西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/11/17(土)

[]出張 21:25 出張 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 出張 - 西川純のメモ 出張 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 3日間の九州ツアー。楽しかった。充実していました。家に帰って、家族と晩酌をして、あと1時間半後に寝ます。

 思うのは、家に帰って呑むと、なんで簡単に酔えるのだろう。外での呑む量のとは全然違います。これって飲み助だったら分かりますよね。

 それと出張二日目から、軽度の頭痛を感じます。これって血圧が上がっている証拠です。私の血圧は、普通は上が115ぐらいです。でも、この頭痛を感じるときは150ぐらいになっている感じです。明日、調べます。

 身を削って出張するって、こういうことです。タフな人間はいますが。私はそうでない。幸い、今回は3日のツアー。これから二晩、家族と食べて呑んで寝れば復帰します。昔は10日間のツアーをやりました。馬鹿なことしたなと思います。私を本当に必要にしているところに日帰り、2日、3日、レベルが限界だと理解しました。

[]勝負所 08:12 勝負所 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 勝負所 - 西川純のメモ 勝負所 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 先ほどツイッターでティール組織のことをツイートしたら、なななんと翻訳者の鈴木さんからレスが送られました。そして、翻訳に至った経緯を紹介いただきました。http://tbest.hatenablog.com/entry/2018/02/17/101958

 私は「お~。これだからネットの世界は面白い。未来社会も、人との繋がりが勝負所だと言うことは変わりませんね。良書、ありがとうございました。」と返信しました。

 面白い。 

[]ティールで組織 07:04 ティールで組織 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ティールで組織 - 西川純のメモ ティールで組織 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 遅ればせながら「ティール組織」を読みました。読みたいなと思っていたのですが、分厚い本なのでまとまった時間に一気に読みたいと思っていました。ちょうど九州の出張なので、読んだ次第です。

 『学び合い』関係者がこの本を読むのがよく分かります。

 だからこそ、ティール組織の先にあるモノも見えます。

 組織は達成したいことと、個人の能力によって決まるものだと思います。人類の黎明期は個人の能力は限定されていましたが、達成したいことも限定されていました。だから、小規模な群れで生きていました。しかし、農業社会になり、工業社会になり、達成したいことが拡大しました。個人の能力は限定されていたので、組織が大きくなり、分業化が進みました。

 ところが近年、ネット等の発達で個人の能力が拡大しました。ティール組織の成立もこのことに由来すると思います。

 では次の組織は?

 私は固定的な組織がなくなるのでは無いかと思います。AIとロボットによって個人の出来ることは拡大します。そして、ネットを通じて多種多様な人と繋がります。それによって仕事が出来るのです。

 『学び合い』における教室は、既にそうなっているでしょ?

 子どもたちに一つの課題を与えても、成績上位者と下位者は同じ課題を別々にとらえています。一人一人は自らの課題を解決するために、多様な人と折り合いをつけて繋がるのです。それによって驚異的な成果を上げています。互いは、感謝、尊敬、安心によって繋がっています。

 おそらく『学び合い』は超ティール組織のように思います。