西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/06/18(火)

[]多くの人の未来 21:33 多くの人の未来 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 多くの人の未来 - 西川純のメモ 多くの人の未来 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 文部科学省は一部エリートの養成のための施策をやっています。でもね、殆どの人はそうはなれない。https://blog.tinect.jp/?p=60537&fbclid=IwAR0boSla6L6iBkbqyA2zS1XssKwTAx90bo2u2ZBjyL6ZmcA43mRwqwsvilc

 さて、この現状をどう乗り越えたらいいだろうか?

 みなさん、どうしたらいいですか?

 『学び合い』のセオリーだったら自明です。能力は個人ではなく集団で考えればいいのです。

 クラスで一人ぐらいの子どもが従業員20名ぐらいの企業を起業し、数千人レベルのニッチなニーズに応えるサービスと製品を供給すればいい。その企業が潰れたら、別な小企業を起業する企業に吸収されればいい。

 私にはリアルに、それが見えるのです。

 だって、『学び合い』における子どもの様子をみていると、キラリとしている言動はごく希です。でも、誰か一人でもキラリとした発想をすると、それを磨く普通の子どもたちが多いことを知っています。

 あの、子どもたちの姿をみていないと分からんだろうな~

[]超正常 21:33 超正常 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 超正常 - 西川純のメモ 超正常 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 超正常という言葉が生物学ではあります。

 同種の生存競争では有効だけど、全体としての生存競争には無効なものです。例えば、サーベルタイガーの牙が代表的です。

 私は、暗記中心の受験競争の中での子どもたちを思います。

 受験戦争に勝つのは、相対的にものすごく楽です。だって、参考書や問題集が整備されている。ようは「やれば」いいのです。問題は、やり続けるか否かです。でも、大学を卒業してからの世界は違います。

 受験勝者の東京大学出身者はそれを理解しているはずです。同級生の末路を。

 これからの時代、個別最適化されねば、多くの子どもは救われない。