西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/11/05(火)

[]残るもの 21:11 残るもの - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 残るもの - 西川純のメモ 残るもの - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は教育工学の専門家として上越教育大学に採用されました。びっくりしますか?その頃はチップを使ってコンピュータを作りました。アセンブラ、機械語を使ってプログラミングをしました。

 ところがすべてはコモディティ化します。私の知っているレベルのハードの知識を上回るボートが生まれ、それ以上の製品が普通になりました。アセンブラ、機械語を使わなくても、大抵のことは大丈夫です。ただし、慌てて補足しますが、そのレベルのことを知っていると有利なことはあります、が、それは素人ではなく玄人レベルなのです。

 結果として、数十年たった私はハード、ソフトの多くの知識・技能を使わず、忘れてしまっています。

 何を言いたいか、今、ICTや英語がもてはやされています。が、その寿命は短い。早晩、コモディティ化します。その中でも生き残る人はいますが、ごく一部なのです。だから、あおられて乗せられてはいけません。

 わかりやすい例をいいましょう。みなさん、スマホを使っていますよね。では、その機能の中でどれほど使っていますか?もちろん、多くを駆使する人がいます。例えば、スマホのショップの方。みなさん、その人並みになりたいと思いますか?

追伸 これからの時代に残るのは、真、善、美なのです。もちろん、一人一人は違う。でも、あなたにフィットするものはあります。それはコモディティ化しません。だって、巨大市場にならないから。

19/11/03(日)

「お誘い」千葉の会 22:24 「お誘い」千葉の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 「お誘い」千葉の会 - 西川純のメモ 「お誘い」千葉の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月30日に千葉で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/578173/

19/11/02(土)

[]官僚 22:41 官僚 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 官僚 - 西川純のメモ 官僚 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の書き込みを読んでいる文部科学省の官僚はいると思います。多くは無いけど。きっと苦々しく思っている人はフォローしない。でも、一部は「そうだよな」と思う人はいる。それが大事。その人たちは、今は発言力は無いかもしれない。でも、崩壊後は、その人たちがことを動かす。

 見物は、学校教育が人材養成に意味あると教育産業界に納得してもらえるか、です。別な言い方で言えば、非正規雇用が少なくなることです。

 文部科学省の当事者、苦々しく思っている人もいますが、それは健全です。ようは、崩壊後に、うまくフォローできる体制を夢想してください。

追伸 夢想できず、今の枠組みで動く人も必要です。が、私は関わらなくていい人です。

[]Know-Why 09:04 Know-Why - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Know-Why - 西川純のメモ Know-Why - 西川純のメモ のブックマークコメント

 現在の入試改革は平成26年12月の中央教育審議会答申「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について」に端を発しています。現在の迷走を見ていると、文部科学省がこの答申を理解していなかった、いや、理解したくなかったことが明らかです。

 答申を是非お読み下さい。(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm

 そこには大学入試を含む評価において公平から公正にシフトすべきであることを何度も、何度も強調しています。その中で『グローバル化の進展の中で、言語や文化が異なる人々と主体的に協働していくためには、国際共通語である英語の能力を、真に使える形で身に付けることが必要であり、単に受け身で「読むこと」「聞くこと」ができるというだけではなく、積極的に英語の技能を活用し、主体的に考えを表現することができるよう、「書くこと」「話すこと」も含めた四技能を総合的に育成・評価することが重要である。』と書かれています。

 現在のセンター入試と民間検定のどちらの方が4技能を公正に評価できますか?これは自明です。おそらく100年たっても海外の大学はセンター入試の英語の試験の点数を入学資格に取り入れることはないでしょう。

 今回、民間検定試験の利用を反対する人達の議論は、全て「公平」を基にしています。一つもセンター入試の方が民間検定試験より公正に4技能を測定できるという意見はありませんでした。

 では答申では公平を無視していいと書いてあるかと言えば、もちろん、そんなことはありません。公正を書いてあるところには常に「多様」を対にしています。求められる能力に多様性を認めれば、一律の公平はあり得ないのです。

例えばラーメンには好みがあります。醤油味、味噌味、塩味、魚介系、豚骨系、鶏ガラ系、あっさり系、こってり系・・・・、では、美味しいラーメンを公平に評価する方法があると思いますか?仮に、鶏ガラ、醤油味、あっさり系が好きな人が一番多いから、それが一番でしょうか?私はそう思いません。

つまり、現在のセンター入試形式の試験も「あり」、民間の様々な検定も「あり」、また、英語を課さない入試も「あり」であるべきなのです。それが先の答申のKnow-Whyを理解した素直な解釈だと私は思います。

 公平のクレームに対して、文部科学省が押し切られたのは答申のKnow-Whyを理解していなかった。理由は工業化社会の組織は規格化を捨てられなかったのです。だから、私が文部科学省の担当者だったら、「各大学がどのような試験の点数を利用するかは、各大学のアドミッションポリシーに基づいて判断するかです。受験生は各大学のアドミッションポリシー、それに基づく試験に基づいて、どの大学を受験するかを判断して欲しいと思います。」と言えば良かった。これだったら「身の丈に合った」というような発言のような陳謝は必要なかったと思います。

 そして、文部科学省の一室で各大学の管理職に対して、「4技能を適格に測れる多様な方法を提案するように」と求め、センター入試だけを使う大学に対して、「それでは今までと同じですね」と言って突っ返せば、民間検定試験を使うようになります。

 ところが、1年間で公平を求める受験生・教師が安心できる方法を考えると文部科学省は表明しました。1年間で何が出来ますか?つまり、答申を反故にしてセンター入試に回帰するか(ま、髪の毛3本ぐらい増やすかもしれませんが)、働き方改革に反して教員の仕事を増やすか、いずれかしか出来ません。

