西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/05/06(月)

[]志 22:19 志 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 志 - 西川純のメモ 志 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある方からSNS情報発信大事なことは何ですか?と聞かれました。私は「毎日、発信すること。一行、半句でいいから」と申しました。誰でも出来ることです。でも、それを出来る人は少ない。

 ようは、何のために情報発信をしているかです。我が身のためならば、続きません。

 でもね、みんなのために発信すれば、同じ志を持っている人が我が身を守ってくれる人と繋がります。そこで、大事なのは「志」です。

[]誠実 21:33 誠実 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誠実 - 西川純のメモ 誠実 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は多くの人と繋がっています。その際、我が身に課すルール

 自分がやり続けられる誠実を守ること。

 そして、大事なのは相手の誠実を期待しないこと。それが成り立つレベルの誠実を守ること。

[]危機感 21:08 危機感 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 危機感 - 西川純のメモ 危機感 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 まず、以下の記事を読んでください。そのあと、次のメモをお読みください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00012927-wsj-bus_all&fbclid=IwAR1qxQWtvyNCnT2kDOQ2Vp6xnBVrSRfGK6dZrkkD76mOCSdiDsBss4vcAso










 では、どうしたらいいでしょうか?

 残念ながら、先の記事に書かれたグローバル企業就職する人は、一部のエリートロボットの維持費と比較できるレベル賃金労働者になるしかありません。これは、避けられないことと思っています

 では、どうしたらいいか?かなり前に書いた私のメモをお読みください。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20150714/1436830631










 私は多くのノウハウ本を書きました。でも、私の頭の中は「これから日本の姿をリアルイメージしそれを語れるようになれば、クラスリードする子どもが動き、解決する」と思っています

 という理屈を知らないならば、宗教じみていますよね。

 これを共有して欲しい。そのために、日々の実践安心して欲しい。そうなれば、次に移行する。