西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/11/14(水)

[]次元 19:57 次元 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 次元 - 西川純のメモ 次元 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 前川さんの面従腹背という本を読みました。本当は、出張中に読もうと思ったのですが、読み始めるとやめられず、あっという間に読み終わりました。

 「なるほど、こんな風に官僚仕事をしているんだな~」

 「前川さんは、一本気な人なんだな~」

 「この本を読んだ現役文部官僚はいるだろうか?いたら、どう思うだろうか」

 などなど、いろいろなことを思いました。

 いい本です。お勧めします。

 が、あえて批判的に書きます

 前川さんが個人尊厳大事にして、それが憲法の根幹だと考えられています。そして、それを守るために様々な方を駆使しています。それに対して、敵役政治家は様々に運動します。絶対的正義はないですから、その方にも思いがあり、正義があると思います

 私が気になっているのは、どちらも細かいように感じるのです。政治家官僚であるのだから法の条文に敏感であり、その威力をよく知っていると思います。でも、どんな条文であっても、その意味するもの解釈しているのは国民です。本の中にも書かれていましたが、ヒトラーワイマール憲法民主的方法政権を奪取し、独裁政治を気づいたのです。

 西洋諸国民主国家になったのは民主主義が正しいからではありません。民主国家が非民主国家に対して、軍事的経済的にも勝ったからです。もし、個人尊厳大事にされているとき最高のパフォーマンスを発揮できる国民が育ち、それが日本を動かしているならば、憲法の条文がどうかわろうと、教育基本法の条文がどうかわろうと、日本民主主義は揺るぎません。逆に、個人尊厳大事にされているとき最高のパフォーマンスを発揮出来ず、画一的機械のパーツである方がパフォーマンスを発揮できるとき国民個人尊厳放棄することを選ぶでしょう。

 では、前川さんの在任中、それを意識したでしょうか?本に書かれている様々な規制緩和一見それにつながっているように思えますが、それは前川さんのヒューマニズムに由来するように思います。なぜなら、学習指導要領個人尊厳制限していることを気づいていないように思えるのです。

 つまり最後に思ったのは、文部科学省奥の院では、持続的イノベーションレベルの戦いだけが行われており、破壊イノベーションには至らないことを再認識しました。しかたがありません。文部科学省は「未来教育」と「今の教育」を秤にかけたとき後者に対する責任をとらざるを得ないのですから

 改善は出来ても改革は出来ない。なぜなら、改革すれば潰れる部分が生まれる。それを選択できないから。でも、改善ではおいつかないことを気づいている文部科学省の人も少なくないと思います。悩ましいところです。