西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/10/20(日)

[]糖質制限 21:13 糖質制限 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 糖質制限 - 西川純のメモ 糖質制限 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 血液検査の結果が悪かったので、禁酒を命じられました。これがきつかったので、糖質制限をしました。結果、体重が10kg弱減り、各種数値は安定しました。それ以降、好きだった日本酒、ビールはやめて、焼酎、ウイスキーにしました。穀類、甘いものは極力制限しています。半年もたつと苦痛ではありません。

 これを維持していますが、減りません。あと数kg減らせれば標準体重なのに、と思います。が、毎日、家内と晩酌して、家内の糖質の多くない食事をつまみに、焼酎で飲んで、いいこんころもちになっています。それで、それ以上を望むのは「むさぼり」かなと思います。が、人の欲望は果てしないもの。

  1. [お誘い]静岡

 10月26日で『学び合い』の公開授業があります。主催者は歓迎モードです。お誘いします。http://www.edu.pref.shizuoka.jp/surugasogo-h/home.nsf/SearchHeaderView/028D2B5A2C8BA9B94925846D00299A51/$FILE/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%ABHP%E6%96%87%E6%9B%B8.pdf

[]大事なこと 19:11 大事なこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大事なこと - 西川純のメモ 大事なこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

 帰省した息子が東京に帰りました。家内が夕食の準備です。もう一つの日常が戻りました。

19/10/19(土)

[]働き方改革 21:35 働き方改革 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 働き方改革 - 西川純のメモ 働き方改革 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 働き方改革として変形労働時間制を導入するそうです(https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191018-00000041-jnn-soci&fbclid=IwAR2yv3JussUqMK10PsJG_hPZHTS1ADw-uzUSoBgzJ3FklmhI4kKaYOLnU1k)。ここまでくると大笑いですね。でも、「教師がブラック残業から賢く身を守る方法」(https://amzn.to/2VX0BF6)に書きましたが、都道府県レベルで働き方改革は進んでいます。ただし、軽微修正ぐらいです。

 でも、本丸である部活の社会体育への移行や、肥大化した事務作業を廃止することに手をつけることはしないでしょう。10月30日に発売する「人生100年時代を生き抜く子を育てる! 個別最適化の教育」(https://amzn.to/2pxfHFo)では、現行の法律の中で出来る働き方改革を書きました。実は、本当に個別最適化した教育をやれば働き方改革が進むのです。教師が何もかも一人で抱え込んで、一律の指導をするから教師の負担が多くなりますから。

 とあいえ、本当に権限のある校長が自分の務める2,3年だけ先送りにしたがる人が多いでしょうから。では、どうしたらいいでしょうか?

 『学び合い』の実践者だったら、どうすればいいかは自明です。今の状態でもかなり軽減になっているはずです。とりあえずは「みんなで取り組む『学び合い』入門」(https://amzn.to/35Pfyh6)に従って、隠れキリシタンで実践してください。でも、状況が許されるならば、合同『学び合い』にトライしてください。そうしたら劇的に働き方改革が進みます。その方法は「今すぐ出来る! 全校『学び合い』で実現するカリキュラム・マネジメント」(https://amzn.to/2MYxoWk)に書きました。

 それとお願いがあります。小学校、中学校の教師の方は、広域通信制を積極的に勧めてください。そのために、まずは資料を請求してください。併せて、学費軽減や補助制度を学んでください。読めばわかりますが、胸を張って勧められます。

 私の地域では学年1クラスの中学校や公立高校は少なくありません。ここまで小さくなると授業負担も限られますし、部活自体が成り立ちません。

 想像してください。不登校の子どもが広域通信制高校を選ぶのではなく、個別最適化した教育を受けたいという子どもが広域通信制を選ぶのです。そうなったら、友達に「一緒に入学しよう」と言いませんか?そして、広域通信制がいいことがわかれば、自分の兄弟に勧めます。それは広域通信制の小学校、中学校(正確に言えば1条校ではありませんが)に波及します。そして、広域通信制が16%のキャズムを超えたらパンデミックが起こります。そうなったら工業化社会の学校制度は崩壊し、子どもたちが非正規雇用に流れることから救うことが出来ます。

 そして、高校の先生は教師志望の子どもに変形労働時間制が導入されればどうなるかを教えてください。勤務時間の実態、事務作業量の実態を教えてください。今の都道府県教育委員会は、試験科目の軽減などの小手先の改革で受験生を確保しようとしています。そんな小手先では駄目だと言うことをわからせてください。教員採用率を1倍を切らせればいい。教育力を失った職員室の新規採用者は退職するでしょう。今は教務主任や教頭によってやりくりしていますが、もう一人やめたらどうなりますか?

 今の文部科学省や都道府県教育委員会は改革を出来ません。正確に言えば、改革してはいけないのです。なぜなら、今のステークスホルダーである、子ども、保護者、教師は改革を望んでいないからです。だから、改革を実現するには、現システムの崩壊しかあり得ません。それを早めれば、奈落に落ちる子どもの数を減ずることが出来ます。

追伸 私は「それでも教師」という学生さんに、学校現場で潰れない方法を教えます。

19/10/18(金)

[]情 21:38 情 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 情 - 西川純のメモ 情 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は情の人です。でも、情に流されるとどうなるか、学びました。だから、理で律しています。世の中には理の人がいます。でも、その論理に情がなければ、共感できません。私は苦しんでいる人にあって語れます。その方の苦しみをそく癒やせません。でも、その方に「まし」の道は自信を持って語れます。これが三十年以上前の私に出来なかったことです。

[]鍋島中学校 19:53 鍋島中学校 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 鍋島中学校 - 西川純のメモ 鍋島中学校 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 貞包校長が佐賀市立鍋島中学校に赴任して、『学び合い』文化を広げています。『学び合い』での学校作りを考えている方は参観してはいかがですか?今、発展途上の姿を見られます。貞包校長に連絡を取れば、歓迎してくれますよ。だって、観られることによって美しくなるのは年頃の女性ばかりではなく、男性教師も、そして、なによりも子どもたちも美しくなります。

[]妄想 18:18 妄想 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 妄想 - 西川純のメモ 妄想 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日のゼミで妄想を語りました。そうしたら、ゼミ生が盛り上がってしまいました。つくづく我がゼミに入る学生は面白い奴らだと思いました。以下の36分以降の会話です。https://www.youtube.com/watch?v=eBtIvxysDu0&feature=em-uploademail

19/10/17(木)

[]量刑 21:34 量刑 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 量刑 - 西川純のメモ 量刑 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が高校教師になったとき、先輩教師からは「飲酒運転、公金横領、商品に手を出す(教え子と性関係になる)」以外はクビにならないと教えてもらえました。逆に言えば、この3つは特別罪が重い。

 でも、昨日の酒が残って処分を受ける人は同情の余地があるように私は思います。

 さて、以下は教育村での量刑はどれだけですか?

 司法での量刑はどれだけですか?

