西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/08/09(木)

[]リターンマッチ 20:46 リターンマッチ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - リターンマッチ - 西川純のメモ リターンマッチ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生の合否の結果が流れはじめる時期です。

 何度も書いたことですが、再度書きます

 人は変えられませんが、でも、自分を変えることは出来ます

 過去は変えられません、でも、今の結果を良かったと思える未来を創ることは出来ます

 私は大学に入ってからしばらくして、大学掲示板を見ないようになりました。というのは、必要情報友達から「おい、西川、○○があるぞ、見とけ」という情報が流れます。結果として、毎日掲示板を見て、自分無関係情報を読むという無意味時間を省略することが出来ました。

 大学院の2年の時です。東京都高校を受けようと思っていました。その案内が掲示板掲示されたら誰かから教えてもらえると思っていました。ところが、5月になっても、6月になっても噂になりません。心配になって友人に「まだ受験の案内はないの?」と聞いたら唖然として「もう、申し込みは終わっている」とのことです。愕然しました。受験情報デリケート話題です。同じ都道府県を受ける人もいます。つまりライバル同士なのです。だから話題に上らなかったのです。

 ということで、私は教員採用試験から離脱です。

 馬鹿馬鹿しかった。悔しかった。恥ずかしかった。

 で、今できること、受験する同級生に出来ないことをを何かしようと思いました。

 私は修士論文を徹底的に、組織的にやりました。結果として、修士2年の9月頃には完成しました。そこの頃には指導教官小林先生以外に、多くの先生に読んでいただきました。

 で、終わった後、何をするべきかを考えました。

 博士課程に進学した同級生生物学学術論文投稿しはじめている頃です。とうことで、まずは日本理科教育学会、次は科学教育学会、そしてScience Educationというデューがはじめたアメリカ雑誌投稿しました。そして、その後も論文を書き続けました。

 12月になって教員採用試験勉強しました。徹底的に。例えばチャートを全文暗記する気持ち勉強しました。で、合格しました。

 そして、大学院時代学術業績を見込まれて上越教育大学採用されました。つまり、大ポカをしなかったら、今の私はありません。だから、実感として「人は変えられませんが、でも、自分を変えることは出来ます過去は変えられません、でも、今の結果を良かったと思える未来を創ることは出来ます。」と言えます

追伸 教員採用試験に残念な結果だった学生臨時採用に進む人がいます。でも、私は大学院進学を勧めます理由は、本学大学院は先輩教師に可愛がられることを学べます。つまり採用されるだけでなく、採用されてから辞めない教師に育てます第一臨時採用教員採用試験の1次試験は通りません。その勉強する時間は無いからです。私の経験上、臨時採用合格するには3,4年はかかります。それだったら、大学院に行って受験勉強をすればいいのにな、と思っています臨時採用といえども子どもにとっては教員です。真面目な人は手を抜けません。それに教職経験だったら、正規採用されたら、40年間積み上げられます。そんなに急がなくてもいい。