西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/10/15(月)

[]幸せ 21:53 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 自分が幸せになるのだったら『学び合い』のテクニックを使えば容易い。でも、そうできない人もいる。これって『学び合い』のクラスと同じ構造。結局、自分の幸せを戦略的に理解しないと、ある時点で自滅する。

[]奥義 21:15 奥義 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 奥義 - 西川純のメモ 奥義 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミOBのメモを読み、『学び合い』の奥義を書きたくなりました。もしかしたら、一部の人のとって不快になるかもしれないので書かなかったことですが。書くべきだと思いました。

 『学び合い』は考え方であり、方法ではない、と私は申します。この言葉の意味は様々に解釈されます。また、解釈できるような表現にしています。

 私は西川ゼミの主催者です。全国の皆さんに偉そうなことを書いているし、言っていますが、私も教師であり、担任です。では、西川ゼミはパーフェクトか?そんなことはありません。でも、私の人間の品性・能力の中で実現できる最善だと思っています。これを疑ったことはありません。私は旧来の教育のテクニックはかなり長けていると自負しています。これは、私の講演を聴いた方だったら分かると思います。でも、しょせん、2週間から3ヶ月の賞味期限です。

 私はゼミ生に『学び合い』を追求することを求めたことはありません。私が求めるのは子どもたち・教師全員が幸せになることは素敵であり、その影響力があることを語ります。そして、私の生き方を子どもたちに伝えるのです。その多くは、子どもたちに興味を持っているおっさんとして。

 子どもたち(現職者も含めて)は色々なことを疑問に持ちます。私はシンプルな原理・原則で応えます。でも、子どもたちは、私が子ども・教師の幸せを求めていることは伝わっていると思います。

 多くの人が『学び合い』だと思っていること、私はそれをしていません。なにもしていません。ネームプレートも、振り返りもしていません。私は子どもたちの疑問に応えます。そして、一人も見捨てられない社会・教育は自分にとって得だと語ります。全員は分かりません。でも、一部は分かります。そして、多くのゼミ生は、私が本気で信じていることは分かります。

 全国の実践者、その全員は自分の幸せのためにやっています。でも、その一部は、その幸せを実現するには、まどろっこしいけど、まわりを理解させないならば実現できないことを知っています。自分にとっては自明なこと、でも、自明でないことで躓いている人を救うことがどれほどの意味があるかを知っています。

 私が現役である時間はカウントダウンに入っています。だから、自分の幸せを実現するには、愚かである人を戦力するメリットを理解できる人を生み出したい。これは千人に一人の割合です。

[]入善高校 19:52 入善高校 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 入善高校 - 西川純のメモ 入善高校 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は入善高校で気持ちよく講演しました。私の思い、伝われ、と念じながら。