西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/01/09(水)

[]スパイ網 08:31 スパイ網 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - スパイ網 - 西川純のメモ スパイ網 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 よく「何故、『学び合い』が広がらないのでしょうか?理屈も通っているし、結果も出しているのに」と言われることがあります。それに対し私は「いや、広がっているよ。少なくとも身銭を払ってでも学ぼうとする人達のなかでは。だから私の本が売れている。アンテナの高い人達の中ではもの凄く広がっている。おそらく、同じ理論と実践を共有している集団としては明治以来最大の集団だと思う」と大きなことを言います。

 でも、ポイントとなる講演会、研究会に行くと、『学び合い』の会やフォーラムで会ったことのある人達に出会いませんか?感覚なので恐縮ですが、遠方から参加する人達に限って言えば、『学び合い』の実践者及びシンパの人は1、2割を占めているように思います。

 『学び合い』を蛇蝎のように嫌う人達は、私の講演会は聞きに行きませんし本も読みません。ところが『学び合い』の実践者の人達は、『学び合い』を蛇蝎のように嫌う人の講演会に参加し、本も読みます。以前、「学び合いの奴ら」というような表現でSNSで口汚くののしっていた人の講演会にゼミ生が参加したのを知りました。私が「何で行ったの?」と聞くと、「どんな理屈で否定しているのかを学びたかったのです」とこともなげに言ったので、とても褒めました。

 あ、そういえば、同僚である赤坂さんと度々ある会話です。

 

赤坂:先生、ひどいんですよ~。私の講演会の後、私に近づいてきて、自分がいかに西川先生のことを好きで尊敬していることを私に訴えるんです。私の講演会なんですよ。

私:あははは。『学び合い』の人達のスパイ網が全国津々浦々に張り巡らせてある。つまり、あなたが私の悪口を言ったとたんに私の耳に入ってくる。ふぉふぉふぉ

赤坂:悪口なんか言うわけないじゃないですか。どこいっても西川先生がいかに偉大であるかを喋っています。

私:嘘こけ。

 

 いずれにせよ、これからの教育を創るのは我々です。