 そして、それを黙認していた、校長と、前校長は?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000000-kobenext-soci&fbclid=IwAR2jB2tqq3snxtho8nCD2_OHoz8qRv5rj15S4KYIf1AUm2Lk7GgeO2YUCFk

[]司法 21:15 司法 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 司法 - 西川純のメモ 司法 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 人を殺したり、泥棒をしたら、謝罪したら許されますか?恥じるか否かはどうでもいいのです。やったことに対して償えばいいのです。もちろん罪の程度は司法が決めます。いい加減、教育村のなあなあはやめましょう。黒白は司法が定めればいい。それに耐えられる学校であればいい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000000-kobenext-soci&fbclid=IwAR2jB2tqq3snxtho8nCD2_OHoz8qRv5rj15S4KYIf1AUm2Lk7GgeO2YUCFk

[]神奈川の会 17:14 神奈川の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 神奈川の会 - 西川純のメモ 神奈川の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月10日に神奈川県厚木市で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://www.kokuchpro.com/event/bb7817b8b3ce9515791b3a3ca9cd4e80/?fbclid=IwAR3aaDTOzyt_Yl8WZNK0JkxGd6-rdwmYPWbHnP_fnVJE2GwxKc5m203MkZY

[]経済学 08:54 経済学 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 経済学 - 西川純のメモ 経済学 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実』(https://amzn.to/2oRlzsW)を読みました。お勧めです。とくに20代から40代の方は是非読むべきです。また、私の「アクティブ・ラーニングによるキャリア教育入門」(https://amzn.to/31hNdNb)をお使いの方でしたら、子ども達への副読本としてもいいと思います。愛情・幸せはお金とはイコールではありません。しかし、そのベースになっていることは確かです。

19/10/16(水)

[]苦渋の選択 21:58 苦渋の選択 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 苦渋の選択 - 西川純のメモ 苦渋の選択 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今、長野フォーラムの事務局より、中止の連絡が来ました。苦渋の選択なのでしょう。今までの事務局のご苦労を察するにあまりあります。しかし、周りの人のことを考えての判断だと思います。

[]ファン 19:39 ファン - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ファン - 西川純のメモ ファン - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私はスポーツに関してほとんど関心はありません。ですので、どのチームが勝っても、どの国が勝っても、あまり関心はないのです。今回のラグビーワールドカップもほとんど関心はありません。しかし、ラグビーファンに関心があります。

 私の近くの人が「サッカーや野球のファンがラグビーに流れるのではないか」と言っていました。繰り返しますが、私は何も知りませんが、その私も、そうかもしれないと思いました。

 ファンに、ファンになる。これもありかと思います。

19/10/15(火)

[]準備 21:08 準備 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 準備 - 西川純のメモ 準備 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 還暦になると、退職後のことを考えています。

 仕事を終わって家に帰ってくれば、風呂に入って、家内と晩酌、そして眠る。朝起きて、朝食、仕事に出発。までは、完全にハッピーです。本当にハッピーです。これが何百万回繰り返してもいい。ようは、8時から19時間までの時間の過ごし方だな。

 でも、この幸せは、家内の健康、幸せがあるから。守らねばならない。

 ゼミ生、教え子のみなさん。大事なものは何かを間違わないでね。

[]我がこととして 06:28 我がこととして - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 我がこととして - 西川純のメモ 我がこととして - 西川純のメモ のブックマークコメント

 高校教師の時に、事務の方と仲良くなることはとても大事なこととで、お得だということを学びました。それから35年、それを守っています。ただ、例外として1回だけ大げんかをしたことがあります。

 今から十年以上前に教職大学院の人事に関しての制度設計をしているときです。教職大学院に異動予定の人の一人一人の顔を思いながら、その人たちが教授に昇任できるように制度設計をしました。しかし、ある方に関して事務の方が難色を示したのです。私は一歩も引きません。そこで硬直状態になりました。何日も議論をしているとき、ある事務の方が「いいじゃないですか、それはそのうちなるようになります」と一言言ったのです。その瞬間に頭に血がカッっと集まり「ふざけんな、俺は一人一人の人生を背負ってここにいる。そんないい加減な気持ちで人の人生を考えていない。そんなことで決めるならば、俺は手を引く」と怒鳴って席を蹴りました。

 組織人としては誤ったことをしたと思います。しかし、後悔はしていません。その後、管理職が間に入ってことを納めました。事務の方も、私がどんなスタンスで物事を考えるかを理解していただき、その後はスムーズに進めました。事務の方も、管下の人を守ろうとする頑固な人は面倒だとは思うかもしれませんが、好ましい人であると思います。思った通りに、教授になるべき人はなって教職大学院を出発できることになりました。

 官僚制度はだれも責任を負わない仕組みです。

 文部行政は、委員会が方向性を定め、文部科学省が制度を定め、都道府県教育委員会が運用を定めます。そして、結果責任を負うのは、それらの決定に関係しない校長と本人なのです。私は決定に関わる人は、人として生身の関係者を思うべきと思います。そうでなければ、人は動かない。

19/10/14(月)

[]責任 21:32 責任 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 責任 - 西川純のメモ 責任 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 影響力がある行動には責任が伴います。とても恐ろしいことです。だから、私は最大限、その危険性を避けています。そのためにありとあらゆる本を出し、SNSで発信しています。『学び合い』にフィットしない子ども、保護者に対して様々なフォローをしています。

 私は心配しています。変形労働時間制が実施され、そのために過労死になる人が生まれたら。変形労働時間制の導入は都道府県教育委員会の責任です。しかし、それを可能にしたのは文部科学省であり、委員の人たちです。恐ろしいでしょうね。

http://203.180.246.129/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/079/siryo/__icsFiles/afieldfile/2018/11/13/1411051_4.pdf

 委員の方々は、言いたいことがいっぱいあると思います。

[]宮古島の会 17:00 宮古島の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 宮古島の会 - 西川純のメモ 宮古島の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 12月21日に沖縄宮古島で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/582553/?fbclid=IwAR37w2NeJRMJuyrcr_VepR7G56M3_cwHXmbb08aZCSw-9FUW2k71WiRGxA8

[]久留米の会 16:55 久留米の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 久留米の会 - 西川純のメモ 久留米の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 10月20日に福岡県久留米市で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/580231/?fbclid=IwAR1fqDYWTFKWqsUEwJLGGzHwMjwoa1nsQLE62oeQOQcQXsFBidZe0wSk5PI

19/10/13(日)

[]NCIS 21:41 NCIS - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - NCIS - 西川純のメモ NCIS - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今から38年前、大学院1年の4月、一念発起してマシーンになりました。

 それまで自分の楽しみとしたものを封印しました。小説を読まなくなりました。クラシック音楽に浸ることを封印しました。そして、自らの仕事に資することをしました。例外は、通勤時間の落語です。テレビも朝の朝食と晩酌以外は観ません。映画は出張の途上だけは自らに許しました。あとは、日常の隙間の時間にアマゾンプライムを許しています。

