西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/05/09(木)

[]今年はうまくいかない 13:53 今年はうまくいかない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 今年はうまくいかない - 西川純のメモ 今年はうまくいかない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、昨年度は『学び合い』がうまくいったのに、本年度はうまくいかないと悩んでいる方と話し合いました。この場合、昨年度と本年度で教えている子どもが違う場合、理由はほぼ一つです。多くの人は、子どもの違いを理由だと思います。違います。『学び合い』のセオリーと方法論は強力で普遍性があるので、対象とする子どもの数が十数人以上あれば安定した結果を得ることが出来ます。では、原因は何でしょうか?

 それはご当人です。

 十中八九、いや、十中十は、最初の語りを省略しているか、極めて簡略化しているのです。気持ちは分かります。子ども達が主体的に動いている姿を見ているので、話さなくても分かっているだろうと思ってしまうのです。でも、何故、学び合うことが大事なのかをちゃんと語らなければ、手抜き授業と思ってしまうのは当然です。

 では、どうしたらいいでしょうか?

 まず、何故このような学習をしているのかを説明しなかったために混乱を引き起こしたことを謝るのです。その上で、ちゃんと語るのです。語りさえすれば、2割の子どもは分かってくれます。逆に言えば、圧倒的大多数は分かりません。でも、それでいいのです。2割の子どもが周りの子どもに伝えてくれます。

 しかし、教師が面白い授業・分かりやすい授業を目指しているならば越えられない壁があります。それをお超えるには、高い次元で教育を俯瞰出来るヴィジョンが必要なのです。