西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/11/15(木)

[]コード 05:59 コード - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - コード - 西川純のメモ コード - 西川純のメモ のブックマークコメント

 北朝鮮の教育と日本の教育は違います。内容はね。でも、その方法は同じです。工業化社会のコードは「規格化」「分業化」「同時化」「集中化」「極大化」「中央集権化」です。北朝鮮の教育も日本の教育も、このコードで動いています。そこには個人は無い。その権化が学習指導要領です。工業化社会ではうまく機能していましたが、脱工業社会では障害となります。「個性化」、「総合化」、「非同時化」、「分散化」、「適正規模化」、「地方分権化」の教育が必要です。

18/11/14(水)

[]民主主義 21:24 民主主義 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 民主主義 - 西川純のメモ 民主主義 - 西川純のメモ のブックマークコメント

皆さんに聞きます。

北朝鮮の学校と日本の学校での授業に違いがありますか?

そこで育った子が国民になるのです。

日本は民主国家ですか?

個別最適化している教育はありますか?

 これに前川さんはなんと応えるのでしょうか?

 社会ではありません、社会の形成者を育てる学校です。

[]次元 19:57 次元 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 次元 - 西川純のメモ 次元 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 前川さんの面従腹背という本を読みました。本当は、出張中に読もうと思ったのですが、読み始めるとやめられず、あっという間に読み終わりました。

 「なるほど、こんな風に官僚は仕事をしているんだな~」

 「前川さんは、一本気な人なんだな~」

 「この本を読んだ現役文部官僚はいるだろうか?いたら、どう思うだろうか」

 などなど、いろいろなことを思いました。

 いい本です。お勧めします。

 が、あえて批判的に書きます。

 前川さんが個人の尊厳を大事にして、それが憲法の根幹だと考えられています。そして、それを守るために様々な方を駆使しています。それに対して、敵役の政治家は様々に運動します。絶対的正義はないですから、その方にも思いがあり、正義があると思います。

 私が気になっているのは、どちらも細かいように感じるのです。政治家や官僚であるのだから法の条文に敏感であり、その威力をよく知っていると思います。でも、どんな条文であっても、その意味するものを解釈しているのは国民です。本の中にも書かれていましたが、ヒトラーはワイマール憲法の民主的な方法で政権を奪取し、独裁政治を気づいたのです。

 西洋諸国が民主国家になったのは民主主義が正しいからではありません。民主国家が非民主国家に対して、軍事的に経済的にも勝ったからです。もし、個人の尊厳が大事にされているとき最高のパフォーマンスを発揮できる国民が育ち、それが日本を動かしているならば、憲法の条文がどうかわろうと、教育基本法の条文がどうかわろうと、日本の民主主義は揺るぎません。逆に、個人の尊厳が大事にされているとき最高のパフォーマンスを発揮出来ず、画一的で機械のパーツである方がパフォーマンスを発揮できるとき、国民は個人の尊厳を放棄することを選ぶでしょう。

 では、前川さんの在任中、それを意識したでしょうか?本に書かれている様々な規制緩和は一見それにつながっているように思えますが、それは前川さんのヒューマニズムに由来するように思います。なぜなら、学習指導要領が個人の尊厳を制限していることを気づいていないように思えるのです。

 つまり、最後に思ったのは、文部科学省の奥の院では、持続的イノベーションのレベルの戦いだけが行われており、破壊的イノベーションには至らないことを再認識しました。しかたがありません。文部科学省は「未来の教育」と「今の教育」を秤にかけたとき、後者に対する責任をとらざるを得ないのですから。

 改善は出来ても改革は出来ない。なぜなら、改革すれば潰れる部分が生まれる。それを選択できないから。でも、改善ではおいつかないことを気づいている文部科学省の人も少なくないと思います。悩ましいところです。

[]中間発表 17:38 中間発表 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 中間発表 - 西川純のメモ 中間発表 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学部4年生の卒論の中間発表がありました。数日前にレジュメを見たとき、「これでいいからプレゼンに力を注げ」と言って指示しました。問題が無いのではなく、今、それを指摘したら間に合わないことが明白だからです。

 発表を聞きました。笑いました。立派になっています。

 彼らの研究の構造がしっかりしていることと、西川ゼミの文化の力だと思いました。本当に笑ってしまいました。

18/11/13(火)

[]特別支援教育 19:06 特別支援教育 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 特別支援教育 - 西川純のメモ 特別支援教育 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は、地元の特別支援教育の先生方の研修会で語りました。心を込めて。