 で、ものすごい時間を費やして「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」を16シーズンを観ました。300作品弱です。素晴らしい。これを無料で視聴できるアマゾンプライムに感謝します。これは「ザ・ホワイトハウス」と同じぐらい感激しました。

追伸 私の一番の楽しみは家内の作った朝食を食べ、家内の作った弁当を食べ、家内と一緒に晩酌をする。それに尽きますよ。

 ということで、金を使いません。

追伸 私は日常生活でお金を使いません。ゼミ生に「西川先生は何にお金を使いますか?」と聞かれました。私はそのゼミ生をじっと見てニヤニヤしていると、「我々の飲み会のご芳志ですね」と正解を言いました。

[]心 19:41 心 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 心 - 西川純のメモ 心 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 台風のため予定された越後の会が中止しました。しかし、予定された公開授業、飲み会はゼミ生だけで行いました。公開授業ではゼミ生が『学び合い』の授業をしました。

 飲み会でニコニコしながら盛り上がっているゼミ生たちを見ていると授業者だったゼミ生が私の横に座り、「今日の授業で直すべきところはどこでしょうか?」と聞きました。どの次元のアドバイスをしたらいいかしばらく考えました。ゼミ生はテクニックレベルのことを聞こうとしていることが感じられたので、一番高次のアドバイスをしました。

 私は「心がこもっていない」と短く言いました。ゼミ生は私の顔をじっと見ていました。いろいろなことを考えたのでしょう。でも、直感で、その場はそれ以上を語りませんでした。かなり厳しいアドバイスですが、それが受け取れるゼミ生だと思ったからです。しばらく考えさせようと思ったのです。

 本日の夕方、その学生のところに行きました。そして、以下のような話をしました。

 私は高校教師の頃からずっとやっていることがあります。それは落語を聞くことです。これは私の恩師の中で最も「凄い授業」をした宮沢先生のアドバイスからです。

 名人上手の技など素人がまねることは出来ません。しかし、それでも学ぶものがあります。それは「声」です。若手・中堅の声は不自然なのです。ところが、名人の声は自然なのです。だから、その人の話に自然に寄りかかれる。でも、名人だけのことではありません。我々は友人の雑談に自然に寄りかかれて、笑えます。何故、名人でない素人の話に寄りかかれるのでしょうか?それは、その人の語っていることはその人の素の話だからです。だから、自然なのです。落語の名人は、数百年前の他人の話を自分の素の話で語れるところが名人が名人たる所以です。

 だから、自分の語る言葉が素になるようにならなければならないのです。『学び合い』は心がもろに出る授業です。素の勝負なのです。そのゼミ生の素は素晴らしいことを知っています。だから、それをそのまま出すべきことを語りました。ゼミ生には以下のように語りました。

 教師は好かれるから、従ってもらえるから語るのではない、言わねばならないことを語り、強いなければならないことを強いなければならない。語った言葉が通じない子どもはいるだろう、露骨にいやな顔をする子どもはいるだろう、でも、必ずわかってくれる子どもはいる。言うべきこと、やるべきことをやりなさい。と。

 次回の授業が楽しみです。

追伸 このレベルのことを精神論ではなく、実証的データで示せるのが、我がゼミの強みです。

19/10/12(土)

[]責任 21:56 責任 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 責任 - 西川純のメモ 責任 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教員のイジメ問題より、校長の人事権を制限する方針だそうです(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000014-kobenext-soci&fbclid=IwAR0NzL8g1BXKIPfv0Dx5ny0YYT1UD7sMI4W4OU0QGGO4hSTeHQYSUxw7BF4)。

 制限した後に、同様な問題が起こったとき、教育長は辞任しませんよね?義務教育課長は辞任しますか?しませんよね。きっと地元の大校長になりますよね。で、人事権のないその学校の校長が責任を負う。

 今回の事例の場合、校長、前校長は逃げられませんよね。まだいいとおもいませんか?

[]動的平衡 19:08 動的平衡 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 動的平衡 - 西川純のメモ 動的平衡 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は今の授業の方法も考え方も劇的に違います。多くの方から、何故、そのことに気づいたのかを聞かれます。私の応えは、子どもたちに教えてもらった、です。解説が必要ですね。

 実証的研究の場合、実験群(つまり、意図的に仕組んだ取り組み)と統制群(従来の取り組み)を設け、両者を比較し、実験群の方が勝っていることをデータで示す方法をとります。ところが西川ゼミでは『学び合い』にシフトする前から、その方法を捨てました。理由は、統制群の子どもたちに申し訳ないからです。だって、実験者である我々は統制群の方が劣った結果になると十分な根拠から予想しているのです。そんなことを子どもに出来なかった。その代わりに、取り組みの当初から時系列で分析し、その変化によって証明する方法論を採りました。つまり、時間を追うごとに子どもたちがよくなっている姿をデータで示すのです。そうすれば全員が実験群になるからです。

 もう一つの特徴があります。我々は「子どもたちは有能である」という子供観によってたっています。従って、こちらで仕組みません。子どもたちには全員達成が大事なことを語り、求めます。方法は彼らに任せたいのです。子どもたちは一人一人多様な方法を採用してトライします。よい結果をもたらしたものは周りの子どもに伝搬します。その中で自ずと、その状況における解決策が生み出されるのです。それは今までの授業とは全く異なっていますが、冷静に考えれば至極当然なことをやっていたのです。

 それが『学び合い』のコアな部分なのです。

 我々は自分たちの限界を知っていた。だから、子どもたちを信じたのです。少なくとも自分たちが考えるより、「まし」なことを生み出すことを信じられた。これが西川ゼミのオリジナリティなのです。

 振り返って、日本の文部行政を考えましょう。文部科学省、都道府県教育委員会、各種委員会の方々は正解を持っているのでしょうか?失礼を承知に申します。残念ながら実証的データによって、その有効性を示したものを寡聞にして知りません。多くは、ナイーブ(素人的)な常識論に基づくものです。典型的なのは少人数学習です。教師対子どもの比率によって成果が変わるという考え方です。残念ながら、その効果を示す学術データを知りません。少なくともかなり一般性の高いデータを知りません。むしろ、それは有効でないというデータは存在しています。

 だったら、解決方法に関して各学校、各教師に任せてはいかがでしょうか?その代わりに結果を評価すればいい。

 今の文部行政では、お上からの指令に従うか否かは厳しく評価しますが、その結果の評価はほとんどなされません。だって、その結果を評価したら、お上の指令が有効でないことがあらわになるからです。ということで、誰も責任を負わない指令が学校、教師に降りてくるのです。一方、改善しようと思わない学校、教師にとってはありがたいです。だって、結果責任を問われないのですから。

