西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/10/21(月)

[]非構成21:48 非構成的 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 非構成的 - 西川純のメモ 非構成的 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 他ゼミのやっていることを観ていると西川ゼミと違うなと思います

 何か問題があったら、いろいろな仕掛けを設けて、解決しようとするのが普通です。でも、西川ゼミ場合は、問題があることを語り、解決することが得であることを語ります。そのため非常に簡単です。私はそれが一番強力だし、大人なる子どもにとって一番大事なことだと思います

 本日、他ゼミ学生からコース長としての私にあることを頼まれました。私は西川ゼミ学生だったら言うことを言いましたが、どうしても私にやってほしいとのこと。普通はそうだよな、と思って、その学生の望みを叶えました。

 西川ゼミ場合ゼミメンバー排除するという方法以外を選択することを許しています。そして、どのような方法解決するかは私に報告なしで決定していいことを伝えています例外は2つです。その決定において予算必要とすることです。決定した後に、「お金ちょうだい」は駄目だと言っています。もう一つは、西川ゼミという看板を掲げて、新たな組織と定常的な関係を結ぶ時です。これは私の承諾を必要としていますしかし、この2つ以外はゼミメンバーが話し合って決めたことに関して私に報告、連絡は不要だと言っています。そして、その決定によって発生する責任は私が負います。この関係性は、西川ゼミに入った当初はドギマギしますが、しばらくしてなれます。ようは自分たち責任を持って判断すればいいだけのことです。

 不遜ですが、おそらく仕えやす指導教員だと思います

 私は大学に勤めてから二十数年間、戸北先生にお仕えしました。本当にいい上司です。私が判断したことを、全面的に認めてくれました。戸北先生が副学長の時です。戸北先生との連絡が取れないが、至急の判断必要とき事務の人は私に連絡します。私は、「戸北先生だったら、○○と判断するよ」と言います。そして、事務の人はその言葉により事を進めます。それで成り立つ、阿吽の呼吸が成り立っていたのです。という関係なので、私は私のしたいことをどんどんやれました。その結果に関して、戸北先生が尻を拭いてくれることに不安がなかったからです。

 だから、自信を持って任せています