西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/06/20(水)

[]秘訣 06:03 秘訣 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 秘訣 - 西川純のメモ 秘訣 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 色々な人から、「西川先生はどうやってビックリするような本を色々書けるのですか?」と聞かれます。でも、私は当然の一つのことを書いているつもりです。私の頭は脱工業化社会の論理で動いています。そして、脱工業化社会に対応できる『学び合い』を知っているので、工業化社会の鎖につながれていない。だから当然の一つのことを書けるのです。

[]校長の皆様へ 05:46 校長の皆様へ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 校長の皆様へ - 西川純のメモ 校長の皆様へ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の発信を受け取る方には、校長の方は少なくないと思います。さらに、しばらくしたら校長になる教頭や行政の方もおられるでしょう。

「教師がブラック残業から賢く身を守る方法」(学陽書房 https://amzn.to/2K2yFwd)が発売になりました。この本は皆様に都合の悪いネタばらしの本かもしれません。この本は発売前に重版になるほど売れています。ということは、皆さんの学校の先生の中にこの本を読んだ職員がいる可能性は少なくありません。たった一人でもいれば、その先生がこの本に書いてあることを周りの教師に伝えるでしょう。読まないという選択肢は無いと思います。

 働き方に関して、日本は新たなフェイズに入っているのです。皆さんこそ、学ばなければならない。管下の職員に指摘されて知るのではなく、皆さんが主導すべきなのです。この本には校長として出来ること、すべきことも書いています。

 急流の中で船をコントロールするには、急流より速い速度で船を進ませる必要があります。働き方改革を実行するには5年ぐらい必要です。今から始めなければなりません。

 保護者対策も『学び合い』のセオリーに従ってやればいいのです。つまり、大反対する保護者を何とかしようとするのではなく、理解してくれる2割の保護者を動かすのです。その保護者が6割の保護者を動かします。合わせて8割の保護者が大反対する2割の保護者を動かすのです。