西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/11/29(木)

[]自戒 21:57 自戒 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自戒 - 西川純のメモ 自戒 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 OB/OG会に参加した人からのメールです。

 単純に嬉しい。でも、そのようなことを求める現状に問題があります。ゼミ生全員が幸せになってほしい。以下はOG/OB会に参加した人との会話です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

私には、西川先生が6年後に退職されるという「恐怖」があります。だから、@@さんは西川先生が自分達の世界からいなくなるという「恐怖」でOBOG会のときにずっと泣いていたのです。素直で優しい人です。しかし、私は西川先生の退職後にこの世で一番苦しみがない幸せが奥様とあることを確信していますから、その退職後の世界へ旅立ちを待つ西川先生が楽になりお幸せになっていく姿を想像すると嬉しくもあります。どれだけのものを今背負っておられるか、少しばかり想像できるからです。西川先生が私たちゼミ生や子どもの幸せを願ってくださっているように、私も西川先生の「一生涯の幸せ」を衷心から願っています。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ありがとうございます。

大丈夫ですよ。

私の代わりはいっぱいいます。

宗教ではなく、理論なのですから。

ニュートンがいなくても物理学は発展しています。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

つぎに@@さんに会ったら伝えておきますね。でも、きっと彼は言うでしょう。ニュートンは、自分達のために涙を流してはくれないし説教もしてくれないって。ついでに馬鹿話もしないから嫌だって。西川先生が、戸北先生の存在を唯一無二の方だと慕われておられるように私たちもそうです。でも、これは私たちの問題ですから、自分たちで乗り越えていく必要があります。ある日、突然はとても耐えられないですが、いつかその日が来るのだと知らせていただいたことは、わたしたちゼミ生への先生の愛情なのだろうと解釈しています。だから、時間を大切にいたします。

1月の臨教でまたお目にかかって、研究の途中経過を見ていただきたいと思っています。

ぜひ厳しい言葉で、ご指導ください。

私は、絶対にへこたれませんから。