西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

12/08/03(金)

[]今日、明日 07:58 今日、明日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日、明日 - 西川純のメモ 今日、明日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日は紀の川市で講演です。かなりの人が問い合わせがあったと聞きました。しかし、今回はご遠慮いただいたとのこと、すみませんでした。そのようなお申し出は、私を通すと話が早いと思います。以降はそのようにして下さい。

 明日はフォーラムです。全国の同志とあえることを楽しみにしています。

http://manabiai.jimdo.com/

tokucyotokucyo2012/08/04 08:24『学び合い』による「白熱教室」ですかぁ。なるほど!と思いました。「白熱教室」は、2年前に授業参観でやってみたことがあります。それなりの意見は出てきましたし、見せ物の授業としてはまあまあだったと思います。でも、おっしゃるように1対1の会話なので、多くの生徒の意見を吸い上げようとした場合、こちらがかなり頑張らなければいけませんでした。そういう意味では、教師の白熱教室だったと思います。この頃は、『学び合い』の発想は全くなかったのでそれでも仕方ないと思ってました。フォーラム参加できません。盛会をお祈りいたします。

jun24kawajun24kawa2012/08/04 22:30一日目終了です。本当に頭がフル回転で、ヘトヘトになりました。

07/04/19(木)

[]凄い凄い 16:19 凄い凄い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 凄い凄い - 西川純のメモ 凄い凄い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある同志からの自慢メールです。凄いと思います、嬉しいと思います。そして、当然、とも思います。

*****************************

こんにちは。○○です。

報告です。算数で、学年の『学び合い』をスタートさせました。学級の枠を取り払って○○名で参考書作りをする課題を与えています。なんとか、スタートさせることに成功しました。教師の仕事について語りまくってのスタートです。

今日、54÷2の筆算の解き方を説明するペーパーを作る。というミニ課題を設定して、仲間の若い先生がLTになって行いました。そこでは勿論、みんなができるように、という条件を課してあります。先生が回っていったとき、よくできて人の成績に無関心だったK君の周囲の子どもたちに、「先生に説明して」と言ったそうです。そうしたところ、周囲のみんながすばらしい説明をするのだそうです。よく聞くと、K君がみんなにわかるように説明したというのです。同僚の先生は今までの実践で、周囲の友達なんかそっちのけで自分のことばっかりやっていたのに・・・と涙ぐんでいました。また、よくできるMに、私が「あなたの課題はよくわからない人がわかるように説明することだね」というと、「そっか!よかった、わからない人がいてくれて」と言ったのです。初日にしてこんな感じです。同僚の先生も、すごい!楽でこんなにいいなんて!といっていました。

いい1時間でした。

taikitaiki2007/04/19 21:14「同士からのメール」を見させていただくと嬉しい気持ちが咽喉にひっかかって苦しくなります(笑)
きっと、先生にメールを送ってくださる方も同じように誰かに伝えたくてしょうがないのではないでしょうか?
生意気を言ってすいません。

kankan2007/04/19 21:14教師が目標について語るのが『学び合い』の重要なポイントですよね。私は5クラスの理科の担当をしていますが、2つ目のクラスで語っていた時に生徒の「つまらなそうな顔」に気付いてしまいました。次からは、目標を書いた紙を渡して、「ここに書いてあることをよく読んで、どんなことを大切にして、どんなイメージの授業になるか全員が言えるようにして」と言って、15分ほどの時間を与えることにしました。時間終了後、1人2人指名した後。「今、みんながしたようなことをそのまま授業でやるだけだよ。」と私が言います。暑苦しく語る手間が省けます。

jun24kawajun24kawa2007/04/20 08:39taikiへ。私もそう思う。それと「生意気」なんて言う言葉は我々にとって意味無いよ。大事なのは「誠意」があるかないかだよ。とても誠意を感じました。ありがとう。
あのテクニックを誇るkanさんの語りで15分でつまらなそうになるというのは、にわかには信じられないけど、それが事実なんだよね。あはははは。でも、一度分かってしまうと、もう戻れない。あはははは。ありがとう。

MizuochiMizuochi2007/04/20 12:17私が担当するクラスの中に、耳が不自由な子がいます。
今までもそうでしたが、
目標は黒板に書き、みんなで読みます。
目標をメタ認知してもらうためです。
この後、私が話すことはほとんどありませんので
耳が聞こえないことは、今のところ問題ありません。
軽い自慢です。

jun24kawajun24kawa2007/04/20 16:07きっと、御校のだれかさんが担任したら、「大変なのよ~」と騒ぎまくって、大変だよね。あはははは

1kawa1kawa2007/04/23 22:37KanさんへあるOBです。新しい学校で楽しくやっています。そのアイディアいただきます。また、情報交換しましょう!よろしくお願いします。今度は逆転して後輩になれるように勉強する必要に迫られそうです。先生に話さなければ・・・正式にはまだ許可を取らなければならないセクションがいくつかあるので一つ一つ前進しようと思っています。

kankan2007/04/24 22:321kawaさんへ。誤解の起きる可能性があることを覚悟の上でいうと、授業中楽することばかり考えていると、面白いアイデアが浮かびますよねえ。またよろしくお願いします。生意気なようですが、たくさん勉強する必要がありました。特に英語はやっぱり重要でした。