19/11/01(金)

[]涙 21:11 涙 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 涙 - 西川純のメモ 涙 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日の大学院のゼミで、学部からのゼミ生が「『学び合い』をして、西川先生が子どもたちのことを話しているうちに泣くのが分かりました。子どもたちの姿で今日、泣きました。」とゼミで言いました。その瞬間、すべての血液が目に集まりました。でも、泣かないように踏ん張りました。泣けば、ゼミ生が一斉にからかうのは分かるから。でも、嬉しかった。教師の醍醐味をゼミ生が知ったから。でも、それは知恵の実を食べたアダムとイブと同じく、背負うものが大きいのです。知ってしまった。

[]幸せ 21:11 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は上越教育大学に教職大学院が生まれたときより、十数年、一貫してコース長です。結果としてコースの飲み会の乾杯の挨拶を担当しています。本日もしました。そして十数年、いつも挨拶をして、飲み会会場を出て、家に帰ります。そして、家内との晩酌です。

 私のゼミ以外の学生は意味不明でしょう。でも、私のゼミの学生には何が幸せかを語っているし、一貫した行動をしています。だから、西川先生だったら、そうだよね、という理解があります。願わくば、ゼミ生も、結婚後に何が幸せが大事かを知ってほしい。

[]理解不能 19:27 理解不能 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 理解不能 - 西川純のメモ 理解不能 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 何故、英語民間試験の導入を文部科学大臣が決めるのか、分からない。4技能を測定するならば、現状のセンター入試形式より英語民間試験の方が優れているのは自明のように思います。だから、大学が英語民間試験を利用するか否かを判断すればいいのに。

 工業化社会のコードである中央集権化が、そうできると文部科学大臣が思ったのだろう。この中で英語民間試験を利用する、と表明するような大学は無いかな?

[]だいこんの会 08:02 だいこんの会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - だいこんの会 - 西川純のメモ だいこんの会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月23日に東京都練馬区で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/s/event/index/583995/?fbclid=IwAR0VrPvM0T2qHc-Q0VzDnvYn-_D1K69NlhoZ_ncCL6SVxxiwlg7Yu_FI7gk

19/10/31(木)

[]レッドカード 08:53 レッドカード - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - レッドカード - 西川純のメモ レッドカード - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今までの授業では、教師は学び方を指定します。一方、『学び合い』では学び方は子どもに任せる一方、何故学ぶのか、何を達成しなければならないかを語ります。今までの授業でほとんどなされていないことを大事にします。だから、多くの教師用図書はknow-howで占められています。一方、私の本では、know-whyに多くの紙面を費やしています。

 アクティブ・ラーニングに関して私は多くの本を書きました。そこで一貫して書いているのは、経済・産業界が「使える人材」を欲しており、教育再生実行会議を通じて、学校現場にレッドカードを出したことを書きました。結果として、小中高が手を出せない大学入試制度という禁じ手に手を出し、学習指導要領に教育方法の指定を書くことを求めたのです。

 英語民間試験の導入に対して変化を嫌う学校現場が反対するのは当然です。これこれがダメだという意見は様々合っても、結局、慣れ親しんだものを捨てることを嫌がるのは人の性ですから。ただ、それに対して文部科学省が毅然とした態度を出し切れず迷走していることが問題です。結局、与党内からもの延期の意見が出るようになりました。これを見ると、次は学校現場ではなく、文部科学省・学校教育制度にレッドカードを出すのは時間の問題のように思います。数年前に、ある方より、人材養成は経済産業省の所轄になり、文部科学省はその下部組織になると言われたとき、腰を抜かしましたが、さもありなんと思うようになりました。経済産業省が所掌するかはわかりませんが、人材養成を学校教育で完結するのではなく就職と一体にならねばならないのは確かです。

 では、経済産業界が文部科学省にレッドカードを出したならどんなことが起こるでしょうか?おそらく、学歴の価値を捨てるでしょう(https://www.businessinsider.jp/post-188929?fbclid=IwAR3XgbzTejcd8rHOkuwxfn0t-aYcAKqFo52jZ6shchWSdyd5ZQ411R4dqcA)。今後、日本の企業も導入するところが増えるでしょう。大卒資格を求めないといっても、大卒を排除するわけではないのですから。ようはフィルタリングの問題です。だったら、フィルタリングを資格とか実務経験で行えばいい。ようは終身雇用でない社会、つまり日本以外の就褥で行っていることを導入すればいい。これを穏やかに行うには、中途採用の割合を上げていく方法が考えられます。

 学歴を信じて進学したが学歴が投資に見合ってないことを知ってしまう若者の苦労に比べれば、民間試験の地域差の問題なんて、小さなもののように思います。

追伸 本当だったら大学が、その学歴に見合ったと経済産業界が判断する能力を与えれば、欧米のように学歴に価値を維持することも出来るでしょう。ところが日本ではそれが不可能です。何故なら、文部科学省が護送船団方式で大学を守ろうとしているからです。卒業生の質を維持するためには、入学者の中で一定数は落第させる必要があります。ところが大学の学部に関して定員を厳格に維持することを文部科学省は求め、それが守れないと予算の大幅な減額がなされます。結果として大学は経営上から落第させられなくなってしまう。結果として、高校段階の学力保証は出来るが、卒業生の質保証が出来ないのです。

[]大地の会 05:38 大地の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大地の会 - 西川純のメモ 大地の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 12月22日に大阪で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://www.facebook.com/events/749986325464796/