西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/10/10(木)

[]予算 18:11 予算 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 予算 - 西川純のメモ 予算 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の大学院での指導教官は文部省の教科調査官でした。その先生から教えてもらったことです。学習指導要領で、「これこれの実験をすること」と一言書くためには、全国の学校にその実験が出来るだけの機器があるか、なければそれを買えるだけの予算を確保する必要があるのです。本省の役人は、ほんの一言にも慎重であると教えられました。

 働き方改革を推進しようとしていますが、超勤4項目に反する残業が4%以内に収まるとは絶対に文部科学省の担当者は思っていないのでしょう。だから、給特法を廃止するなど、絶対にありえません。

 という結論に、どのような理屈を付けるか、です。

 結局、お金の問題です。

[]必然性 08:33 必然性 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 必然性 - 西川純のメモ 必然性 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昔から英語を上達したければ、英米人の恋人を持てと言われます。日本の英語教育の決定的に欠けている点は、必然性なのです。ITだって必然性です。私が高校時代にヒューレットパッカードの計算機を使ったのは生徒会会計として計算プログラムが必要だったからです。私が大型コンピュータを学んだのは、統計分析のプログラムが必要だったからです。だから、その必然性が無かった学部一年のコンピュータの時間は無意味でした。私がICチップでコンピュータを作り、機械語、アセンブラ、I/Oを学んだのは、コンピュータでヴィデオをコントロールしたいと思ったからです。

 今、政府のやっている英語教育、IT教育には、この必然性が決定的に欠けています。導入しようとする人達は必然性を理解しています。しかし、そのような抽象的な必要論は子どもには通じません。そもそも教師自身が来たるべき時代をイメージできないのですから。

 だから、仕掛けが必要なのです。

 我々は僻地小規模小学校で小学校英語の実践をしました。子ども達に自分たちの地域を発展させるためには、観光客が必要だと言いました。どうしたらいいかを問うと、HPで宣伝したいとなりました。そこで、我々は外国人の観光客を増やすにはどうしたらいいかを問いました。ということで、子ども達は英語のHPを作りました。以降は子ども達に任せました。英語はALTと「日本語」でコミュニケートしながら作ったのです。そのうちALTとの人間関係が出来るとALTとブロークンイングリッシュで話すようになったのです。

 発想が違うでしょ?でも、これは『学び合い』のような個別最適化した教育だから出来ることです(https://amzn.to/2OFNwid)。工業化社会の今の教育では不可能です。

追伸 ALTの子どものためのレジャーマップづくりもしたことがあります。

[]中止・順延 05:43 中止・順延 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 中止・順延 - 西川純のメモ 中止・順延 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生から以下の連絡が来ました。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

西川研究室です。

今週末に第11回越後『学び合い』の会を開催予定

でしたが、台風19号の接近に伴う安全面を考慮した上で、苦渋の決断ではありますが、1日目を中止、2日目を延期という判断をいたしました。

参加予定の皆様には、直前のご連絡になってしまい申し訳ありません。

なお、延期日の日程につきましては、日程が決まり次第、後日連絡をいたします。