07/04/11(水)

[]同志からのメール 22:10 同志からのメール - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 同志からのメール - 西川純のメモ 同志からのメール - 西川純のメモ のブックマークコメント

 以前、ニッパチ理論の事をブログに書きました。興味があるかたは本ブログの検索で捜してください。集団を変えるには、その2割の革新者(確信者)がいれば十分だという考え方です。学校を変えようという方に、そのことを話します。今年異動した、そのような同志の方からメールをいただきました。

今日,6年生に「種」を蒔きました。『学び合い』のガイダンスで,これからの学習方法を話しました。みんな「キョトン」としていました。どう動くかは予想していました。ガイダンスを終えて,子ども達の様子を見ていますと,予想通りに動きます。PC教室,図書室。ほとんど子どもは,ここから情報を得ようとしています。「教科書」に優るものはないことはまだ分かりません。想定内の「動き」でした。楽しみです。やれそうです。やってくれそうです。

若い女教師と教護教諭に西川先生の考えやら,私がやってきたことを45分位話しました。目が輝いていました。二八のスタートです。』

 上記の同志が何を考えているかを分かるために、ちょっと補足します。調べ物学習で、子どもが図書館やPC教室に移動し調べる子どもは熱意があるように思われています。しかし、『学び合い』を経験すると、そんなものより同級生の有効性が分かります。そして、情報源としては教科書で十分であることに気づきます。そうなると、相対的に学習に熱意のない子ども(正確には何をやったら分からない子)が図書館やPC教室に移動し、圧倒的大多数はクラスの教室で、教科書片手に同級生と議論します。そして、やがて図書館やPC教室に移動する子は殆ど無くなり、たまに教科書では駄目なときに移動するのみとなります。そのことを分かっているので、「想定内」と表現しています。今はセオリー通りの子どもの動きです。でも、直ぐに予想を超える子どもの凄さが表出します。それからが本当の楽しみです。多くの教師が、自分の思ったとおりの動きを喜び、誇るに対して、我々は自分の思いを越える動きを喜び、誇ります。そのメールがしばらくしたらあるでしょうね。

07/03/14(水)

[][]一年21:48 一年生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一年生 - 西川純のメモ 一年生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近のことです。休みの日に自宅でコンピュータ仕事をしていました。息子から「電車動画を見せて」と頼まれました。息子は電車が大好きです。その電車動画インターネットで見れることを知って、どんどん見せろと頼みます。しかし、忙しかったので断りました。私が別の仕事のために机を離れると、直ぐに息子はコンピュータの前に座り、なにやらいじくっています。仕事ファイルは保存していたので、かってにいじらせました。5分ぐらい経って机に戻ると、なんと、幼稚園年長組の息子はインターネット動画を見ていました。ビックリしました。以前、グーグルで「電車 動画」で検索したのは見せていました。しかし、グーグルの使い方を教えたことはありませんし、彼に操作させたことはありません。しかし、彼はローマ字表を自分の机から持ってきて、打ち込んで変換して、検索したのです。

 学習というのは、学習者に必然があるとき、教えるという意図的なものがなくとも直ぐに学び取るということは水落さんの研究で示されるとおりですが、びっくりです。

 本日、Fさんと個人ゼミをしました。そこで、小学校1年生にKanzさんの研究と同じように教科書づくりをしたら、と提案しました。子ども達が既存の教科書や指導要領や教師用指導書・・・を駆使し、コンピュータを使ってよりよい教科書をつくるんです。中学生が行ったKanzさんの成果だってビックリものですが、それを1年生でやるんです。ワクワクしません?私は絶対に出来ると思います。だって、年長組の息子でも出来るんです。1年生が30人の集団を形成して出来ないわけありません!

OB1989OB19892007/03/14 12:09祝!

おめでとうございます。
期待しておりますので,大いにお力を発揮されてください。
今日は,この上ない佳き日です。

吉報を届けてくださった先生に感謝します。

MizuochiMizuochi2007/03/14 21:10おめでとうございます!
西川先生が「頑張る」という言葉を使うのですから
それだけで凄さが伝わってきます。
その学会誌に価値ある論文を投稿できるよう、
私も「頑張り」ます!
「ご期待ください。」

jun24kawajun24kawa2007/03/14 21:35有り難うございます。
ご協力宜しくお願いします。

OB1989OB19892007/03/17 09:38子どもの学びの力がはてしないことを痛感します。
素晴らしいことです。
それを押さえつけているのは教師なのかもしれませんね。
健やかなご成長を祈念しております。

jun24kawajun24kawa2007/03/17 09:50有り難うございます
月曜日に卒園式です、一杯泣きます。

OB1989OB19892007/03/17 10:03祝ご卒園!
おめでとうございます。

私もハンカチを2枚持たされました。