西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/08/25(日)

[]職能 22:04 職能 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 職能 - 西川純のメモ 職能 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私のゼミには多くの学生が所属を希望します。でも、私のようになりたいと思いません。

 私のゼミに所属する人は、第一に確信犯です。自らの実践で本物だとわかった人、本を読み納得し、受験前に面談する人です。

 第二は、入学後に西川ゼミの雰囲気、また、訳のわからないことを言っている私を良しとしている人です。

 でも、全員、私が持っている人的ネットワークの広がりを知りません。その価値もわかりません。それを利用すれば、どれほどの価値があるかわかりません。様々な『学び合い』の会に参加し、多種多様な人と繋がることの価値がわかりません。

 でも、我がゼミでもそうなれば、多くの教師には意味不明なのだと思います。

[]ミスマッチ 21:10 ミスマッチ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ミスマッチ - 西川純のメモ ミスマッチ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今、広域通信制高校が攻勢に出ています。トライ式高等学院も本格的に宣伝しました。その関係で、教師を大量採用しています。広域通信制ならば部活指導等に伴うブラック残業もありません。今の学校に幻滅した人が応募しています。しかし、広域通信制の教育を理解せずに応募すると、大変なことが起こります。

 今の教師、また、教師志望者の考える教師の職能は広域通信制ではほとんど不要なのです。いわゆる授業はネット動画等で行います。そのネット動画の授業者として選ばれる人は、ごく一部の名人レベルの人だけです。多くの人の授業力だったら、名人レベルの人の授業動画の方が遙かに上回っています。では教科指導力が教師の職能と思っている人はN高校での仕事は何でしょうか?それは膨大なレポートの丸付けなのです。N高校は3ヶ月ごとに入学・卒業時期があります。つまり、始終、レポートがあるのです。

 でも、教師や教師志望者は子供と直接の関わりを求めています。だから不満を持ちます。そして脱落します。きっと騙されたと思うでしょう。しかし、きつい言い方ですが、リサーチが足りないのです。

 子どもと直接関わる担任を担う人がいます。さて、その人の仕事は何で、どんな能力が必要でしょうか?

 それは子どもたちのモチベーションを維持・高められる人です。さらに、子どもたちが個別最適化した進路を実現するためのネットワークを持つ人です。

 子どもたちのモチベーションを維持・高められる人はいます。でも、普通の人は無理です。でも、『学び合い』実践者ならばOKです。子どもたちが維持・高めてくれます。

 子どもたちが個別最適化進路を実現する人は、残念ながら西川ゼミでも多くはありません。何度も言いますが、わからない学生はわからないのです。とりあえず授業できれば満足しています。しかし、一部はいます。『学び合い』のネットワークは多様で多数なネットワークです。それに繋がればいいのです。

 いずれにせよ、以上のことがわからない人は、広域通信制に就職したら、丸付けの仕事しかありません。

[]ゼミ開放日 14:52 ゼミ開放日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ゼミ開放日 - 西川純のメモ ゼミ開放日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 9月のゼミ開放日は12日、13日です。12日の午前に新潟市(上越ではありません)の小学校『学び合い』を参観し、上越教育大学に移動して懇談です。夜は懇親会。希望される方は13日の午前に懇談します。午後までいられたならば、西川ゼミの学年ゼミに参加できます。希望者は私に電子メールして下さい。

[]先進校 08:36 先進校 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 先進校 - 西川純のメモ 先進校 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が顧問を務めています、アクティブ・ラーニング協会の「Find!アクティブラーナー 学校導入版」を導入した学校が1000校を超えました。(https://find-activelearning.com/pub/index 900校となっていますが、すでに1000校を超えています)内訳は公立700校 私立300校 校種では高校が500校を超えています。これは凄いことです。日本の高校の1割は導入しているのです。逆に言えば、これを導入していない高校は、「先進的な授業研究をしている」と言えないレベルになっています。

 内容は『学び合い』に限らず、ありとあらゆるアクティブ・ラーニングを学べます。学校の研修の一環として利用している学校が増えています。問い合わせをして、導入を検討することを薦めます。