西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/01/14(月)

[]上越教育大学 14:44 上越教育大学 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 上越教育大学 - 西川純のメモ 上越教育大学 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 あと少しでセンター入試です。お子さん、ご親戚の中で教員志望の受験生をお持ちの方に上越教育大学宣伝します。

 国立教員養成大学の中でもっとも入りやす大学です。

 何故、入りやすいのか?

 理由はたった一つです。一つの都道府県の中で複数国立教員養成大学学部があるのは新潟県だけなのです。そして、教員になりたい人は地元志向が強い。新潟大学戦前から医学部がある「旧六」というブランド力があります。そのため新潟県教員志望の子新潟大学教育学部を志望します。

 だからです。

 では、実態はどうか?

 まず、スタッフ数が違います。ごく一部の私立大学以外は、小学校免許だけ取れる、中学校免許だけ取れるスタッフ構成になっています。そのため、専任スタッフは十人前後非常勤講師で補っています。一方、国立教員養成大学学部は初等中等の全科目を取れるようなスタッフ構成になっています。そのため60人から70人で構成されています。この構成は国の定めに基づいています最近、その縛りが変わったのですが、多くの大学はそれを踏襲しています)。

 上越教育大学兵庫教育大学鳴門教育大学の3つの大学大学院大学なのです。スタッフ構成学部を基本とした大学と違います。百数十人で構成しています。従って、法の定められている人数からの差である50人程度が大学の考えによって充実することが出来ます。ちなみに赤坂真二さんという長らく教員だった人を採用できるのは、このことがあるからです。上越教育大学教職大学院の教科教育・学級経営実践コーススタッフは、全員が教職経験があり、かつ、実務業績があり、かつ、学術論文の業績がある人で固めています。このような特異なコースを生み出せるのも、このことがあるからです。

 次に、博士課程まである数少ない大学です。教員の道のみならず、教育研究者への道も開かれています。私も十数人の大学教師教育に関わりました。

 大学院を基本としているので、予算計算方法が違います。皆さん、国立教員養成大学学部教授研究費、年間でいくらだと思いますか?なんと年間5万円というところもあります。そこまで逼迫しています。ちなみに私は最も多くの研究費をもらっている教員の一人ですが、約二百万円の研究費をもらっています。その他の予算を合わせると四百万円の予算を付けてもらっています。もちろん、それはゼミ生の研究に使っているのです。

 最後に、学生宿舎が充実しています。そのため、光熱費管理費の諸経費を含めて、1ヶ月1万数千円で生活できます県庁所在地ではそれは不可能ですね。地元私立大学よりお得です。

 ということで、センター入試の結果を見て、どの大学に進学するかを決めるとき、考えて下さい。私はもの凄く「お得」な大学だと思います