西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/08/13(月)

[]Society5.0の教育 09:54 Society5.0の教育 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Society5.0の教育 - 西川純のメモ Society5.0の教育 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「個性化」「総合化」「非同時化」「分散化」「適正規模化」「地方分権化」のSociety5.0に共通する学力なんてありません。それを想定し、それを保証する全ての教育はSociety5.0における教育になり得ません。自己矛盾です。

 では、教育で国民全員に何を保証すべきなのでしょうか?

 学力ではありません。

 繋がりです。

 他人に繋がれば、他人の知識・知恵を活用できます。それによって大容量でマルチCPUの能力を獲得できます。これがあれば、重度の知的な障害を持つ子であってもSociety5.0活躍することが出来ます。国民全員が人工知能やプログラミングの専門家になる必要性はないですし、そもそも、そんなのは不可能です。

 では、繋がりを保証するには何が必要でしょうか?

 コミュニケーション力だと思われがちです。

 違います。

 たしかに、それがあった方がいい。でも、国民全員が座談や交渉のエキスパートになる必要はない。そして、そんなのは不可能です。ホモサピエンスの本能と能力に基づき150人(ダンバー数)と繋がれればいい。これだったら誰でも出来ます。だから、つながる機会さえ与えればいい。『学び合い』だったら教師の管理下で安全に、年間を通して週5日間30時間の教科学習の時間を繋がる機会とすることが可能です。

 でも、それが出来ない人もいます。例えば、重度の自閉症の人。でも、その人を仲間だと思い、それが自分にとって得であると理解出来る集団を実現することは可能です。『学び合い』では「一人も見捨てないことが自分に得(徳ではありません)である」ことを語ります。そのための中長期のヴィジョンを持っています。

私は7、8割の子どもが救われる教育ではなく、100%の子どもが救われる教育を目指しています。その結果が『学び合い』です。

 以上の様に考えているので、学力の保証という囚われから易々と脱することが出来るのです。

 

追伸 あと育児と介護は学校教育で必修にすべきだと思っています。これからありとあらゆるサービスは人工知能+ロボットに代替えされるでしょう。でも、育児と介護は肉親がすべきだと思っているからです。

追伸2 実は、もう一つあります。書くのがためらわれるのですが、性行為を含めた交際です。何故なら、生殖行動は人工知能+ロボットに絶対代替えできない唯一の行為ですから。(もちろん、これは理論的な話しです。我が子を持つ親の立場で考えれば、私自身が首をかしげますから)