西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/12/27(木)

[]必要な情報 12:01 必要な情報 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 必要な情報 - 西川純のメモ 必要な情報 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「緊急提言eポートフォリオ構築法(https://amzn.to/2AqrM1V)」では、ぶっ飛んだことも書いていますが、多くの先生が今知りたいことも書いています。

 多くの先生、つまりeポートフォリオの専門家でない先生が知りたいのは、そもそもeポートフォリオって何?なのです。

 例えば、JAPAN e-Portfolio、Classi、スタディサプリ、調査書の関係がどうなっているのかが分かっていない状態です。

 また、高校の先生だったら進学用の調査書をeポートフォリオで作成するであろう事は知っていますが、就職用の調査書もeポートフォリオで作成できることは知らないでしょう。

 世にある書籍は先進的な大学でのポートフォリオに関するものです。当然、難しい言葉が羅列されている。ネットにはeポートフォリオがよく分かった高校教師の情報が流れていますが、皆さん、「どうやればいいの?」が先に立っています。そして、「どうやっていいの?」がころころ変わっているのです。だから、eポートフォリオには対応しなければならないことを感じているけど、なんだか分からない先生には手がかりがない。

 私は高校教師ではありません。大きな社会の流れは分かっているつもりですが、eポートフォリオは詳しくは分かっていませんでした。だから、多くの先生方が疑問に持つレベルのこと、即ち、eポートフォリオの専門家からは馬鹿にされるレベルのことから、一つ一つ調べ、聞いて、納得しながら理解しました。

 本書は4章構成ですが、最初の2章は、上記に対応するものです。とりあえずeポートフォリオって何?という疑問に答えています。手前味噌ですが、このレベルのことを書いてある本は本書が最初だと思います。

 つづく2つの章はぶっ飛んでいるかも知れません。しかし、理屈の上では、極々当たり前の事実を積み上げて結論づけています。それを選択するか否かは分かれると思いますが、筋は通っていることは確認できると思います。

 とにもかくにも、右往左往している余裕は高校にはありません。だって、新高校1年からは完全に対応しなければならないのですから。

 まあ、そこそこのことをやりさえすればいいんだ。うちは推薦入試で殆ど無試験で合格するような学校だからと思っている高校の先生、そもそも大学が本気なって推薦書を合否に使うとは思っていない高校の先生、みなさんの判断はあながち間違いでありません。ただし、大学入試に関してのみの話しです。大学はいい加減に合格させるかも知れません。しかし、企業は違います。企業が認める能力を高校3年の卒業までに与えなければなりません。もちろん、高卒で社会に出る子どもの場合は待ったなしです。

 そして、義務教育の先生方も対岸の火事ではありません。

 eポートフォリオは単に学習成果物をネット上にためればいいのではありません。それをもとに自分自身のストーリーを構築しなければならないのです。更に言えば、そのようなストーリーを完成させる学習成果物を作らなければなりません。そんな能力、高校1年の4月に忽然と獲得できると思いますか?

honisikihonisiki2018/12/27 11:48「eポートフォリオ」は、昨日届いたkindleで一番に購入させていただきました。あれ?知らない本が出てる。と思っていたんですが、そんなにタイムリーだったのですね。
以前からの本も安く出していただき、ありがとうございます。

jun24kawajun24kawa2019/01/03 06:14ありがとうございました。