 ということで、今までの試みは、ことごとく失敗しています。いや、失敗したこと(逆に言えば成功したこと)は実証的に明らかにされずにいるのです。

[]人事 07:00 人事 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 人事 - 西川純のメモ 人事 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教員のイジメ問題より、校長の人事権を制限する方針だそうです(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000014-kobenext-soci&fbclid=IwAR0NzL8g1BXKIPfv0Dx5ny0YYT1UD7sMI4W4OU0QGGO4hSTeHQYSUxw7BF4)。しかし私は、校長から人事権を取り上げる決定には反対です。もちろん、教諭の希望が尊重されることが前提ですが。今回の問題は、人事制度の問題とは思いません。司法が関わることを嫌がる文化の問題だと思います。保護者との関係も同じですが、司法で黒白を定める文化に移行すべきです。なんで、傷害事件が「いじめ」に矮小化するのか?ニュースでも「いじめ」ではなく傷害とすべきだと思います。

 私は校長に大幅な権限を与えるべきと考えます。そして、それに見合った評価を受けるのです。今から8年前に書いたことです。(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20111230/1325229840

 なんども書きましたが、「個性化」「総合化」「非同時化」「分散化」「適正規模化」「地方分権化」が脱工業化社会のコードであり、工業化社会のコードは「規格化」「分業化」「同時化」「集中化」「極大化」「中央集権化」なのです。地方分権化に移行すべきです。

追伸 工業化社会の人は、上記を書くと「質保証」と言い出します。公的な広域通信制を設ければいいだけのことです。子どもと保護者に選択権を与えるのです。

19/10/11(金)

[]当たり前 10:29 当たり前 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 当たり前 - 西川純のメモ 当たり前 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「ホンマでっか!?TV」に出演後に、ある方から「西川先生、あんな当たり前のことばかり話してはダメだよ」と言われました。しかし、それは褒め言葉だと思っています。だって、その業界の中の一定人数以上が常識と思っていないものは、大抵は正しくないものです。私も研究者の端くれです。受け狙いで、いい加減なことは喋れません。教育の世界では確度が正しいが、一般人の方が知らないことを語るべきと思います。

 教頭先生がもの凄く忙しいことを話したとき、マツコデラックスさんがビックリしたことに、私はビックリしました。そして、「そうだよな~。教師の忙しさは一般の人は知らないよな~」と納得しました。

追伸 もちろん、その業界で全員が知っているものだけを語ったならば陳腐ですよね。バランスです。

19/10/10(木)

[]予算 18:11 予算 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 予算 - 西川純のメモ 予算 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の大学院での指導教官は文部省の教科調査官でした。その先生から教えてもらったことです。学習指導要領で、「これこれの実験をすること」と一言書くためには、全国の学校にその実験が出来るだけの機器があるか、なければそれを買えるだけの予算を確保する必要があるのです。本省の役人は、ほんの一言にも慎重であると教えられました。

 働き方改革を推進しようとしていますが、超勤4項目に反する残業が4%以内に収まるとは絶対に文部科学省の担当者は思っていないのでしょう。だから、給特法を廃止するなど、絶対にありえません。

 という結論に、どのような理屈を付けるか、です。

 結局、お金の問題です。

[]必然性 08:33 必然性 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 必然性 - 西川純のメモ 必然性 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昔から英語を上達したければ、英米人の恋人を持てと言われます。日本の英語教育の決定的に欠けている点は、必然性なのです。ITだって必然性です。私が高校時代にヒューレットパッカードの計算機を使ったのは生徒会会計として計算プログラムが必要だったからです。私が大型コンピュータを学んだのは、統計分析のプログラムが必要だったからです。だから、その必然性が無かった学部一年のコンピュータの時間は無意味でした。私がICチップでコンピュータを作り、機械語、アセンブラ、I/Oを学んだのは、コンピュータでヴィデオをコントロールしたいと思ったからです。

 今、政府のやっている英語教育、IT教育には、この必然性が決定的に欠けています。導入しようとする人達は必然性を理解しています。しかし、そのような抽象的な必要論は子どもには通じません。そもそも教師自身が来たるべき時代をイメージできないのですから。

 だから、仕掛けが必要なのです。

 我々は僻地小規模小学校で小学校英語の実践をしました。子ども達に自分たちの地域を発展させるためには、観光客が必要だと言いました。どうしたらいいかを問うと、HPで宣伝したいとなりました。そこで、我々は外国人の観光客を増やすにはどうしたらいいかを問いました。ということで、子ども達は英語のHPを作りました。以降は子ども達に任せました。英語はALTと「日本語」でコミュニケートしながら作ったのです。そのうちALTとの人間関係が出来るとALTとブロークンイングリッシュで話すようになったのです。

 発想が違うでしょ?でも、これは『学び合い』のような個別最適化した教育だから出来ることです(https://amzn.to/2OFNwid)。工業化社会の今の教育では不可能です。

追伸 ALTの子どものためのレジャーマップづくりもしたことがあります。

[]中止・順延 05:43 中止・順延 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 中止・順延 - 西川純のメモ 中止・順延 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生から以下の連絡が来ました。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

西川研究室です。

今週末に第11回越後『学び合い』の会を開催予定

でしたが、台風19号の接近に伴う安全面を考慮した上で、苦渋の決断ではありますが、1日目を中止、2日目を延期という判断をいたしました。

参加予定の皆様には、直前のご連絡になってしまい申し訳ありません。

なお、延期日の日程につきましては、日程が決まり次第、後日連絡をいたします。

19/10/09(水)

[]いりません 21:30 いりません - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - いりません - 西川純のメモ いりません - 西川純のメモ のブックマークコメント

 文部科学省の働き方改革を見ていると思い出すのは桂米朝さんです。桂米朝の落語に中に、「銭使いが細かくて、丁稚使いが荒い。銭は使えば無くなるが、丁稚は使っても無くならないから」というような丁稚の愚痴がよく出ます。

 荻生田文部科学大臣の就任にあたっての記者会見で、先生方の誇りである4%の手当を守りたいという発言がありました。お気持ちはその通りなのだと思います。私も若い頃(30年以上前)は、「田中角栄首相が中心となって教師の地位向上のために4%の手当をつけた」と先輩教師から教えられ、それを信じていました。

 しかし、署名による結果は(https://www.bengo4.com/c_5/c_1224/c_1652/n_10218/?fbclid=IwAR3JBfqzp_ou78CSUkk-8VC79CU9CeoSAoSmmCABP8oMnE3r41S32-AhRO4)、「そんな誇りはいりません」と教師は求めているのです。そもそも「誇り」が4%になったのは給特法の成立した時点での教師の平均残業時間が根拠です。だから、現在の誇りだったら2割、3割は必要です。

 もちろん、大臣は変形労働時間制によって長時間労働になってはいけないと何度も言っています。しかし、それを導入するかしないかは教育委員会の判断であり、その他の労務管理も教育委員会の判断であると下駄を預けています。つまり、長時間労働になってはいけないとおっしゃっていますが、そうならないようにする責任はとられないのです(もちろん、最終的な法案に、それが盛り込まれていたならば、誤りを喜んで認めます)。

