西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/08/08(水)

[]老後 21:09 老後 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 老後 - 西川純のメモ 老後 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 来年で60歳になります。前から感じていましたが、この頃、思うことがあります

 まだやらねばならないと思って死ぬのと、もういいわと思って死ぬのと、どちらがいいのか?若い頃は圧倒的に前者でした。でも、最近後者気持ちが分かります

[]公平と公正 20:35 公平と公正 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 公平と公正 - 西川純のメモ 公平と公正 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今回、東京医科大学女子受験生、一部浪人生が不利になる採点操作を行われました。大きな問題です。では、何が問題だと思いますか?

 日本大学改革モデルとしているアイビーリーグでは、一部の人種の受験生には合格やすくしています。逆に言えば、そうでない人種合格しにくくしているのです。さらレジェンド枠というものがあり、卒業生師弟合格やすくしています。おそらく、日本では考えられないと思いますしかし、国内(つまりアメリカ国内)に居ながらにして、多文化社会を学ばせるために、人種枠を設けています。また、その学校に対する思い入れ、誇りを醸成するためにレジェンド枠を設けています。このように、大学ポリシーを持って「枠」を設け、それを公開しているならば、非難されないのです。

 実は日本にも性差別ではないかと言われ続けているのが女子大学女子高校男子高校存在です。性差別かもと言われ続けているのに、続いているのは学校ポリシーを持って、それを公開しているからです。

 最後に。

 意外かもしれませんが、試験は公平であることを定めた法律はありません。せいぜいあって、文部科学省が毎年大学に通知している文章レベルです。つまり、「公平」は国民感情以上のものではないです。そして、これから大学入試高校入試性別等の生まれつきで一対一対応するもの以外のものにたいする「区別」はどんどん奨励されるはずです。そのような中央教育審議会答申文部科学省通達は既にあります