価を検討しています。私は恐ろしくて仕方がありません。したたかな教師はそれを形骸化するだろうと思います。しかし、一部地域では満額やることを求めるかも知れません。そうなれば企業のニーズとギャップが広がり、非正規雇用の子どもが多くなってしまう。

 まあ、そうならないと思っていますが、恐ろしい。

 企業ごとに求める人材が違う。いや、同じ人材であっても職種によって違う。今後、企業別組合から職業別組合や産業別組合に移行すべきだと思う。

 大学もセグメント化しカリキュラムや実習を明確にすべきだろう。そうなれば入試も変わる。そうなれば高校もセグメント化しカリキュラムや実習を明確になるだろう。そうすれば・・・・。

 だから、小学校頃から自分の将来を見据え、それに必要な能力を選択し、高めなければならない。そんな社会に基礎的・基本的学力なんて存在しない。

[]対立 09:17 対立 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 対立 - 西川純のメモ 対立 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は教育に関して文部科学省と経済産業省が対立して欲しいと願っています。実は文部科学省の中にも、それを願っている人はいると思います。大きな組織を動かすには外圧が必要ですから。

 その主戦場は学校の外です。

 学校には規制があること、何よりも教師が抵抗するため。

 妄想です。

 経済産業省が現在の学校教育にフィットしない子どもの受け皿をつくって、そこでバンバンに最先端のツールを子ども達に使わせるのです。絶対に受験に関して圧倒的に有利です。もし、年度末に発刊される雑誌に東大合格者の最上位に灘校でもなく、開成高校でもなく「高校卒業程度認定試験」となったとき何が起こるでしょうか?

 もし、国民の2割弱が学校教育法の1条校を見捨てたらどんなことが起こるでしょうか?そして、教育機会確保法が改定され、それを公的に認めたら。

 十分な速度で教育改革を進める唯一の道のように思います。