西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/12/12(火)

[]悔しい 21:30 悔しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 悔しい - 西川純のメモ 悔しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は高校教師に挫折し、大学教師になりました。でも、異動してから5年ぐらいは、酒を飲みながら、「なんで異動したんだ」と泣きながら飲みました。それぐらい高校教師は楽しかった。でも、挫折するぐらい辛かった。だから、出口を探し続けた。

 若い、『学び合い』実践者のブログを読めば、楽しい。心が豊かになります。が、読みながら、悔しい思いもあります。もし、私の若いときに『学び合い』があり、それで実践していたら大学教師にならなくてすんだ。高校教師として幸せであり続けた。

 ずるい、と思いました。浅ましくも、本心です。

 悩みのレベルと、得られる喜びのレベルが、カリスマ教師を目指した当時の私とは異次元だ。

17/12/10(日)

[]走る 21:31 走る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 走る - 西川純のメモ 走る - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は学術のある分野の栄誉・栄典は総ざらいしました。42歳で教授になりました。ということは、退職まで何もしなくても、後ろ指指されず、チヤホヤされます(ま、裏で何かを言われると思いますが)。

 が、それから15年フルスロットでやっています。

 何故か?

 直感的にそうしないと、奈落に落ちることを感じているし、知っているからです。

 もう一つは教師だからです。教え子のために何かをすることが楽しいし、そうしないと腐るから。

 このことを周りに伝えら得られないならば、私の不徳です。じっくりと考えます。

[]学ぶべきこと 16:14 学ぶべきこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学ぶべきこと - 西川純のメモ 学ぶべきこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大卒の就職先と想定されているのはホワイトカラーです。ところがAIによって大部分は不要になります。そして普通科高校は大学の予備校となっている。つまり、日本人の多くが就職出来ない就職先のための職業教育の場になっています。

 脱工業化社会で「個性化」、「総合化」、「非同時化」、「分散化」、「適正規模化」、「地方分権化」になるとき、国民が共通して学ばなければならないものは何でしょうか?

 教育基本法、学校教育法、学校教育法施行令には各教科は記されていません。省令である学校教育法施行規則に初めて登場します。

 このことをいつか研究テーマとしたいと思っていましたが、ずっと先のことなので定年前の私は自分の仕事ではないと思っていました。しかし、直ぐ先に来る問題のように感じ始めました。

[]妄想 15:41 妄想 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 妄想 - 西川純のメモ 妄想 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「中卒より高卒、高卒より大卒、同じ高校・大学だったら偏差値が高い方が有利」というモデルは崩れていることを、身をもって知っている非正規集団は既に四十代後半に入っています。

 その人達が、今の学校教育以外の教育があることを知ったら、と思います。

 一度は潰れましたが、不登校の子が通うフリースクールや家庭での学習を義務教育の一つの形態として位置付ける規定が通れば、それは現行の学校教育の命日になるように思います。フリースクールでその子に合った教育をネット授業で実現し、そのように育った子どもを企業が採用するようになったら。

 「新産業構造ビジョン」には人材養成、特に、教育への言説が極端に少ない。経済産業省、そして審議会委員は、新たな時代に対応できるのは大学の一部だけで、初等・中等教育は無理だと見切っていると思います。「新産業構造ビジョン」示す未来像、それも、あと十数年先の未来と現状の学校教育の乖離がひどすぎで吐き気を感じます。

追伸 そういう人がいるのは自然である理解しているのですが、教育村だけの論理で『学び合い』を云々している人の文章を読むと脱力します。あと、十数年でどれだけ激変するか!100年でもなく、50年でもなく、20年でもない。十数年先。

17/12/09(土)

[]一人も見捨てず 22:05 一人も見捨てず - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一人も見捨てず - 西川純のメモ 一人も見捨てず - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生の諸君、OGOBの諸君、思い出してください。

 課題を私が決めましたか?

 私が「一人も見捨てず」と求めましたか?

 求めたとして、それの評価をしましたか?

 私は皆さんを幸せにしたいと願っています。だからです。

 結局、皆さんを幸せにするには社会を変えるしかありません。

 皆さんの上司が、高い課題を与え、チームで解決することを求めなければなりません。だから、馬車馬みたいに本を書き、講演をしています。

 この緩くて、厳しい感覚、ゼミに入らないと分からないだろうな~。でも、それを理解する人を増やさねば。

17/12/07(木)

[]ツイッター 07:16 ツイッター - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ツイッター - 西川純のメモ ツイッター - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ツイッターは匿名性の高いSNSです(実際はちょっと調べれば分かりますが)。そのため、大人の話法を使わない人がいます。逆に、実名をさらし、大人げない話法によって、炎上を楽しんでいる人に喝采されることを求めています。

 人の考え方は多様、表現も多様。それで良いと思います。ただ、大人の話法を守って欲しいと願います。『学び合い』は多様性を前提としています。だから、『学び合い』に反発をする方がいるのは当然です。かなりラディカルですから、その方々の方が普通だと思っています。でも、たかが百数十文字で全人格を判断し、実世界では使わない表現で全否定をする。それは悲しいし、私も人の子です。ムカッともします。まあ、ブロックして無視すれば良いだけのことです。『学び合い』を知らない人は、『学び合い』を博愛主義や学び合いをするもんだと思っています。違います。「おりあい」をつけることを学ぶのです。無視もおりあいの一つです。

 私は「一人も見捨てない」ことが自分にとって得だと思っています。しかし、全人を愛することは出来ません。だから、一人も見捨てないシステムを教育で形成したいと思っているのです。

17/12/05(火)

[]出会い 22:02 出会い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 出会い - 西川純のメモ 出会い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は出張で出会いを求めます。良い出会いがあればいいな~。私を呼ぶのは予算がかかる。だから軽く呼ぶ人はいない。だから、良き出会いがある可能性が高まる。