西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/09/18(水)

[]ストーリー 21:38 ストーリー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ストーリー - 西川純のメモ ストーリー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 海外の名門大学に合格するにはストーリーとエビデンスが必要なのです。勉強の出来る子どもより、大学の価値を高められる子どもをとりたい。

 偏差値が価値の日本とは全く違います。

 この違いは、緊急提言eポートフォリオ構築法(https://amzn.to/2Av53RC)に書きましたが、ま、わからない。それが日本のエリート校の限界なのです。

[]イノベーション 18:28 イノベーション - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - イノベーション - 西川純のメモ イノベーション - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は今後に起こるだろうと思っていることがあります。まあ、多くの人にはバカげた予想だと思いますが。

 それは、本当のトップの子どもが東京大学、京都大学を捨てて、海外のトップ校に進学することです。国内市場が縮小する日本の国内企業に拘るより、外資系企業の方がトップの子どもが活躍できる。また、国内企業だったら、東京大学や京都大学より海外のトップ校の人材を選択する企業の方が可能性がある。

 ということを分かる子どもが生まれます。いや、既に生まれていますが、それが増えるのです。ところが、灘、ラサールもそのような大学に進学するノウハウはありません。だから、トップの子どもは灘、ラサールを捨てて、広域通信制高校に進学します。広域通信制の特例を最大限に活かし、海外進学のノウハウを持つコンサルタントの指導を受けることを考えていました。

 しかし、今年の4月から、それに近い学校が生まれていることを知りました。

https://infinity-gakuin.org/?fbclid=IwAR2NEZFi4AxgDocu_qatnMLAEhlszzHOXzH9VsW8io0soxE6c6cjPKjnTuw

 ま、論理的に考えれば導かれる結論です。だから、当然と言えば、当然でしょう。

 これからの激変が楽しみです。クリステンセンの言う新市場型破壊的イノベーションでしょう。