西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/01/11(金)

[]イエナプラン 19:18 イエナプラン - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - イエナプラン - 西川純のメモ イエナプラン - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日ゼミで、ゼミから名古屋のイエナプランはどうなると思いますか?」と聞かれました。言下に形骸化する」と申しました。そして、きっと名古屋型イエナプランとなって、今まで通りの授業に多少色づけしたものになるよと申しました。

 イエナプランと言えば、異年齢学習、教科別の時間割を作らないというのが特徴ですよね。私はすっとイメージできますが、多くの教師には無理です。仮にイメージできたとしても、自分がそれに合わせるのを嫌がります

 まあ、考えられる落としどころは、総合的な学習時間を異年齢でやる、各教科の単元を会話・遊び・仕事(学習)・催しという4つの基本活動に割り振る。しかし、結局、教科書通りに教えて、帳面上は4つの基本活動をやったことにする。そんなあたりでしょ。

 私はこの予想が外れることを心から願います名古屋のイエナプラン成功させたいと願っている方々は、この書き込みに「むかっ」となってイエナプラン成功させていただきたい。そうしたら、心から喜んで、自分不明を詫びられます

[]鈴 18:55 鈴 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 鈴 - 西川純のメモ 鈴 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 初詣の時、鈴のひもを左右に振って鳴らしました。そうしたら、神主の方がひもは下に引くのだよと、教えてくれました。確かに下に引っ張るとしっかり鳴ります。皆さん知っていました?この年で、これほど基本的を知らなかったことに新鮮な気持ちです。

[]未来予測 09:43 未来予測 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 未来予測 - 西川純のメモ 未来予測 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の未来予測は当たります。何故かと言えば、既に起こっているけど、多くの人が知らないことを書いているからです。それが主流になるかならないかは、統計データとつきあわせれば、論理的判断できます