西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/07/31(水)

[]いつまでも 21:48 いつまでも - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - いつまでも - 西川純のメモ いつまでも - 西川純のメモ のブックマークコメント

本日の教員免許更新講習に十数年前のゼミ生がいました。いい顔しています。つまり、おっさん顔になっています。1時間目と2時間目にあったとき「変わってないだろ」と言ったら、彼はテレビでの先生は違っていた、と言ったのです。だから、あれはテレビ用といって笑いました。あははは。基本的に、私は自分に課すルールがあります。第一は、マイクを使わず、地声語ること。第二は、時間をオーバーしないこと。それを満たした後の語りは同じです。

[]いままで 21:21 いままで - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - いままで - 西川純のメモ いままで - 西川純のメモ のブックマークコメント

 生まれてから中2までは変な子どもでした。中3から大学4年まで屑でした。高校3年の1年間は受験勉強に集中していましたが、定期的に銀座と池袋に飲みに行っていました。大学院1年に一念発起して、自分をマシンにしました。それまでの娯楽を全て捨てて、研究に集中しました。それ以降、マシンです。

 ただし、結婚してからは、家族との時間は大事にして、それ以外をマシンにしました。

 今年は還暦です。

 8月2日に呑みたい人集まれで、集まる人がいることに感激です。

 明後日は楽しみたい。マシンの隙間です。

[]伝え方 20:08 伝え方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 伝え方 - 西川純のメモ 伝え方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 校内研修等で『学び合い』を伝える機会があるかもしれません。どうしたらいいかのアドバイスです。

 本当は校内の人に気づかれない方がいいです。いらざる軋轢を生じるからです。気づかれなくても、興味を持つ人がいます。その人に伝えればいいのです。ま、隠れキリシタンのようなものです。

 でも、ある程度知られて、伝えなければならないときのポイントは、『学び合い』に反対するような人を刺激しないことです。『学び合い』を「主体的で対話的な授業の一つ」という位置づけにすることです。つまり、いろいろあるものの一つであることを強調するのです。そして、反対する人が変わらなくてもいいことを分かってもらうことです。

 反対する人が嫌がる点は、第一に「授業の大部分を子どもに任せる」、第二に「教科内容の最後のまとめをしない」の二つです。しかし、週イチレベルでそういうことがあっても気にしません。だから、週イチレベルでもいいことを伝えましょう。

 次に、中間層の人たちには、『学び合い』の良さを伝えるのです。子どもの姿で。あまり理屈はいりません。あまり理屈を言うこと、否定されたように感じます。

 「みんなで取り組む『学び合い』入門」(https://amzn.to/2KsI12H)を読むことを勧めます。先人が踏んでしまった地雷を踏まえて、地雷を避ける方法が書いてあります。

[]和歌山の会 12:29 和歌山の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 和歌山の会 - 西川純のメモ 和歌山の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 8月25日に和歌山で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/s/event/index/573744/