西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/10/27(土)

[]八王子 21:33 八王子 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 八王子 - 西川純のメモ 八王子 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ちょっと酔っ払っているので書きます。

 私の動機付けは、高校教師時代に救えなかった、いや、奈落に突き落とした、子どもたちへの贖罪です。それがあるから、嫌われても「一人も見捨てない」という言葉にこだわります。「みんなハッピー」というようなレベルの子どもたちを相手をしていませんから。

 面白い授業、分かりやすい授業をした自信はあります。でも、それが子どもたちの幸せに繋がらなかった。いや、カリスマ教師を目指した私は子どもたちの関係を分断してしまった。

 今でも、夢に教え子が出ます。昔のカリスマ教師の授業のハッピーな姿が出ますが、最後は、救えなかった子どもの現実があり、今は、それが自分が原因があることを知っています。

 贖罪は出来ないことは分かっています。でも、彼らの子ども、孫の幸せを願いたい。だから、個人的には東京都八王子に『学び合い』が広がって欲しいと願います。バカですね。業です。

[]素直 21:03 素直 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 素直 - 西川純のメモ 素直 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が本に書いている以外の今の一斉指導との融合タイプの『学び合い』は出来ます。でもね。それって、一斉指導のテクニックがものすごくうまい人だけが出来ることです。一斉指導で「名人」と言われる人でなければ、本で書いた通りをやった方が安全です。

ゼミ生は、それが出来ないから、セオリー通りにやります。だから成功する。

[]ベクトル 20:43 ベクトル - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ベクトル - 西川純のメモ ベクトル - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』実践者である程度の段階になると、余裕が生まれます。そんなときです。満足できないことが起こると、昔通りのやりかたの改善方法に向かいます。

 でもね。それで毎日、毎日、一年間出来ますか?課題作りに凝って、どうします?一時間の授業を課題作りに凝って、どれほどの時間がかかりますか?

 やり方を凝って、いくつもの仕掛けを入れるでしょう。でもね、クラスの中の5人を思い浮かべて下さい。その子どもが頭を使ったら、何が出来ますか?その可能性を削いでいるのですよ。

 じゃあ、何をすべきか?

 妄想を持つべきです。アンテナを高くして、世の中の動きを知り、自分のヴィジョンを持つのです。そして、なによりも、そのようなヴィジョンを共有し、馬鹿話で盛り上がれる人と繋がることです。

 ネットワーク研究の知見です。知恵のネットワークには、ブレイン、ゲートキーパー、エンドユーザーの3種類の人がいます。エンドユーザーは、普通の人です。何か分からないことがあれば、「おしえて」と言う人です。その人をサポートしているのがゲートキーパーです。そのゲートキーパーに新たな情報を伝えるのがブレインです。面白いのは、ブレインは他のブレインと繋がれます。ところが、ゲートキーパー、エンドユーザーは特定の狭いネットワークに縛られています。

 是非、ヴィジョンを広げ、その妄想を共有できるブレインと繋がって下さい。