 ということで、文部科学省が何をしようとも、現場は信じていないということです。

追伸 不思議なことがあります。一連の流れに、組合の発言がほとんど聞こえないのが不思議です。

[]ふきこぼし 18:26 ふきこぼし - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ふきこぼし - 西川純のメモ ふきこぼし - 西川純のメモ のブックマークコメント

 還暦の私が初めてコンピュータに接したのは、高校2年です。生徒会の会計だった私はヒューレットパッカードの計算機でプログラミングして会計計算をしました。今と違って、直接四則演算できるわけではありません。アセンブラ的でした。つまり、Aレジスターに数値を入れて、Bレジスターに数値を入れて、両者の和をCレジスターに入れる、のような時代でした。

 学部に入学してフォートランを学び、統計パッケージを学びました。高校時代の計算に比べて圧倒的に楽です。でも、今と違って穿孔機を使ってカードに穴を開けていました。エラーが起こるとパリティチェックをしました。

 大学院ではチップを半田ごてで繋げてコンピュータを作りました。機械語で1+1を入力し2という結果を出したとき嬉しかった。やがてパソコンが一般的になりましたが、プログラミングはカセットテープを使っていました。

 今から考えて馬鹿馬鹿しい。そんな時代でした。このような時代、プログラミングを学びたいと思っても、それを学べるのはごく僅かな子どもだけです。

 振り返って今の時代はどうでしょうか?極めて安価にコンピュータを持てます。高級言語の書籍は揃っています。いや、ワープロや表計算のマクロだったら、実用書レベルで手に入ります。

 こんな時代、将来の日本のプログラミングを背負っていくような子どもは、自分で道を切り開くように思います。そのきっかけがない子どもであったとしても、ちょっとしたきっかけでのめり込むでしょう。私レベルでもそうでしたから。でも、授業でちんたらちんたら教え込まれたら、それもプログラミングのエキスパートでない素人の教師が「はい、エンターを押して下さい」なんていう号令で授業が進められたとしたら地獄です。

 全ての子どもに、一律の教育を課せば、落ちこぼれだけではなくふきこぼしも起こします。

[]これからの日本 10:31 これからの日本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - これからの日本 - 西川純のメモ これからの日本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日はプログラミング教育、小学校英語の必修化に関して否定的なメモを書きました。それに対して、「英語とITスキルの底上げこそ、未来を作る教育だと考えています。この先、ITが衰退する方へ歴史は進んでいくでしょうか?それはあり得ませんよね?であれば、子供達には未来を生きる為の教育を施すべきではないですか?また、英語に関していえば、この先、日本が単独で経済を回していくことが可能だとお思いになられますか?それも無理ですよね。私達の社会は、よりグローバルに、国境を越えて進歩していきます。これは変えられない歴史の流れだと思います。その時代にあって、共通言語である英語を身につけさせないということは、あまりに時代錯誤だと思いますが。」というご意見を賜りました。至極、まっとうなご意見だと思います。そして、私のメモを見た方にも同様なご意見の方も少なくない、いや、多いと思います。

 そこで、改めて説明いたします。長文です。

 

 製品、サービスが普及する過程に関してロジャーズの理論があります。以降、様々な改良を加えられましたが、大凡同じです。

 初期購入者はイノベーター・アリーアダプターです。それがアーリーマジョリティ・レイトマジョリティに広がると一気に市場を独占します。ただ、前者と後者には大きな違いがあります。前者はそれを使うことに苦労は厭いませんが、後者はそれを嫌います。それ故、市場が後者の段階に移行すると、前者に公開し前者がいじくれた部分を隠します。そして、後者にはそれを意識できなくなうようにするのです。これがコモディティ化の一つの側面です。

 私の例で言うと、昔はコンピュータを使いこなすには、機械語、アセンブラ、I/OOSを使いこなさなければなりませんでした。コンピュータを操作して起こる様々な問題を、エンドユーザーが解決しなければなりません。私にとっては楽しみでしたが、一般人には手を出せるものではありません。それがウインドウズの時代になると状況が一気に変わります。ユーザーは機械語、アセンブラ、I/OOSを意識しなくても操作できるようになりました。ところが一般ユーザーに機械語、アセンブラ、I/OOSを意識させないために、裏でもの凄いソフトを構築したのです。結果として、中途半端な専門家である私には太刀打ち出来なくなりました。私の指導教官の小林先生が、「2サイクルの車は修理でけど、4サイクルになったら出来なくなった」とおっしゃっていましたが、同じようなものです。

 何を言いたいかと言えば、現在のITで飯を食っている人の技術は、プログラミング教育の延長上にはないということです。

 文法体系が全く異なるアジア・アフリカにも英語が公用語もしくは準公用語になっている国があります。そのような国には特徴があります。

 第一に、部族語が多岐に分かれ、祖語が公用語になりえない国。

 第二に、学術語に関して母国語が対応せず、高等教育は英語でやらざるをえない。(日本は福沢諭吉他の先人のおかげで、それを乗り越えています)。

 第三は、国内市場が未成熟もしくは小さいため、GDPの中で海外取引が大きい。

 さて、振り返って日本を考えると、第一、第二は当たりませんし、今後も変わりません。第三に関しては、GDPの中に国内市場が占める割合は85%以上です。

 英語教育を推進する方々が思い描く日本の未来はどれほどのものでしょうか?85%から30%に低下する将来を考えているのでしょうか?でも、そうだったら、日本は滅亡するでしょう。そもそもそのような状態になったら小学校英語を必修化しなくても日本人は英語を喋るようになります。例えば発展途上国の物売りの少年は英語を喋ります。

 もちろん、相対的に海外との取引は多くなるでしょう。そして、会社の公用語が英語になる会社も増えるでしょう。しかし、どれほどの割合だと思いますか?それに今後のAIの発達を考えるとき、英語を必要とする人の中で、本人が流暢に話す必要性があるでしょうか?

 私はITや英語の必要性は増大することは認めています。問題は国民全体に強いる必要性があるか?ということです。

 そもそも裾野を広げるといって、インドの10分の1に追いつけると思いますか?どうやっても無理ですよ。母数が大きいのですから。

 じゃあ、どうしたらいいか?

 ポイントはITや英語ではなく、それにプラスアルファするものなのです。それが世界に先駆けて突入する深刻な少子高齢化社会、脱工業化社会における顧客が求めているものは何かというニーズです。そのニーズに応えること、即ち、新たな顧客の創造こそがイノベーションなのです。

 今までにないニーズがどこにあるか分かりません。日本人は多様なアプローチをして、その中で見つけるしかないのです。ところが、国民全員にITや英語を強いれば、そのような尖ったものを見いだす時間がなくなります。なんとなれば時間は有限なのです。あるものに時間を費やせば、他のものに費やすものが減じられます。

 これが私ヴィジョンです。

 多くの人の持っているヴィジョンと私のヴィジョンとの溝を埋めたくて新刊書(https://amzn.to/2VqeLOU)を書いたのです。

[]狐 05:51 狐 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 狐 - 西川純のメモ 狐 - 西川純のメモ のブックマークコメント

窓から外を見たら狐がいた。狸、ウサギ、キジは見たことがあるけれど、生狐は初めて。早起きは三文の得。

19/10/08(火)

[]規格化 21:55 規格化 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 規格化 - 西川純のメモ 規格化 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 皆さんの多くはスマホを使っています。でも、使っている機能はごく一部ですよね。そして、何かわからないことがあると、スマホの得意な人に相談しますし、ショップの店員さんに聞きますよね?では、我々みんながショップの店員さん並みになったら日本は発展しますか?明らかに否です。

 プログラミング教育、小学校英語で、日本人が得意になったら日本は発展しますか?