18/11/12(月)

[]九州ツアー 21:24 九州ツアー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 九州ツアー - 西川純のメモ 九州ツアー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は外で呑むの嫌いです。でも同志と呑むのは楽しみです。今回は15日は福岡の同志ののみ、16日は鏡中学校の同志とのみ、17日は『学び合い』の会に参加します。そして、早めに帰って、家族と呑みます。

[]大事な役目 19:25 大事な役目 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大事な役目 - 西川純のメモ 大事な役目 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学卒院生のゼミ生が『学び合い』を経験していない子どもに『学び合い』の授業を10回やらさせていただけると知りました。私が「何年生?」と聞くと、「中学3年生」とのこと。それを聞いた途端に胸が熱くなりました。その子たちが一生涯に『学び合い』を経験するのはゼミ生の時間だけかもしれません。

 子どもの中にはゼミ生の語る「一人も見捨てない」の言葉を受け入れる子どもがいると思います。そして、大人になってから大事なのは仲間であることを理解し、これからの荒波に立ち向かえるかもしれません。現場経験のないゼミ生ですが、我がゼミを選んだゼミ生です。伝わると信じています。少なくとも10回もやらさせていただければ、技術は未熟であっても伝わります。

 思わず、このことの意味を熱く語りました。なんか、幸せです。

[]上越の会 15:32 上越の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 上越の会 - 西川純のメモ 上越の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月30日19時から21時に上越教育大学人文棟113教室で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。

18/11/11(日)

「お誘い]東信の会 21:50 「お誘い]東信の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 「お誘い]東信の会 - 西川純のメモ 「お誘い]東信の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

11月23日に上田で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://senseiportal.com/events/48405

[]幸せ 21:32 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 弟子の楽しそうな写真を見ながら妄想します。

 もし、私が初任で務めた学校が定時制でなければ。潰れていく子どもを合理化できただろう。

 もし、大学に努めて所属した組織が、理科教育を潰す組織でなかったら、理科教育の枠組みの中でいただろう。私は学習臨床というコースを生み出そうとは思わなかったし、教職大学院という専攻を生み出そうと思わなかっただろう。

 40歳代で、理科教育学会の学会賞をいただき、学会誌の編集委員長を務めた。きっと、退職まで大事にされるだろう。

 アダムは知恵の実を食べたために楽園を追放された。アダムは後悔しただろうか?

 きっと、しばらく考えて、後悔しただろう。幸せは何かをなすことによって得られるものではなく、安定した人間関係の中で生まれるから。

 でも、知恵の実を食べてしまった。

 どうしよう。

[]広島の会 05:50 広島の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 広島の会 - 西川純のメモ 広島の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月17日に広島で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://bit.ly/2zIoDZZ

18/11/10(土)

[]切り込み隊長 21:13 切り込み隊長 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 切り込み隊長 - 西川純のメモ 切り込み隊長 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 再来週に、経済産業省でイノベーターの方々あいてのプレゼンをします。そのパワーポイントの原稿ができました。おそらく出席者の多くには不快なこと語ります。

 私はこの年になっても切り込み隊長です。

 私以上に馬鹿なことを言って切り込む人がいないから。私が退職したら、だれかがその役を担うのだろうな。

18/11/09(金)

[]愛 22:31 愛 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 愛 - 西川純のメモ 愛 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生が本音の悩みを語れば、その言葉で頭はいっぱいになる。そして、抱きかかえて、「大丈夫、守ってあげる」と言いたくなる。でも、その言葉を私に言う現状を恥じる。すべては私の無能故。ゼミ生が私に語った顔を忘れない。

18/11/08(木)

[]モデル 21:33 モデル - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - モデル - 西川純のメモ モデル - 西川純のメモ のブックマークコメント

神のごとき教師は、希に、希に、います。でも、我々はそれには絶対に到達できません。我々の出来るモデルが必要なのです。神をモデルにすると、凡夫は害毒を流します。

[]悩み 19:31 悩み - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 悩み - 西川純のメモ 悩み - 西川純のメモ のブックマークコメント

 小学校低学年ぐらいで「自分が死ぬ」ということを自覚します。とても怖いです。怖くて怖くて仕方がありません。保護者に相談しても納得できません。でも、やがて自分なりの理解の仕方を生み出します。これは他人から言われて解決できる問題ではなく、自分で苦しんで苦しんで解決するしか無いように思います。

