西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/04/26(金)

[]ゼミ開放日 21:34 ゼミ開放日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ゼミ開放日 - 西川純のメモ ゼミ開放日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本年度最初のゼミ開放日です。bit.ly/2xr2Cju

[]ついに 16:36 ついに - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ついに - 西川純のメモ ついに - 西川純のメモ のブックマークコメント

 西川ゼミのゼミ生による飛び込み授業&研修指導は2013年から始まりました。最初にやったのは、現職院生です。それも5年以上も『学び合い』を実践して、『学び合い』を深めたいと上越教育大学教職大学院の西川ゼミに進学した人です。しかし、その人ですら「無理です」、「出来ません」と言っていました。飛び込み授業の直前まで、不安で不安でした。まあ、冷静に考えればそうでしょう。一度もあったことのない子ども達を2時間で変えることなんて無理だと思うのが普通です。

 しかし、飛び込み授業は出来るんだ、という文化が西川ゼミに広がりました。

 本日、連絡が来ました。次の千葉県での飛び込み授業は学部4年になったばかりの学生がやることになったとの報告がありました。私は笑い出しました。「ついに、ここまでになったか」と。私には微塵も不安はありません。『学び合い』のことを知らない人にとっては魔法のようなことを学部4年のゼミ生がするのを見ている人の顔が思い浮かび、痛快です。

追伸 西川ゼミでは、報告・連絡は不要であります。従って、この種の連絡はないのですが、あえてしたのは、自慢したかったのでしょう。あははははは

追伸2 このことが決まった場面に、西川ゼミに入ったばかりの新M1がいたはずです。きっと、ビックリしたでしょうね。

[]高学歴ワークプア 10:00 高学歴ワークプア - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 高学歴ワークプア - 西川純のメモ 高学歴ワークプア - 西川純のメモ のブックマークコメント

 高学歴ワークプアに関して、もっとも納得できる記事を発見しました。厳しくもあり、愛もある。一つ加えるべきだと感じたのは、その人達を受け入れた○合教員の在り方だと思います。今の時代、学問を導いて「終わり」ではなく、その人の今後を見据え、学問以外の資質によって受け入れるか否かを判断しなければならないと思います。

https://bunshun.jp/articles/-/11484?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=socialLink