西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/01/20(土)

[]すみません 22:26 すみません - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - すみません - 西川純のメモ すみません - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ごく普通の人間が「提唱者」になってしまいました。そのため、かなり苦しい。ということで、ネット上の批判者を遮断することを徹底したいと思います。すんません。一言一言を考え、頭の中でぐるぐるするのです。議論すれば、私は「根拠は?」と聞き、その方は逃げ回ることが分かっていますから。

追伸 批判者か否かは、議論しているとき、「根拠は?」と聞いたときに、言を左右するか否かです。互いに根拠を明らかにした建設的な議論を出来る、私と異質な方は大歓迎です。

18/01/06(土)

[]自己嫌悪 22:22 自己嫌悪 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自己嫌悪 - 西川純のメモ 自己嫌悪 - 西川純のメモ のブックマークコメント

私の原体験は学力的には最底辺の子どもたちです。その子どもたちを救う道を探し続けています。が、対外的には分かりやすい受験のことを語ります。本日は、その自分が嫌でした。

17/12/02(土)

[]落伍者 06:51 落伍者 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 落伍者 - 西川純のメモ 落伍者 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は高校教師を2年間で落後し、大学に逃げ込みました。

 しかし、それは定時制高校に勤めたから。

 愛する教え子の家庭がどれほど悲惨であることを知ったから。愛する教え子の退学手続きをし続け、その子が退学後に奈落に落ちていったのを見続けたから。

 そして、私が弱いから。日本中にそれでも踏ん張っている高校教師がいます。偉いな~っと思います。私は毎日1升の酒を飲まないと眠れなかった。

 昨晩も退学した子どもの夢を見ました。申し訳なさ過ぎて、謝ることもできず、おろおろしていました。

 彼らはみんな私を「純ちゃん」と呼び懐いてくれる。それが申し訳なく、そして、恐ろしいのです。

 だいたいの子が分かって、だいたいの子どもが楽しい授業ではなく、全員が分かって、全員が楽しい授業を目指しています。そして、全員が幸せな一生を全うして欲しい。ただの一人でも例外があると、苦しくて仕方がない。その子がどうなるかを知ってしまったから。だから、『学び合い』では子どもの多様性を前提としています。子どもという子どもは一人もいない。

17/11/25(土)

[]なんでだろう~ 21:19 なんでだろう~ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - なんでだろう~ - 西川純のメモ なんでだろう~ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は大学院の試験です。私は喋らずに聞いています。

 現職の方々が語ることを場を聞きながら、「あ、『学び合い』だったら、それに対して・・・・」と思います。が、言いません。分かりませんから。現職の方は、現状の価値観で評価された方々ですから。

 ちなみに、私は30年間、上越教育大学に勤めていますが、西川ゼミに所属する現職院生の多くは県外です。県内の人はの多くは下越・中越が多く、上越教育大学にある上越は少ない。今までに3人だけです。

17/11/23(木)

[]病む 17:59 病む - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 病む - 西川純のメモ 病む - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、ゼミ生から「人事の仕事していると病んで見えますよ」と言われました。まさに。早く、この種の仕事から完全に手を引きたい。