 私はそう思いません。非常に効率が低いと思います。一人一人がそれぞれの得意を持ち、その能力を共有する方が効率は高いと思います。

 教員もそうです。教員みんながICT・英語が得意になったら日本の教育は発展しますか?

 私はそう思いません。非常に効率が低いと思います。一人一人がそれぞれの得意を持ち、その能力を共有する方が効率は高いと思います。

 でも、Society3.0の人はそう思えない。

 今の改革は専制国家を啓蒙的専制国家にすることによって、民主的な社会と国民を育成しようとしている論理としか思えないのです。

[]バラバラ 21:35 バラバラ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - バラバラ - 西川純のメモ バラバラ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 工業社会は規格化を良しとしています。以下の記事を読みながら「バラバラって駄目なの?」と私は思います。

https://www.sankei.com/life/news/191004/lif1910040037-n1.html?fbclid=IwAR1EpzBDSU0UUn16EiF8AcjuEPUzUCzSoLG-BynFZ9nXHPI2gOmiDgWlvzg

 それぞれの大学が独自なアドミッションポリシーを持つべきだと思うのです。東京大学を合格したが、他の大学に落ちたことを怪しからず、受験生が他大学に進学することが当然になるような多様性があればいいなともいます。

[]東葛の会 21:08 東葛の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 東葛の会 - 西川純のメモ 東葛の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月10日に千葉県柏市で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/582074/?fbclid=IwAR2fEz1afNKWnxqbnDtxsgbIIVWSJNMSjn3W8-VuhYaRa5pAApIx_p5lkgo

[]佐賀の会 08:45 佐賀の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 佐賀の会 - 西川純のメモ 佐賀の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 10月18日に佐賀県唐津市で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/s/event/index/580535/?fbclid=IwAR35DLCLhVcXpNIUhxsfkponRxZtaYa1ZowhNOm-Z_FsVw1lXlNKEoQmKZc

19/10/07(月)

[]和歌山の会 05:39 和歌山の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 和歌山の会 - 西川純のメモ 和歌山の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 10月20日に和歌山で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/s/event/index/577407/

19/10/06(日)

[]大河ドラマ 20:56 大河ドラマ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大河ドラマ - 西川純のメモ 大河ドラマ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大河ドラマの中で、本年は大当たりです。何がいいか?今までの大河ドラマの流れは、「最初は苦労する」、「苦労しながら乗り越えていく」、「乗り越えて絶頂に達成しても幸せでは無い」、「その中で幸せを獲得する」という単純な流れです。結果として、涙を流す場面は、はじめと終わりに集中します。が、今回の大河ドラマはこのサイクルが短い。だから、人のドラマを何度も感じられる。

[]ジョブ型大学 19:34 ジョブ型大学 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ジョブ型大学 - 西川純のメモ ジョブ型大学 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ジョブ型大学はミッションがはっきりしています。養成すべき対象がはっきりしています。医学部、歯学部、薬学部、そして教員養成系学部が代表学部です。

 ようは、どれだけ卒業生をその職業に就職したかポイントです。

 あたりまですよね。

 100人に一人、優れた医者を生み出す医学部と、100人のうち100人の凡庸な医者を生み出す医学部のどちらに国税を費やしますか?

 まあいいです。別な理屈を言うならば、二度と教員採用率のことを文部科学省が言わなければいいのです。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/082/siryo/1420975.htm

[]政治 18:59 政治 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 政治 - 西川純のメモ 政治 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 1970年代にアメリカは膨大な予算を教育に費やしました。その結果、多くのカリキュラム改革が行われました。なぜそんなことが起こったのでしょうか?それはスプートニクショックです。ソ連が人工衛星をあげ、有人飛行をしたからです。これによって、いつソ連からミサイルが来るかもしれないと恐れたアメリカが国防教育法を成立させ、膨大な予算を教育に投資したのです。

 でも、ソ連が人工衛星や有人飛行をしたのはソ連の教育が勝ったからではありません。ドイツの優秀な科学者がベルリンにいて、その多くをソ連が確保したからです。教育の違いではないのです。

 ということはアメリカの科学者の中で欧米の実態を知った人は知っていました。が、それを自らの利害に引き寄せて政治をしたのです。曰く、ソ連の教育に負けない教育をしなければアメリカは滅びる、と。

 今の日本を同じことが起こっているように思います。

 技術の問題では無く、ビジョンの問題なのです。

[]イノベーション 18:41 イノベーション - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - イノベーション - 西川純のメモ イノベーション - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近のゼミで、ゼミ生から「イノベーションとは何か?」と聞かれました。(こんな質問をゼミでしてくるのが西川ゼミです)その学生は技術革新と考えていました。私は、ドラッカーの言葉を引用し、顧客の創造と応えました。

 多くの場合、技術の革新は顧客の創造を生み出しますが、技術革新は顧客の創造とはちがいます。例えば、半導体技術の進歩によって、パソコンが生まれました。パソコンはイノベーションではありません。パソコンによって個人というユーザーを生み出したことがイノベーションなのです。IBMの大型コンピュータの数々の「改良」によって既存のユーザーのニーズに応えました。しかし、そのような技術革新はイノベーションと違います。

 教育でも、その誤解が一般的です。教育での技術革新のほぼすべては改良であり、既存のユーザーのニーズに応えるものです。最も端的なのは電子黒板です。今、どうなりました。改良としても不十分です。ようは今のユーザーは教育委員会であり、教師なのです。

 顧客の創造として、最も有望なのは、子どもであり保護者なのです。

 教師が使い切れなければ動かないICTに未来は、「全く」ありません。だって、多くの教師はそれを使うつもりはありませんから。だって、みなさん、みなさんがiPhoneユーザーだったとき、教育委員会・校長からアンドロイドに変えることを求められて、変えますか?逆に言えば、アンドロイドユーザーに教育委員会・校長がiPhoneに変えることを求めて、変えますか?馬鹿げています。

 クリステンセンのいうように、いまのユーザーを何とかしようとする改革(実際は改良)は絶対に、絶対に、徒労です。しかし、それをクリアーしてもイノベーションではありません。

 今の教育の顧客でない子ども・保護者を顧客とすることがイノベーションです。例えば、住んでいる地域で学校を選べず、教師を選べない子ども・保護者が選べる広域通信制の教育は可能性があります。

 最先端のキラキラしたICTではなく、コモディティ化したスマホを使えばいいのです。

 私にとって自明なことが、なんで多くの人がわからないのか?と思いますが、理由は自明です。すべての子どもに「同じ」基礎学力を与えたいという、至極まっとうな願いなのです。ただ、「同じ」基礎学力の価値を考えていない。

19/10/05(土)

[]優先順序 22:28 優先順序 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 優先順序 - 西川純のメモ 優先順序 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 もし、「教員養成<ICT」ならば、東京工業大学をフラグシップにすればいい。http://www.mext.go.jp/kaigisiryo/2019/05/1416597.htm

[]優先順序 22:04 優先順序 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 優先順序 - 西川純のメモ 優先順序 - 西川純のメモ のブックマークコメント

何事も優先順位があります。

教員養成大学の責務は卒業生を教員にすることか、ICTにつよい人(教員とは限りません)を養成することなのか、どちらだと思いますか?

