西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/01/27(日)

[]読んでいない 08:47 読んでいない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 読んでいない - 西川純のメモ 読んでいない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 朝一番で、以下の質問を受けました。

 

 

西川先生

おはようございます。青山新吾先生と岩瀬直樹先生の共著「インクルーシブ教育を通常学級で実践するってどういうこと?」P56についてお尋ねです。青山先生のゼミ生が卒論で『学び合い』を取り上げ結論として以下の結論が導き出されたということで本に載っておりました。

以下引用 P56より

青山 『学び合い』の話が出ましたが、僕のゼミ生の卒業論文で「学習で苦戦している子どもは本当に『学び合い』で学べているのか」というテーマをとりあげました。(そのゼミ生は)さまざまな書籍に当たって、記述上、それが証明されているのかどうかという観点から整理しました。結論をいうと「個としてどうだったかはほとんど記述されていないし、その子がどう学んだのかの記述もなかった。どの子も学べると主張するならば、記述の改善の余地がある」となっていました。一人ひとりの子にとって何が起こっているのかは、もっと読み解いていかなければならない、それがそのゼミ生の結論でした。

引用終わり

お尋ねというのは、学部生の卒論での結果から掲載されていますが市川先生の論文から考えるとこの結論は導き出せないことではないかと思いました。西川先生はどのようにお考えになられますか?

 

 

 私は以下のように応えました。

 

 笑いました。もし、その学生さんの言う「学習で苦戦している子」というのが特別な支援が必要な子どもという意味だったら、以下は読まれたのでしょうか?

 

西川純(2008.4):気になる子の指導に悩むあなたへ、学び合う特別支援教育(単著)、全150、東洋館出版社

西川純、間波愛子(2015.2):『学び合い』で「気になる子」のいるクラスがうまくいく!、全146頁、東洋館出版社

市川寛、久保田善彦、西川純(2007.6):小学校算数科における自由な相互作用と学力向上に関する研究、協同と教育、日本協同教育学会、3、10-20

水落芳明、小日向文人、久保田善彦、西川純(2008.3):発達障害を持つ学習者のいる学級における「学び合い」の事例的研究、日本教科教育学会誌、日本教科教育学会、30(4)、39-48

浅川浩佑、深山智美、鈴木翔、桐生徹、西川純(2017.6):特別支援学級に在籍する児童の自らのキャリアへの考え方の変容に関する事例的研究、臨床教科教育学会誌、臨床教科教育学会、17(1)、1-8

 

 また、「学習で苦戦している子」が一般的な意味だったら、2001年以降の私の学術論文(https://bit.ly/2mkJAC7)を一つでも読んだことがあるのでしょうか?

 まあ、私の教師向けの『学び合い』の入門書、それも特別支援教育を以外の本、例えば『学び合い』ステップアップ他数冊を読んでの結論でしょう。まあ、学部の学生さんだったら、その程度なのかもしれません。不思議なのは青山さんが何故指導しなかったか?です。聞いていただければ、基礎的な文献を快く教えたのに。

 何も読まずに、『学び合い』に対して云々する。困ったものです。

 ま、慣れていますが。

19/01/26(土)

[]おかしいな~ 06:34 おかしいな~ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - おかしいな~ - 西川純のメモ おかしいな~ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 前にも書いたことです。

 中央教育審議会が。教員の残業時間を原則月45時間以内とする指針の順守を柱とし、労働時間を年単位で調整できる「変形労働時間制」の導入も提言しました(https://www.sankei.com/life/news/190125/lif1901250025-n1.html)。

 今の枠組みのなかではこの程度なのでしょうね。

 でも、これは教員は月45時間のサービス残業はしなさい、ということと同じです。それに、これを提言している人たちは、教員は夏休みは暇だと思っている。教員の方にとっては噴飯物ですね。

 このままでは、教員採用試験では「自分の名前を楷書で書きなさい」という試験になるほど、教員のなり手が無くなる。その尻拭いは都道府県教育委員会です。これから大変なことになります。

 非常に狭い意味での利害には一致しています。うちのゼミ生が合格しやすくなる。ゼミ生には合理的で合法的な手の抜き方を教えますから。

19/01/13(日)

[]無謀 13:35 無謀 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 無謀 - 西川純のメモ 無謀 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今、息子と一緒に大学入試の願書出しをやっています。まあ、福沢諭吉が集団で飛んでいきます。ふ~。少子化問題を解決するには、絶対に大学進学率を下げるべきだと思いました。

 私は高校入試も、大学入試も、大学院入試も、教員採用試験も、全て願書は一つしかもらいませんでした。我が家は職人の家で、親戚中みんな中卒です。ですので、入試というものがどういうものなのか分かっていませんでした。今考えると超無謀。背筋が寒くなる。

19/01/05(土)

[]東京 08:16 東京 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 東京 - 西川純のメモ 東京 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今、東京にいますが。東京には住めないな、と思います。

 第一に空間です。庭がない。窓の向こうは他人様の家の壁。町並みを見ていると、

苦しくなります。東京生まれの、東京育ちですが、東京都言っても昔の板橋、そして31年間も新潟に住んでいるのですから。上越市は広い。東京だったら豪邸と言われる家も土地付きで三千万円で手に入れられる。ちょっと離れて、中古だったら、かなり大きな家でも土地付きで五百万円ぐらいです。

 第二に人の多さです。これは東京にいる頃から感じていました。私は異常に共感能力が高いのです。講演の時には感じませんが、人の営みを見ると、その人の状況・気持ちを想像してしまうのです。だから、同時にいっぱいの人の営みを見ると、息が苦しくなってしまう。

 でも、天気が良いのはいいなと思います。上越は良いところですが、老後を過ごしたくない。雪があるからです。

 だから、老後は、太平洋側(雪が降らない)、内陸(地震、津波の危険性が低い)、東日本(食文化が合っている)の大都市から公共交通機関で1時間ぐらいの地方都市に住みたいと思っています。

18/12/31(月)

[]勝ち組 18:49 勝ち組 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 勝ち組 - 西川純のメモ 勝ち組 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今後の子どもが獲得すべき能力は何かという本が多いですね。私の本もその一つです。それらを読んで感じるものがあります。いわゆる勝ち組の人、頭の凄くいい人の書いている必要な能力は、日本の子どものごく一部しか獲得できないものだと思います。一人も見捨てたくない私には、それが嫌なのです。