西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/01/22(火)

[]暴力 05:49 暴力 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 暴力 - 西川純のメモ 暴力 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 町田総合高校で教諭が生徒に暴行した映像がネットに上がっています。それに関してある方に意見を求められました。

 まず最初に、このことを生徒対教師という文脈から離れて、未成年対成人に置き換えてみましょう。画像を歌舞伎町の路上で二人は無関係だと考えましょう。弁護士の方に伺った結果、「一概には言えません。前科無しで、殴った方に酌むべき事情が有り、傷害の程度も全治2週間から1ヶ月迄程度であれば、略式命令による罰金刑10万〜30万円程度ではないでしょうか。」とのことです。そして、暴言を吐いた未成年はおとがめ無しです。ま、当然ですね。

 それに生徒対教師という文脈が加わるのです。教師だから殴っていいという理屈はありません。むしろ、教師だから駄目という理屈はいくらでもあります。

 私の勤めた高校では、あの程度の暴言は日常茶飯事です。私も子どもたちを掌握できる前は、あの手の暴言にさらされました。しかし、一度たりとも殴りたいと思ったことはありません。理由は簡単です。暴言を吐いた生徒の方が喧嘩が強そうだからです。今回の件、見る限り、教師は「勝てる」と思ったのかもしれません。「だとしたら」、卑劣と思います。

 いずれにせよ。今回の件、教師のやったことと、生徒のやったことを比較することがナンセンスのように私は感じます。

 残念ながら「時には体罰も必要」と思っている人がいます。しかし、私の経験上、人間関係が出来ていれば体罰は不要で、人間関係が出来ていなければ体罰は無効です。必要であっても象徴的なもので十分です。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20020701/1173055210

追伸 この問題の原因を探るとしたら、その教師ではなく職員室でしょうね。職員室の教育力、学年団の教育力でしょう。私は勤務校で多くの先輩から守られていました。