西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/10/15(火)

[]準備 21:08 準備 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 準備 - 西川純のメモ 準備 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 還暦になると、退職後のことを考えています

 仕事を終わって家に帰ってくれば、風呂に入って、家内晩酌、そして眠る。朝起きて、朝食、仕事に出発。までは、完全にハッピーです。本当にハッピーです。これが何百万回繰り返してもいい。ようは、8時から19時間までの時間の過ごし方だな。

 でも、この幸せは、家内健康幸せがあるから。守らねばならない。

 ゼミ生、教え子のみなさん。大事ものは何かを間違わないでね。

[]我がこととして 06:28 我がこととして - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 我がこととして - 西川純のメモ 我がこととして - 西川純のメモ のブックマークコメント

 高校教師の時に、事務の方と仲良くなることはとても大事なこととで、お得だということを学びました。それから35年、それを守っています。ただ、例外として1回だけ大げんかをしたことがあります

 今から十年以上前教職大学院の人事に関しての制度設計をしているときです。教職大学院に異動予定の人の一人一人の顔を思いながら、その人たちが教授に昇任できるように制度設計しました。しかし、ある方に関して事務の方が難色を示したのです。私は一歩も引きません。そこで硬直状態になりました。何日も議論をしているとき、ある事務の方が「いいじゃないですか、それはそのうちなるようになります」と一言言ったのです。その瞬間に頭に血がカッっと集まり「ふざけんな、俺は一人一人の人生を背負ってここにいる。そんないい加減な気持ちで人の人生を考えていない。そんなことで決めるならば、俺は手を引く」と怒鳴って席を蹴りました。

 組織人としては誤ったことをしたと思いますしかし、後悔はしていません。その後、管理職が間に入ってことを納めました。事務の方も、私がどんなスタンス物事を考えるかを理解していただき、その後はスムーズに進めました。事務の方も、管下の人を守ろうとする頑固な人は面倒だとは思うかもしれませんが、好ましい人であると思います。思った通りに、教授になるべき人はなって教職大学院を出発できることになりました。

 官僚制度はだれも責任を負わない仕組みです。

 文部行政は、委員会方向性を定め、文部科学省制度を定め、都道府県教育委員会運用を定めます。そして、結果責任を負うのは、それらの決定に関係しない校長と本人なのです。私は決定に関わる人は、人として生身の関係者を思うべきと思います。そうでなければ、人は動かない。