西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/08/13(日)

[]理論と方法 22:35 理論と方法 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 理論と方法 - 西川純のメモ 理論と方法 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 理論と方法の違いを身近な例で説明しましょう。

 彼女との関係が上手くいかないときです。

 方法の場合、彼女との会話をどうすべきか、プレゼントはどんなものがいいか、それをアドバイスします。

 理論の場合は、彼女にとって自分が「得」な存在であるかを考えさせます。そのために、彼女の存在がどれほど自分にとって「得」であるかを考えさせます。もしも、これが理解できたら、本人が会話をどうするか、プレゼントをどうするかを「考えよう」とします。

 対処療法と根治療法の違いです。

[]望むこと 22:21 望むこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 望むこと - 西川純のメモ 望むこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私のゼミ生は、理論が、その理論に基づく方法が現象と一致しない場合、徹底的に私と議論します。だって、解決しないと大変だから。私は常に理論に基づき説明します。1つの願いと2つの観で。ちゃんと説明でき、次の方法が見えます。結局、結果を短期で求めすぎ、対処療法に走っている。それでは中長期の展開が見えない。具体的には、卒業後の未来が見えない。

 ということが、卒業したゼミ生に語れる人を養成したいのです。

 つまり、物理の問題を解ける人を養成したい。

[]自然科学 22:10 自然科学 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自然科学 - 西川純のメモ 自然科学 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は『学び合い』を自然科学のようにしたいと思っています。例えば、物理の問題を誰が解いても答えは1つです。人によって答えが変わるわけない。変わったら、前提に基づいて議論すべきです。

 仮に、現象として理論から引き出される方法が適切でないならば、理論にさかのぼって吟味すべきです。が、方法の吟味に行ってします。物理学になっていない。

[]茨城の会 21:49 茨城の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 茨城の会 - 西川純のメモ 茨城の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 8月20日に茨城で講演します。お誘いします。https://dl.dropboxusercontent.com/u/352241/temp/image1.JPG

[]奈良の会 18:58 奈良の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 奈良の会 - 西川純のメモ 奈良の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 8月26日に奈良で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。http://kokucheese.com/event/index/482932/

17/08/12(土)

[]カリスマ 20:22 カリスマ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - カリスマ - 西川純のメモ カリスマ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は先行する教師の研修団体を主導する人のようになりたくない、と、かなり意識的に行動しています。その行動はかなり成功しています。これはかなり成功していると思います。私は『学び合い』を自然科学にしたい。

 しかし、一方、先行する人たちに比べて強力な理論と方法論を出してしまった。あとは、私と同じように強力な理論とそれに基づく方法論を発信してくれる人がいれば、わたしはone of themになれる。

[]変質させない 17:31 変質させない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 変質させない - 西川純のメモ 変質させない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』研究の中で様々なものをそぎ落としました。それは全ての子どもと教師の中長期の幸せを願ったからです。

 そぎ落とす過程で、今の教育との距離が広がってしまいました。もし、今の教師に受け入れやすいということを狙うならば、私が十五年前に言っていたことを再現する方が楽です。実はテクニック本で私がやっていることです。ただし、その際には、「しつこく」何のために『学び合い』があるか、学校観・子ども観を書いています。そうであらねば、あっという間に『学び合い』と縁もゆかりもない話し合い活動になってしまいます。

 同志の皆さん、「それで全ての子どもが幸せになれるか?」と問い直してください。そして、それを『学び合い』の会などで対話によって伝えてください。

追伸 生物学を学んだ方は、『学び合い』の生物学的な根拠を語って欲しいと思います。

17/08/10(木)

[]誤解 21:34 誤解 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誤解 - 西川純のメモ 誤解 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 短い九州滞在でした。

 思うのは、こんな普通のおっさんを過大評価している人がいます。大事にされました。ありがたい。申し訳ない。

 と、思います。よんでいただいている先生方のほうが、すごいのに。

 若いころの認知研究に関して、すごいと思います。だから、多くの学会から賞をもらいました。

 大学の政治に関して、すごいと思います。よき先輩に恵まれたことはもちろんですが、その人たちが求めるベストの制度設計をできたのは、私の「天才的」な才能によるものだと思います。私自身が、自分が天才的だと思うのは、ここです。

 が、こと『学び合い』に関して、最初の一歩の天啓は凄いと思いますが、それ以降の15年間には天才的なもの何もない。あるとしたら、15年間、『学び合い』を学ぼうという人に対して、ずっと誠実だったという一点だと思います。もしかしたら、これが才能なのかもしれません。でも、本当に、普通のおっさんなのです。

[]佐賀井さん 08:44 佐賀井さん - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 佐賀井さん - 西川純のメモ 佐賀井さん - 西川純のメモ のブックマークコメント

 新任1年目の2学期から『学び合い』を始めた佐賀井さんの動画がアップされました。初々しいです。今回の動画では、佐賀井さんをアクティブ・ラーニングに誘った阿部校長先生のインタビューもアップされています。https://find-activelearning.com/set/2465/con/2458

