西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/06/26(火)

[]難攻不落 18:45 難攻不落 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 難攻不落 - 西川純のメモ 難攻不落 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が書いていることの大部分は現行法規・学習指導要領の中でやれることばかりです。

 例えば、公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律(いわゆる定数法)で定めているのは、子どもの数から算出される教員の数を定めているのです。ですが、その数の中で、どのような教科の教員を雇うかは校長の裁量です。理論的な話しですが、もし、ちゃんと教育委員会に説明できるならば、全員が英語の学校も可能です(極論ですが)。

 どの法規を見ても、クラスの明確な定義はありません。学習指導要領の学習が成立しているならば、教科・学年を混在した50人、100人を対象とした授業も可能です。

 教科書を使わなければならないと学校教育法34条に書かれていますが、どれだけ使うかは決まっていないのです。だから、教科書を資料と使いながら、携帯の動画で勉強することもありなのです。高木貞治の解析学概論を読んでいる中学生が、教科書を使って同級生に教えていいのです。

 もちろん、全ては学校長の同意があってです。また、教育委員会の同意があってです。でも、教育委員会も法律違反に関しては命令が出来ますが、法律違反でなければ、命令は出来ません。

 職業高校のプロパーの科目はかなり自由度が高い。だから、今すぐにでもドイツ型デュアルシステムも可能です。

 やろうと思えば、私が書いていることは可能です。でも、そんなこと出来ないと思い込んでいる人を説得することは私には出来ません。お上が「特区的」に積極的にそのような運用を認めたら、と思います。そこで結果を出す。

追伸 ビックリするでしょ。でも、日本の教育法規の最高権威と、県教委の担当経験舎に聞いたら、こともなげに上記のような運用が出来ることを教えられたとき、私はビックリしました。