西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/12/01(土)

[]怒り・心配 19:15 怒り・心配 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 怒り・心配 - 西川純のメモ 怒り・心配 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、他ゼミ学部卒業生が1年もたたずに教師を辞めたという話を聞きました。本当にビックリしました。能力的にも、性格的にも教師向きの人です。驚いて、その人の指導教員に聞いたら酷いのです。新任の彼にその学年の手のかかる子供を集めたクラス担任させたそうです。現場教育力はここまで地に落ちたかと情けなくなり、その学校校長を思い浮かべ「恥を知れ!」と毒づきました。

 上越教育大学教職大学院には教員採用試験合格したのにもかかわらず、名簿登載期間延長の制度を使って大学院入学する人がかなりいます。私の研究室に3人います。そして、大学院1年の時に受験して合格して、名簿登載期間延長を利用して2年目を学ぶ人がいます。これって凄いですよね。働いていたら年収400万円はもらえます。2年間だったら800万円です。2年間の大学院学費生活費も加えたら1000万円の遺失利益があります

 しかし、彼らは賢い選択をしたと思います。なぜなら、学部教育で確実に生き残れるほど今の現場教育力は高くない。そこで生き残れる能力が無ければ、すぐに辞めてしまう。そして、辞めたところで再度合格することは難しいでしょう。上越教育大学教職大学院では協働力を育てるカリキュラムと実習を経験させます簡単に言えば、おじさま、オネーサマに可愛がられる教育です。これは本学だけの特徴です。なぜならば、他の大学院は現職者と学卒者の科目が別々ですから。ま、常識的にはそうですよね。でも、本学のカリキュラム設計したのは私です。だから文部科学省のご指導に対して、協働力を説明して特別に許してもらえたのです。

 さて、私には心配なことがあります

 新潟県小学校の倍率は1.2倍です。複数都道府県受験者を考慮すれば1倍を切っています。そして、新潟県には名簿登載期間の延長制度はないのです。1年後にどれだけ生き残れるか?新潟県学校現場教育力が問われます

追伸 私が受験した頃の東京にはA採用、B採用、C採用がありました。A採用は確実に採用される人です。B採用はおそらく採用される人です。C採用はもしかしたら採用される人です。ちなみに私はB採用でした。その私が学力的には最底辺学校物理教師として採用されたのです。私が生き残れたのは、一にも、二にも、三にも、職場であり、先輩教師のおかげでした。それを思うと、学生さん可哀想で仕方がないです。

[]興味深い通知 18:03 興味深い通知 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 興味深い通知 - 西川純のメモ 興味深い通知 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、興味深い通知を手に入れました。それは平成30年9月20日文部科学省初等中等教育局長が発した「小・中学校等における病気療養児に対する同時双方向型授業配信を行った場合指導要録上の出欠の取扱い等について(通知)」というものです。

 小学校中学校の子どもが長期病気療養を必要とする場合、同時双方向の授業をやることによって出席と扱ってもいいという通知なのです。

 私は前々から小学校中学校でも自由通信による教育が実現したらいいのにな~っと思っていました。そうすれば学校や学区に縛られません。子ども学修自由度も高まります。が、大学高校通信制学校教育法に明記されているのにもかかわらず、義務教育規定されていません。でも、規定されていないから、駄目と言うことはないと思っていました。

 で、例外的措置としての、この通知の中で、どんなことが書かれているかを読んでいたのです。その結果、一般の授業でやっちゃダメというようなことは一言半句も書いていないのです。

 つまり文言の中で学校教育法のどこどこに反するが、特例措置として認めるというような文言が無いのです。そこにあるのは、普通学級の子どもが通信で授業したら当然成り立つようなことばかりが留意事項としてあるだけです。例えば、授業するのは教員免許状がある人であるとか、教科書を使いなさいとか。そうだよな~っと分かっていました。だって法律法規で明文化されていないことを求めたり、禁止することは基本的にありえないからです。

 ようは、やるかやらないか、だけのことですね。