教員養成のフラッグシップ大学の選定結果を注目してくださいね。文部科学省の考え方がわかります。http://www.mext.go.jp/kaigisiryo/2019/05/1416597.htm

[]日本チーム 21:27 日本チーム - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本チーム - 西川純のメモ 日本チーム - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ずっと気になっていることです。書かない方がいいと思うのですが、やはり書きます。

 日本チームは「日本人のチームですか?」ということです。

 ようは、これを合理化する理屈をいただければ、素直に喜べます。

 ようは国の名前でなく、クラブチームの戦いと、どこがちがうの、と思うのです。

[]Society3.0 20:49 Society3.0 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Society3.0 - 西川純のメモ Society3.0 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 中央教育審議会において現場の率直な声が語られました。https://www.kyobun.co.jp/news/20191004_04/?fbclid=IwAR0u_NirHNnwKGtLlBq1T_86BcgG-JSVTfkeWUHdsfp_Mm-DyO1gwPTIKAk非常に小気味がいい。でも、私に違和感を持つのは西橋校長の「英語民間試験の問題がいつまでもごちゃごちゃしているのは、制度を設計したときに想像力が不足していたからではないか。例えば、離島の生徒は受験するのに2泊3日が必要になる。悪天候だったら、さらに時間と費用が必要になる。そういう想像力が必要だ」という発言です。

 私は「だったら離島の生徒は英語民間試験を受けなければいいだけのことでしょ」と思うのです。残念ながら離島の生徒は英語民間試験でなくとも不理です。それを持ち出すのはなぜなのかわからないのです。それに英語民間試験にフィットする子どもの不利益を私は想像します。

 慌てて申しますが西橋校長のお気持ちはよくわかります。ただ、工業化社会の規格化・同時化の発想です。

 大学入試改革も働き方改革も、様々なご意見のほぼすべてが工業化社会の論理です。

 Society5.0の世界ならば、学校ごとに勤務の仕方が変わります。変形労働時間制をとる学校もあるでしょう。半年ぐらいの時間をかけて交渉をするのです。労働者である教員は自分を売り込むのです。校長も売り込むのです。そこでの動的平衡が労働時間です。

 おそらく、普通の校長には悪夢でしょう。でも、個別最適化した世界ではそれが出来ない人は管理職なら無ければいいのです。安心してください。広域通信制の社会だったら、一人の校長が1020の管理職なります。なんとなれば、民間がすでにやっていることです。

追伸 Society3.0の方には、わからないことですよね。やり方の問題ではないのです。考え方の枠組みの問題です。

追伸2 今思いました。私の所属している上越教育大学教職大学院の教科教育・学級経営コースでは、上記の校長がやっていることを普通にやっています。これで運営すれば、細かいことは管下の職員(私の場合ゼミ生)は全部やってくれます。つらいことも多いですが、給料もらっているのですから当たり前。『学び合い』で学校運営している校長だったら、わかるよね。

19/10/04(金)

[]キーパーソン 21:48 キーパーソン - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - キーパーソン - 西川純のメモ キーパーソン - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日は晩酌後です。ということで、いつもと違ったことを書きます。

 年長のゼミ生、ゼミ卒業・修了生に言うことです。仕事は人で選べ。と。ちゃんとした人ならば、中長期で帳尻あわせをします。でも、一番楽なのは短期でお金で解決することです。いままで信頼に足る人は、これをやり続けた人です。私も、その戦略で生きています。

 で、今まで書かなかったこと。

 幸いに、私は3つの出版社に3人の尊敬できる、有能な編集者とつながっています。その方々を信頼しています。どれだけ信頼しているかと言えば、ゼミ生レベルです。つまり、ゴーストライターにしてもいいのです。はっきり言って、初稿を送ったら、あとはお任せしてもいい。それぐらい『学び合い』を理解している人です。

 なんて、幸福な状態なのだろうか。

[]大学院説明会 10:43 大学院説明会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学院説明会 - 西川純のメモ 大学院説明会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 色々な地域の教員採用試験の結果が出ています。残念ながら不合格だった方は気を落とされているかもしれません。しかし、不合格だったことを、良かったと思える未来を創ることは出来ます。前に書きましたが、私は教員採用試験の申し込み日時を間違えたために1年を棒に振るという大ポカをしました。しかし、その時間を無駄にしたくなかったので、学術論文を書きまくりました。結果として学会誌論文3報、Science Educationという海外雑誌に1報の業績を上げました。それ故に、大学教師になったのです。つまり、大ポカをしていないならば、今の私はなかったかもしれなかったのです。

 昨年採用された教師の中で、連休前に辞めた人は少なくありません。何故でしょうか?多忙な職員室は教育力を失っています。その中で新人教員が先輩教師に守られていなければ潰れてしまいます。

 若い教師は失敗します。それも何度も、何度も。これは避けられない。その度に、周りの先輩教師が渋い顔で「困るのよね~」と言ったら、「私は教師に向いていない。私がいると周りの人に迷惑がかかる」と思ってしまうのは当然です。一方、「あははは。そんなに落ち込まなくてもいいのよ。私だって何度も失敗している。いっしょにやろう」と言ってもらえれば踏ん張れます。

 つまり、どこがポイントかと言えば、年長の人に可愛がられるか、否かなのです。

 私の所属している上越教育大学教職大学院の教科教育・学級経営実践コースは、そこを育てることを意図しているコースなのです。設置の段階で、文部科学省からは現職教員用の講義と学卒院生用の講義を分けるように指導されました。しかし、我々は説明して特別に許してもらったのです。本学教職大学院は現職院生と学卒院生が共に学び演習します。実習も一緒です。ただし、学部の実習のように指導教諭と学生という関係ではなく、先輩・後輩の関係です。

 このような教育を実現するために、教科教育・学級経営実践コースのスタッフは全員、小中高の教職経験があり、かつ、学術研究の業績を持っています。このような大学教員は非常に希ですが、それで全員固めています。

