西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/07/21(日)

[]素 21:42 素 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 素 - 西川純のメモ 素 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は学生時代、屑みたいな学生でした。ひげは生やす指輪ははめる、大学ブランドもんの服を着まくりました。そのかっこで、幌付きのジープ教育実習先の筑波大学附属高校で実習を受けました。今考えると、笑えます。と、同時に、よくも許してくれたなと思います。だから学生バカは全て許せます

 今は、かっこは普通です。私のSNSでの発言はかなり過激です。学内政治でもかなり押しが強い。だから、かっこうはとても普通にしています

 みなさん、落語家の中でひげを生やした人が無いのは何故か知っていますか?

 落語家は、女性にも、子どもにもなります。その際に、ひげを生やしているとイメージ障害になるからです。だから落語家は「素」になるのです。

 私を知る多くの人にとっては文字を通しての私でしょう。しかし、講演を聞いた方ならば、ニコニコ面白い話をしているおっさんでしょう(最後は重くなりますが)。しかし、直に私に接する人は「めんどくさい、心配性のおっさん」でしょう。そして頻繁に接するゼミ生にとっては「頭のいい中学生」でしょう。その全てが私かもしれません。それらを成り立たせるためには、私の姿はできるだけ「素」になろうとしています

追伸 でも、私の本性は家に帰ったから、家内と過ごす私です。ま、普通おっさんです。

[]ギャップ 21:18 ギャップ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ギャップ - 西川純のメモ ギャップ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私がイメージしているものと、世の中が良しとしているものギャップが多くなっている。私自身は納得し、現状に受け入れられる記事や本を書いている。でも、現状の教育の中で地獄にたたき込まれ子どものことが分かっているので、辛い。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000137940.html

追伸 私の判断基準は、職を失い、生活に困る子どものことを思っています。私が25歳で初めて教師になり、私を教師と認めてくれたけど、私が何も出来なかった子どもたちです。抽象的な「子ども」ではなく、常に、私の判断基準は、あの子たちに対して私はどうあるべきかです。33年たっても、そこです。