西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/12/20(木)

[]破壊的イノベーション 22:09 破壊的イノベーション - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 破壊的イノベーション - 西川純のメモ 破壊的イノベーション - 西川純のメモ のブックマークコメント

 これからの日本は変わります。これは一致しています。でも、持続的イノベーション、すなわち現在の改良で乗り換えられると思う人と、破壊的イノベーション、すなわち現在の改良では乗り越えられないと思う人がいます。

 私は後者です。

 どちらが正しいか?それが歴史が決めることです。

 かく言う私も持続的イノベーションのための布石はおいています。他ならない『学び合い』のノウハウ本がそれです。

 でも、私の頭の中は別です。

 昨日、本日、ゼミ生から私の破壊的イノベーションのことを聞かれました。

 ゼミ生から、「フリースクールを考えていますが、そのためには」ICTなどをちゃんと保証しなければならないですよね?」と聞かれました。

 微笑みました。

 破壊的イノベーションはクリステンセンが言っていますが、キャズムのムーアも、ブルーオーシャン戦略も、表現は違いますが同じことを書いています。

 つまり、破壊的イノベーションは既存の価値観では大事だと思うものを捨てることによって、新たな価値を生み出すことです。

 パソコンは巨人IBMが後生大事にしていた演算速度と記憶容量をあっさりと捨てました。結果としてIBMからはせせら笑われるおもちゃをビルゲイツ、スティーブン・ジョブスが新たなイノベーションを生み出したのです。

 昨日のゼミ生は、私のモデルを理解した上で安定したビジネスモデルを模索していました。笑いながら無理だと言いました。安定したビジネスモデルだったら既存企業に勝てるわけ無い。例えば、巨人IBMが安価なコンピューターを考えたとしても、数百万円レベルしか出来ません。

 破壊的イノベーションは捨てることが価値なのです。

 ではフリースクールの未来は何でしょう?

 それはすべての人に等しく学力保証するというものを捨てることです。これは一条校には絶対に出来ないことです。

 破壊的イノベーションは、主流派からせせら笑われる中で、そのノウハウを精緻化します。そして、ある段階で一般大衆が受けるホールプロダクトを生産して逆転します。『学び合い』はホールプロダクトをかなり生産しています。

 ということを分かっているのですか、いつまでたっても持続的イノベーションの人しかつながれないので、イライラしています。持続的イノベーションでなんとかできると思っているのでしょうか?