 学生さんは、どの職業に就くか、そもそも就けるか、誰と結婚するか、そもそも結婚できるかを悩みます。そして自分の性格、生き方に悩みます。そのような悩みを聞くと、真剣に語ります。しかし、同時に、それは自分で解決するしかないことを知っています。だから「ゆっくり考えて、自分なりの答えを出すしかないよ」というアドバイスをするしかないことを知っています。

 が、同時に私の年になれば知っています。日本の社会はそれほど優しくはないことを。就職や結婚に失敗した場合、その履歴はずっとその人の人生につきまといます。実際はそれほどでなかったとしても、それを後悔するような経験は必ずつきまといます。そして、何も選択しないということは、選択しない、ではなく就職しない、結婚しないことを選択していることなのです。そして、就職しない、結婚しないという選択は、やがて、就職できない、結婚できないということを導きます。

 だから、就職も結婚も折り合いをつけることが大事です。それも出来るだけ早く。そして、正解を探すのではなく、現実を正解にするように積み上げることが正解なのです。だから、それをアドバイスします。しかし、結論を出すのは本人。

 私は多様性を認めず、失敗を許さない日本にいる、学生さんの幸せを願います。どうなればこの状況を解決できるかを知っています。それのキーが教育であることも。でも、今の私にはそれを解決できるネットワークがない。

[]余命 06:57 余命 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 余命 - 西川純のメモ 余命 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学生にかなりの量の書類をpdfで送って読ませると、彼らはスマートフォンで読むのです。老眼の私には米粒以下の大きさの文字を読みます。それも近眼でめがねをかけている学生も。驚くなかれ、40代もそうです。私だったら、絶対に印刷して読むのに。紙媒体の本の余命はどれほどなのだろうと、思います。

18/11/07(水)

[]学歴 21:45 学歴 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学歴 - 西川純のメモ 学歴 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 もし、文部科学省が大学の定員と入学者の規制を外したらどうなるのかな?と無責任なことを考えました。

 そうしたら、ばんばん入学させるでしょう。しかし、ブランド力を高めるためにびしばし落とす大学も生まれる。学習歴を保証する大学が生まれれば、学歴を重視するアメリカのようになるのかもしれない。

[]待ってくれるか? 21:41 待ってくれるか? - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 待ってくれるか? - 西川純のメモ 待ってくれるか? - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学校教育改革をしようとしている人たちが想定している変化のスピードで、保護者・企業が待ってくれるだろうか?多くの人は待ってくれると思っている。でも、私は待ってくれないと思っている。正確に言えば、待てない保護者・企業が一割以上いる。でも、一割いたら学校教育制度は破綻する。

 そんなバカなと思うのが普通。でも、4月一括採用が崩壊するスピードから考えて、私の予想の方が正しいと思えてならない。そうすると、今やっている学校教育改革の想定している前提が全く崩れてしまう。

[]静岡 21:23 静岡 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 静岡 - 西川純のメモ 静岡 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨年は九州に何度も講演に行きましたが、今年は静岡での講演が多いな。『学び合い』フォーラムの他に2回まいりました。そして、先ほど12月の講演のオファーがありました。フォーラム以外の3件がみな高校というのが意味深い。

[]呑み会 21:16 呑み会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 呑み会 - 西川純のメモ 呑み会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今、ふと気づきました。都会の人は呑み会の後、電車に乗って帰るのですね。凄いな~。上越での呑み会の場合、タクシーで15分で家に着く。だから、出張の時は、呑み会の場所に一番近いホテルを予約します。

18/11/06(火)

[]沖縄の会 18:11 沖縄の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 沖縄の会 - 西川純のメモ 沖縄の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 12月15日に沖縄で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/544389/?fbclid=IwAR0qTq9qFZ4S1QQJ3rk2xGHlwkUVzM0QyFrSLUQUfFCyKmCx6NxgUVpiWLM

[]命を削る 16:45 命を削る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 命を削る - 西川純のメモ 命を削る - 西川純のメモ のブックマークコメント

 火曜日午後に二百人の学生相手の講義をした。4回目だけど、命を削って語っていると思う。思いを込めて語ると、本当に疲れる。伝わって欲しいと願う。

18/11/04(日)

[]怒り 20:47 怒り - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 怒り - 西川純のメモ 怒り - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生を諭すことはありますが、叱ることは殆どありません。年に何回かありますが、論理的に淡々と語ります。そして、私が怒っている姿を想像することは出来ないでしょう。彼らに見せている姿の圧倒的大多数は、ニコニコしてバカな話をしているおっさんです。それも話題のレベルは、頭のいい中学生レベル。