 採用されて辞めたら、再度、その都道府県に採用されることは困難になります。合格することも大事なのですが、辞めないことも同じように大事なのです。だから、本コースには合格しているのにかかわらず、名簿登載期間の延長を使って大学院に進学する学生は多いです。働いていたらもらえる給料、学費を考えれば遺失利益は少なくありません。しかし、それだけの価値があると思うから進学するのです。

 10月11日、12日に東京で大学院説明会があります。お誘いします。https://www.juen.ac.jp/060admissions/010graduate/010soudankai/2019.html

19/10/03(木)

[]アドバンテージ 22:15 アドバンテージ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - アドバンテージ - 西川純のメモ アドバンテージ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 高校教育に関わる方に問います。広域通信制高校に比べて現在の普通科高校が勝る点がありますか?もちろん、あなた個人ではありません。職員集団としての教育としてです。そして、『学び合い』ではなく、従来型授業という前提です。

 まず、授業です。基本的に今の授業は一方向です。双方向が成立しても、ごく一部の時間、教師の選択したごく一部の人です。

 授業の質です。広域通信制は、かなりの授業力がある教師が、チームで構成した授業です。今の高校教育で、それを超えるだけの授業力のある教師が、どれほどいますか?仮に、広域通信制の動画レベル、つまり、経験値の高い教師がチームでの教材を作成したレベルの授業をしたとして、でも、広域通信制の方が勝ります。なぜかと言えば、動画の場合は、わからないとき止められます。そして、遡って聞き直せます。これは今の授業では無理です。

 生の人との関わりに関してです。

 クラスの人との中で関わっている人って、どれだけですか?まあ、よく関わっている人は5人ぐらいでしょう。1年間同級生で一言も話したことが無い人が半数でないですか?だったら、ネット上でつながった方がいいと思いませんか?もしくは、生のつながりのある5人ぐらいが広域通信制に進学し、地域の公民館で学び合った方がいいと思います。

 部活のような生のつながりは素晴らしい。でも、その恩沢に浴せるのはどれけですか?

 みなさんが教えたこともが、どんなところに就職したか、知っていますか?

 反論できる、エビデンスのある方はあるでしょう。深々と礼です。

 しかし、今の高校教育は広域通信制に勝るものを、一般的な高校はありますか?

 と、問います。

失礼な物言いをお詫びします。が、子どもの未来を心配している、みなさんの気持ちと同じなのです。

[]広域通信制 17:31 広域通信制 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 広域通信制 - 西川純のメモ 広域通信制 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 中学校2年以前(小学校も含む)のお子さんを育てている保護者の方、中学校の先生方は「絶対」に広域通信制高校の資料を取り寄せ読んで下さい。N高等学校、トライ式高等学院等がありますが、その他にも様々な学校があります。読めば分かりますが、現在の広域通信制は不登校の子どもの受け皿という役割を超えています。

 大凡のイメージとするならば、地方都市だったら地域の3番手以降の普通科高校だったら広域通信制高校の方が賢い選択肢です。残念ながら、普通科高校は就職サポートが弱い。そして、進学先は就職に繋がらない大学しかないのが現実です。これを読んでいる方には3番手以降の普通科高校にお勤めの方も少なくないでしょう。ご不快かもしれませんが、現実は上記の通りの学校が多いことはご存じだと思います。

 友達同士が広域通信制高校に進学し、地域の公民館でわいわいと学び合いながら学ぶ姿をイメージします。おそらく現状の全日制よりいい。

 資料を取り寄せて読んで下さい。私の書いていることが分かります。

追伸 高校の先生方も取り寄せてお読み下さい。そして、これから起こることを考えて欲しい。

[]キャリア・アンカー 14:45 キャリア・アンカー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - キャリア・アンカー - 西川純のメモ キャリア・アンカー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 エドガー・シャインによれば、「出世したい」、「専門家になりたい」、「安定したい」、「起業したい」、「自分で決めたい」、「世の中に役に立ちたい」、「挑戦したい」、「生活を大事にしたい」の8つの強さによって仕事が決まるとしています。

 しかし、私はそう思いません。特に圧倒的大多数の人にとって仕事を決めるのは、「どれだけ稼ぎたいか」、「結婚したいか」、「子どもを持ちたいか」、「地元に住みたいか」によって決まると思っています。現状のキャリア教育ではここが抜け落ちています。

 アクティブ・ラーニングによるキャリア教育入門(https://amzn.to/2pAKGAv)では、そこを中心にしています。

19/10/01(火)

[]動画 21:21 動画 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 動画 - 西川純のメモ 動画 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 西川ゼミの動画、再開です。ゲタゲタ笑いながらいるゼミの様子をご覧ください。https://www.youtube.com/user/TheNishikawalab/videos

[]飛び込み授業 19:30 飛び込み授業 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 飛び込み授業 - 西川純のメモ 飛び込み授業 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 西川ゼミでは「飛び込み授業」をやっています。一番手のかかる子どもたちを2時間預けていただければ、魔法のように変えます。学級崩壊のクラス、大歓迎です。授業後の授業検討会での質問に答えます。これは現職院生ばかりでは無く、学卒院生、学部学生もやります。料金は二人分の旅費(宿泊が生じる場合は宿泊費を含む)でお受けします。

 こんな魔法を得たいならば、西川ゼミに入ってください。ただし、上記の飛び込み授業程度でしたら、3ヶ月ぐらいで出来るようになります。私が本に書いてあることを「額面通り」やればいいだけのことです。西川ゼミで学べる最大のものは、今後の社会・教育へのヴィジョンです。実際、ゼミでのゼミ生との話題の過半数はそれです。『学び合い』の教え方の質問はほとんどありません。だって本に書いてありますから。

[] STEM教育 14:56  STEM教育 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク -  STEM教育 - 西川純のメモ  STEM教育 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は理系人間ですが、STEM教育がもてはやされるのが理解出来ません。だって、一部の天才レベルを除外すれば、もっとも人工知能に乗っ取られやすい分野です。従って、STEM教育を受けた人材の多くは、もっともコモディティ化しやすい人材で、失業・低賃金に陥りやすい。せめて哲学、歴史学、美術などとリンクさせないと。

追伸 ただし、規格化したカリキュラムであったなら、上記は所詮、工業化社会レベルですが。

[]ヴィジョン 14:49 ヴィジョン - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ヴィジョン - 西川純のメモ ヴィジョン - 西川純のメモ のブックマークコメント

 各省のSociety5.0の文章を読んで感じるのは、ヴィジョンがないことです。ここで言うヴィジョンとは、どのような国にしたいか、別な言葉で言えば、何が人の幸福かという答えなのです。人の情緒的な琴線を動かす言葉なのです。だから、AIやロボットやドローンなどの技術的進歩が前面に書かれている。

 『学び合い』にはヴィジョンがあります。多様な人と折り合いを付けて自らの課題を解決する人達によって、一人も見捨てられない社会の実現です。