西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/06/23(日)

[]評価 22:19 評価 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 評価 - 西川純のメモ 評価 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の頭の中は個別最適化を当然としています。だから、評価はしません。

 西川ゼミの目標は「自分の心に響き、多くの人の心に響く教育研究を通して、自らを高め、一人も見捨てない教育・社会を実現する」であると語ります。しかし、それをどう捉えるかはゼミ生の自由です。従って、ゼミ生の目標の設定は自分自身でやります。そして、その評価は自分でやります。

 一見、ビックリするかもしれません。だって、課題を教師がつくらず、評価もしないのですから。でも、受験を考えてください。志望校を決めるのは当人であるべきだと思いませんか?そして、志望校に入れるかどうかを、模試の結果から読み取り、自分が選んで使っている問題集の進みぐあいで判断するのは当人であるべきだと思いませんか?

 自明だと思います。

 工業化社会のコードに支配されている学校教育での『学び合い』の入門でやるべきだと私が書いていることを、西川ゼミでは全くしていません。そして、現状があまりにも自然で当然だから、私に言われるまでゼミ生はそれを気づきません。

 もちろん、私は何もしているわけではありません。しかし、入門書で書いているような可視化は使いません。主に、実証的データに基づく未来社会のヴィジョンを語ります。そして、それが彼らが直近で抱えている問題を解決することを示します。

[]脱工業化社会の教育 21:44 脱工業化社会の教育 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 脱工業化社会の教育 - 西川純のメモ 脱工業化社会の教育 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 これからの教育を書いている本は増えています。読んでいて楽しいし、得るものは多い。しかし、私には不満があるのです。

 第一に、工業化社会のコードに則っている。

 なんども書きましたが、「個性化」「総合化」「非同時化」「分散化」「適正規模化」「地方分権化」が脱工業化社会のコードであり、工業化社会のコードは「規格化」「分業化」「同時化」「集中化」「極大化」「中央集権化」なのです。

 第二に、一部エリートのみに成り立つ教育である点です。

 両方とも「それって、全ての子どもに成り立つの?」と問えば無理があることが自明です。

 第三に、実証的データに基礎づけられていない。「そうあるべきだ」と思う気持ちは共感できます。しかし、実際は違うことはあります。例えば、少人数にすれば教育はよくなるという考えもその一つです。それが誤りであることは、僻地、小規模校が示しています。それにクラスサイズを5人ぐらいに減らせば、変化はあるかもしれませんが、35人を30人にして、25人にしても変わりません。

 私の頭の中にある個別最適化された教育を分かるのは難しいのでしょう。ある方とのメールのやりとりで再認識しました。しかし、その姿はごく自然です。なんとなれば、上越教育大学の教職大学院の教科教育・学級経営実践コースの西川ゼミでそれをやっていますから。ゼミ生は、自分たちが浸っている環境が自然すぎるため、それが他と違うことを忘れてしまいます。