 でも、ごく一部の学生は、私が攻撃モードに入ると、長期計画的に攻撃することを知っています。その時も、ニコニコしています。

 でも私は高校教師時代に学びました。声を荒げても伝わらない子どもには伝わらない。伝わる子どもには声を荒げなくても伝わる。だから、声を荒げる必要性はない。そして、声を荒げることは戦略的に不利であることも学びました。

追伸 私はいつもニコニコしてバカな話をしているので、真顔になると叱られていると、それもものすごく叱られていると思う学生はいます。困ったな。たいていの場合、疲れてぼーっとしているだけなのですが。

追伸2 でも、嫌な思いをしない方法は、信頼できない人と関わらないことです。http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20090517/1242568179

[]浜松の会 16:23 浜松の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 浜松の会 - 西川純のメモ 浜松の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月10日に浜松で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/541019/

[]個別最適化 13:51 個別最適化 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 個別最適化 - 西川純のメモ 個別最適化 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は上越教育大学の教員として、大学やコースで決まったことを学生に求めます。それらは法廷で争っても妥当なものばかりです。例えば、教職大学院を修了するには、2年間の学修成果を成果物としてまとめ、発表することを求めています。髪の色がどうのこうの、靴下の色がどうのこうのという噴飯物は一つもありません。

 しかし、大学やコースで強いているルール以外に強いているものがあります。端的なものは、私はゼミ生に「自分の心に響き、多くの人の心に響く教育研究を通して、自らを高め、一人も見捨てない教育・社会を実現する」ことを求めています。

 その他、様々なルールを課しています。

 しかし、私はゼミ生に強いるルールに関して、明文化しています。もちろん、何故、そうなのかも書いています。例えば、私がゼミ生の結婚式に出席しない理由も書いてあります。https://bit.ly/2nib9AD

 第二に、私のゼミに入るか、否かは学生が決めています。そして、入ってから他ゼミに移動する権利を留保しています。

 第三に、私が強いるルールに従わなくても、何らかのペナルティを与えません。従わないということ自体が、その人にとってペナルティになることを知っているので、あえてする必要はないだけです。私はそれに従わないことがペナルティになることを語ります。なによりも、それに従っているゼミ生が多くを得られることを目にします。たいていの場合は自分で気づきます。

 私は小中高もそうなればいいと思っています。「2030年 教師の仕事はこう変わる!」(https://amzn.to/2FbmvjA)で書いたとおりです。私のイメージする未来の教師は、何かを教えるのが仕事ではなく、学習者、そして学習者集団が自ら学習するようにコーディネートするのが役割です。この場合、一人の教師が何百人でも対応できます。今後のネット社会において物理的に近い学校の教師である必要はありません。

 もう一歩進んで書きます。これぐらいになると、何を書いているか分からない人がかなり増えることを理解して、あえて書きます。

 もし、上記のことに学校教育法の1条校が対応しないならば、子どもと保護者は1条校を見捨てるでしょう。そんなのバカげていると思うのが普通です。でも、私はそう思いません。もし、企業が学歴ではなく学習歴を重視する採用をしたらどうなるでしょうか?つまり、大卒であること、高卒であることを条件にせず、電気主任技術者2級以上で電気工事の実務経験が3年以上であることを求めたとします。そして、国立大学工学部卒業の人が落とされ、フリースクールで資格獲得のための勉強し、フリースクールが提供する実務経験の場(つまり就職先)で実務経験を積み上げた人が合格するようになったらどうなりますか?

 私は教育基本法第一条が大好きです。でも、「人格の完成」が曖昧で、どうとでも捉えられるところが嫌です。私が教育基本法第一条を定めるとしたら「教育は、勤労し、納税し、その保護する子女に普通教育を受けさせる国民の育成を期して行われなければならない。」とすべきだと思います。これらは憲法の中で国民の義務とされていることです。そして、国民の多くが求めているのは、論理的思考能力、教養、科学的概念の獲得ではなく、就職です。だから、企業の採用の方法が変わったら、学歴は与えられるが、学習歴を与えられない1条校は捨てられると思っています。

追伸 私の頭の中で生き生きと動いている学校システムと、肌着の色を云々している現状とのギャップに苛ついてしまうのです。悪気がないことは分かっているし、私の方が少数派であることは十分分かっているのですが。

