西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/03/31(日)

[]教育同人社 18:15 教育同人社 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教育同人社 - 西川純のメモ 教育同人社 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』をバックアップしてくれている教育同人社が『学び合い』の実践者と協力し、『学び合い』と相性のよい教材を開発しました。以下、山口さんのメールです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

西川先生

こんにちは

教育同人社の山口です。

私が初めて上越で『学び合い』の授業を参観してから,約8年になります。

課題と全員達成に向けた「語り」をした後は何も教えない教諭

立ち歩き,おしゃべりする児童

最初はあまりにも斬新な授業スタイルに唖然としました。

しかし,子どもたちの会話を聞いているうちに,この斬新な授業スタイルに共感しました。

「ここまで出来たけど,この先がわからないから教えて」

理科では,児童自身が自己評価をして,自主的に友達に質問します。

「僕が考えたアイディアと,ここが同じだね。でも,ここが違う。これ,面白いね。」

社会では,友達と話し合いながら共通点と違いを比較し,自分の考えを修正します。

「なるほど!こっちの方が簡単で早いね!すげー」

算数では,正解に達した児童が,友達の考えと比較してより良い解法を習得します。

新学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び」が8年前から実施されていたことに凄みを感じます。

そして,この実践を8年前から体感できていたことに喜びを感じます。

ここには書けない多くのこと(企業秘密です☆)を学ばせていただいたことに感謝しております。

さらに,志を同じにする多くの仲間ができたことも財産です。

学び合い』の同志の協力もいただきながら,新学習指導要領に対応した教材を着々と作成しております。

2019年度に発刊する「つみあげプリント ことのは(国語),ひふみ(算数)」も,その内の1つです。

※ことのは(国語):言語事項に特化した教材

※ひふみ(算数):質の高い理解を深める教材

https://www.djn.co.jp/company/news/190118.html

新学習指導要領実施前の2019年度にこのような教材を企画・発刊できるのは,アンテナが高い『学び合い』の先生方のおかげだと感謝しております。

これからも各地域の『学び合い』の会に対して様々な支援をさせてください。

引き続き,教育同人社をよろしくお願いいたします。

++++++++

追記

教育同人社テストの教師用書が好評をいただいております。

採点基準例や漢字の許容例を掲載し,採点の時間が短縮できます。

テストに連動したプリント集が付き,“つまずき”を“できた”にかえることができます。

ぜひ,多くの先生方に教育同人社テストの良さを感じていただきたいと思っています。

よろしくお願いいたします。