西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/06/12(火)

[]ゼミ開放日 18:02 ゼミ開放日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ゼミ開放日 - 西川純のメモ ゼミ開放日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 月に1度、ゼミ開放日を設けています。初日の夜は呑み会です。昨日の呑み会の様子です。昨日は、富山県の一つの中学校と3つの高校の7人のお客様がおいでになりました。f:id:jun24kawa:20180611180914j:image

18/06/11(月)

[]可愛い 21:27 可愛い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 可愛い - 西川純のメモ 可愛い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 高校教師の失敗をトラウマとして、子どもとの距離に関してルールを設け徹底しています。が、可愛い。こんな馬鹿げたことを連呼する私を指導教員として選び、私が語るヴィジョンに向かって自分の出来ることをやっているゼミ生を見ていると、可愛い、と思います。自己コントロール出来るよう、押さえます。でも、可愛い。

18/05/30(水)

[]合格できる学生、良い教師になる学生 16:48 合格できる学生、良い教師になる学生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 合格できる学生、良い教師になる学生 - 西川純のメモ 合格できる学生、良い教師になる学生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 31年間も教員養成系大学の教員をやっているので、合格できるか否か、よい教師になるか否かは大抵分かります。

 両者は一致する場合もありますが、一致しないことも少なくない。老婆心から色々なことをアドバイスするのですが、まあ、変わりません。変わらないところが、よい教師になると確信するところに繋がる場合があるのです。

 多くは3、4年たって正式採用されます。この年になれば、その3、4年が肥やしになることを知っています。しかし、若い人にとって将来の見えない不安な期間です。それを察するのでアドバイスをするのですが・・・

18/05/18(金)

[]嬉しい 21:36 嬉しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 嬉しい - 西川純のメモ 嬉しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は、新ゼミ生の質問コーナーです。ちゃんと学んでいるから出る質問です。あと、一年半後に、私を泣かせるレベルまで達して欲しい。そう育てます。

18/05/14(月)

[]軌道修正 06:32 軌道修正 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 軌道修正 - 西川純のメモ 軌道修正 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 新採用の人が上手くいくわけありません。ごまかし、ごまかし、とにかく1年を過ごすだけです。大事なのは先輩に可愛がられること。最悪、嫌われないことが一番大事です。彼らは知らないのです。先輩の授業だってたいして上手くいっているわけではない。ただ、いい意味でも悪い意味でも鈍感になっているし、ごまかし方が上手くなっているだけなのです。でも、それが分からないと「自分だけが足りないから」と思ってしまう。

 そして教材研究をしはじめます。ところが、ものすごく時間がかかってしまう。新採用の人は毎日、毎日、新作の授業案をつくらなければならない。だから、間に合わないのです。自分でつくらず、出来合のプリント等を活用すればいい。私の勤めた定時制は小さい学校だったので、先輩の理科教師はいませんでした。だから私は全日制の先生からプリントをもらってコピーして使いました。その部分は手を抜く代わりに、声の出し方、表情の作り方、子どもの動かし方を磨けばいい。そして、それらにパワーを持たせるために、ヴィジョンを磨くのです。

 最近、今年修了したゼミのOBに会いました。彼のFBの書き込みを読むと、ありがちな教材研究の蟻地獄に入っているように感じました。あって最初に「おまえの書き込みを見ているけど、あんなことやっても間に合わないだろ?」と聞きました。笑って、手を振りました。分かっていたので安心しました。