西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/03/24(日)

[]愚痴 21:35 愚痴 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 愚痴 - 西川純のメモ 愚痴 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教育は変わらなければならない、ということを理解して行動し、発信している方は増えています。頼もしい限りです。が、その殆どの方は在学中のことを視野に置いている。そして、そこにあるのは「良い教育」なのです。

 私は子どもたちが後期高齢者になるまでのことを視野に置いています。従って、「良い教育」ではなく、彼らが生き残ることを考えています。教育を先導している方々の多くは、恵まれています。だから、生き残れない子どもたちを想定していない。

 私だってそうです。ものすごく恵まれていた。でも、高校教師として闇の一端を見た。その一端だけで、三十年以上、私を動かすほどです。そして、もっと深い闇がある。ゼミ生の中学校教師が言いました「高校に行けるのはまだまし」と。その通りだと思います。

 私はその本当の闇を見る覚悟はありません。でも、その闇がない社会と教育を目指したい。

教育基本法第1条は「教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。」とあります。しかし、私が教育基本法第1条を起草したならば、「教育は就業し、納税し、保護する子女に普通教育を受けさせる国民の育成を期して行われなければならない。」とします。なぜなら、権力者を縛るための憲法において日本国憲法において国民の義務は3つだけ書かれています。それは「保護する子女に普通教育を受けさせる義務」(第26条)、「勤労の義務」(第27条)、「納税の義務」(第30条)です。

 私は「子ども」ではなく、あの一人一人の教え子をイメージし思考します。

 このギャップは埋められないのかな。

 以上、愚痴です。

追伸 どんな言説でもいいです。最底辺で苦しんでいる子どもをイメージしてください。それが判別法です。面白い授業、分かりやすい授業、そして、正しい教育ではなく、生き残れる教育なのです。