 それに文部科学省が後生大事に今の学校教育を守ったとしても、守った学校教育が無価値になり、文部科学省とは別の組織が立ち上げるであろう新学校教育が主流になったら・・と想像します。私はソフトランディングして欲しいと願います。

[]校則 10:39 校則 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 校則 - 西川純のメモ 校則 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 校則違反を理由に校外学習を外すということを公立中学校がやったそうです (https://this.kiji.is/431037591501063265?fbclid=IwAR132a1oKStEs_Ekesls0c3AqnD87Cg7XNL874BNdki4ueAuTst-XVwLvEE)。

 愚かだな~と思います。まず理解すべきは、公立義務教育において校則には全く法的根拠はないのです。公立の高校、大学も、学校教育法等の法規に明記されていないものは、公序良俗の範囲を大幅に逸脱していると法廷で勝てるレベルではないならば生徒・学生に強いることは出来ません。私立学校においても、入学時の段階に明確に校則を明らかにして、了解を得たと実証できないならば強いることは出来ません。これは憲法13条によって保証されています。

 きっと、この中学校が保護者から訴えられて敗訴したならば、その学校や近隣の学校は分かるでしょう。ようは学校が勝手に子どもに強いたことに対して、子どもも保護者も従っていたので、教師がそれを強いる権利があると思い込んだだけのことです。

 幸い、私は教師になって直ぐに、それが誤りであることを知りました。私の教えた子ども達は教師の言うことを聞きません。私が強いても従わないのです。慌てて先輩などに聞いてみましたが、教師には殆ど何らの権力も無いのです。

 例えば、退学を考えてみましょう。公立の義務教育には退学はないのです。公立の高校、また、私立学校であれば退学させることは出来ます。しかし、それが妥当であるか法廷で闘う覚悟があるでしょうか?極端な例で言えば、教師を殴ったとします。民事事件に持ち込むことは出来るでしょう。何も考えずに殴る子どもはいないでしょう。その子が殴るに至った過去の経緯を洗い出して、教師に一点の曇りもないということがありえますか?そんな状態で退学処分が法廷で勝てるでしょうか?

 荒れた学校を厳しい生徒指導で建て直したことを胸を張って語る教師がいます。ニコニコ承りますが、心の中では「楽な地域・学校に勤めているんだね。あはははは」と心の中でせせら笑います。そして、『あなたは教育基本法第一条を読んだことがあるの?そこには「平和で民主的な国家及び社会の形成者」を育成すると書いてある。法的根拠もなく、子ども達による民主的な手続きによらない規則によって子どもを強いることによって民主的な国家及び社会の形成者が育成できるの?啓蒙的専制君主の域を出ない。啓蒙的専制君主は結局、専制君主であり、民主的な国民を許さない。あなた、法律違反しているよ』と思います。

 詳しくは「アクティブ・ラーニング時代の教室ルールづくり入門」(https://amzn.to/2RzBqW2)をご覧下さい。平和で民主的な国家及び社会の形成者を育成するには、教室が平和的で民主的であらねばならない。そして、教師は啓蒙的専制君主ではなく、民主国家の公僕であらねばならない。

18/11/03(土)

[]大阪の会 20:41 大阪の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大阪の会 - 西川純のメモ 大阪の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 12月22日に大阪で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/544042/

18/11/02(金)

[]ゼミ生 22:15 ゼミ生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ゼミ生 - 西川純のメモ ゼミ生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教え子は色々です。教員養成系大学の卒業生なのですから、教員は多い。でも、全部ではない。教員になって、子どもをもうけている人もいる。

でも、教員にならない道に進んだ人もいる。教員になったが、教員以外の道に進んだ人もいる。そもそも、卒業出来ずに退学した人もいます。

でも、みんな教え子。みんなもがいているだろう。そして、60、70、80までもがくだろう。その時は私は鬼籍に入っているかもしれない。

私は一人も見捨てない教育を提唱している。でも、私も教師。ゼミ生の幸せを願う。どうしたらいいのだろうか?私がゼミ生に甘い人であることはゼミ生は分かっている。ようは、私が願っているのは、ゼミ生が教員になることではなく、幸せであること、これを分かって欲しい。

[]嬉しい 19:26 嬉しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 嬉しい - 西川純のメモ 嬉しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日のゼミで、あるゼミ生がぽろりと言った言葉を聞いて、涙が流れた。嬉しくって。我がゼミ生が一人の子どもの人生を変えるかもしれないと思いました。きっと他のゼミ生もそうしているんだろう。でも、当たり前すぎで気がつかない。彼らは凄いことをしている。嬉しい。