西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/09/15(日)

[]改良と改革 22:06 改良と改革 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 改良と改革 - 西川純のメモ 改良と改革 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 全国の附属学校に参加した一般校の教師の反応は、「すごいけど、自分学校では無理ね。附属の学校から出来ること」です。でしょ。この言明は、「なるほど、いいけど、私には無理」ということで改良です。全国の附属で、「それはないでしょ」という感想を持って帰る研究発表がどれほどあるでしょうか?附属学校以外の成果発表も同じ。

[]改良と改革 21:43 改良と改革 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 改良と改革 - 西川純のメモ 改良と改革 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 現状の延長上で出口があると思う人が普通だろうな。改良と、改革の違いは、既存の人が「なるほど」と思うのが改良、既存の人が「それはないでしょ」と思うのが改革。ま、ほっときゃ、結果が示します。クリステンセン、W・チャン・キムムーアの本を読んでほしいな。

[]メジャーニッチ 20:50 メジャー対ニッチ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - メジャー対ニッチ - 西川純のメモ メジャー対ニッチ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 この一ヶ月、電子決Pay Payのサービスを使おうとしています。でも、一ヶ月かかっています理由は、ソフトバンクヤフーグローバルを狙う企業からです。基本的電話応対を縮小し、典型的問題解決パターン化して対応しています。それに対応できない人は切ればいいのです。

 この数日の不毛電話応対を経験している私にとって、私の代わりにPay Payの一連の登録をやってくれる業者がいたら、5000円から10000円を払います

 私は電化製品を購入する場合ヤマダ電機のある方を指名しています理由は、とにかく対応して、誠実だからです。はっきり言って、価格が1.2倍であっても、その方に頼みます

 AIは今までの仕事を多くを奪いますしかし、上記の方の仕事は奪いません。だって、私特有の「愚痴」を聞いて提案することは、ビックデータに基づくAIはできませんから

 ということで、AI未来に私は不安がありません。でも、価格勝負コモディティ化した知識サービス製品勝負する人には出口はないでしょうね。