17/08/09(水)

[]セオリー 07:54 セオリー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - セオリー - 西川純のメモ セオリー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は多様性を前提としています。

 多くの教師が、「この方法はいい」と主張します。私は「誰にとって?」と言いたくなる。おそらく「子どもにとって」と言うでしょう。でも、子どもという子どもは一人もいません。例えば、「最初の5分は一人で考えさせて、それから交流する」ということを強いている地域はあります。「何故、最初の5分は一人で考えさせるのですか?」と聞くと、「そうしないと、自分で考えない」とおっしゃります。私は「子どもは多様です。1分で考えられる子もいるし、3分の子もいる。5分の子もいますが、10分の子もいます。いや、そもそも、教師の期待する答えを既に知っている子がいます。この子は何も考えないでしょう。では、何分に設定すべきですか?」と聞くと、黙ってしまいます。一斉指導の考え方では出口のない問題です。

 『学び合い』では5分という時間で強いるのは効果がないし、無駄だと思います。1分で考えられる子どもは4分が無駄です。10分かかる子は自分の考えを持たないでしょう。そして、多くの場合、何も考えない。じゃあどうするか?

 自分で考えることを意味を語るのです。

 一斉指導でこの発想が出来ないのは、そんなことを語っても考えない、と考えているからです。じゃあ、一斉指導と『学び合い』の発想の違いはどこにあるか?それは、想定する子どもです。一斉指導は「やらない子」を想定します。一方、『学び合い』は「やる子」を想定します。その子が「やらない子」を動かすのです。

 方法でコントロールしようとすれば、その方法が合わない子どもがいます。しかし、人によってオーダーメイドの方法を模索すればフィットする可能性は飛躍的に高まります。その結果、『学び合い』の方法は驚異的にシンプルになります。大事なのは集団をどのように動かすかとなります。これは学年、学校段階、教科に依存しません。

 しかし、その先もあります。最終的には私が本で書いたテクニックすらも捨てるべきなのです。私の本よりも丁寧なテクニックが多くの方々が開発しています。それで『学び合い』にソフトランディング出来るならばいいことだと思います。でも、そのテクニックは速やかに捨て去るべきなのです。何故なら、我々は子どもを大人にしている。大人社会にはテクニックを駆使する教師はいません。

 じゃあ、どうするか?それは「他のような人と折り合いを付けて自らの課題を解決することは得だ」ということが理解できる人を増やして、その人に繋げることです。西川ゼミは全てのテクニックを捨てて、それだけでやっています。それが西川ゼミでの『学び合い』実践です。

[]初めの一歩 06:47 初めの一歩 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 初めの一歩 - 西川純のメモ 初めの一歩 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 明日の松浦市での講演のために、本日、松浦市に入ります。

 松浦市には吉田さんがいます。全国的にも数十人しかいない、十年以上の『学び合い』実践者です。その方がおられるから、2017年に佐賀県の教育事務所の方々に『学び合い』の生を見せることが出来ました。おかげで『学び合い』を佐賀で広げることが出来ました。

 吉田さんは生涯一教師で定年を迎えられます。多くの子どもに影響を与えたと思います。でも、他県の佐賀県に吉田さんが影響を与えた子は数万レベルいると思います。凄いことだと思います。

 開拓者は苦労が多い。一方、成せることも多い。

17/08/08(火)

[]まずは 20:01 まずは - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - まずは - 西川純のメモ まずは - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』に関して、耳たこの話があります。

 曰く、教師と子どもとの縦の関係が出来てから、『学び合い』。(縦糸論)

 曰く、子ども同士の人間関係が出来てから、『学び合い』(横糸論)

 曰く、一斉指導が出来てから、『学び合い』。

 正しい。でも、私はそう主張しません。何故なら、そうできない教師がいるからです。上記を言うのは「強者」です。私は一人も見捨てたくない。

 ちゃんと縦糸をつくってからの方がいいに決まっています。だから、私は最初は話術・教材で子どもをねじ伏せます。そして、徐々に『学び合い』にシフトします。だって、楽だから。でも、それが出来ない教師が少なくないことを知っています。

 子どもたちの人間関係が良好な方がいいに決まっています。でも、そうでない状況をどうだかいしますか?それが一斉指導で出来る教師がいますが、出来ない教師もいます。

 一斉指導が、どれほど大変か知っていますか?悪いですが、多くの教師は知っていない。暴走族相手に物理を教えれば分かります。単に、黙って聞いているから授業が成り立っていると誤解しているだけです。そもそも、多様な子どもが満足する授業を一人の教師が成立させるわけない。

 教師と子どもとの縦の関係が出来てから、『学び合い』。(縦糸論)

 子ども同士の人間関係が出来てから、『学び合い』(横糸論)

 一斉指導が出来てから、『学び合い』。

 という人がいると「甘い」と思います。あなたも、暴走族相手に物理を教えたら、と思います。そうすれば、馬鹿馬鹿しさが分かります。