西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/06/17(日)

[]『学び合い』か否か 08:36 『学び合い』か否か - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』か否か - 西川純のメモ 『学び合い』か否か - 西川純のメモ のブックマークコメント

 一人で『学び合い』を実践している人から、「私の『学び合い』は本当の『学び合い』なのでしょうか?」と聞かれることは少なくありません。でも、家元制度ではないのですから、誰かによって認定されるものではなく、自分で判断すればいいのです。

 分かりやすい判断基準は以下の通りです。

1) 一人も見捨てるなと子どもに求めているか?

これは実践が進むと「一人も見捨てないのは得だ」となります。そして、私の本だったら「学歴の経済学」、「アクティブ・ラーニング入門」、「サバイバル・アクティブ・ラーニング入門」、「2020年激変する大学受験!」で書いているような今後の社会のことを語ります。

2) 教科の内容を相対的に見られます

学び合い』は面白い授業、分かりやすい授業を目指しているのではなく、子どもの幸せを目指しています。だから、その教科の蘊奥・奥義を教えることを目指しているのではありません。「その教科の蘊奥・奥義を教えること」を全面否定はしませんが、一人残らず全員の幸せを願うならば、「その教科の蘊奥・奥義を教えること」を持ち出しません。

3) 子どもに任せる時間が長い

子どもに任せる時間は、子どもをどれだけ信頼しているかと比例します。これは自分の限界を理解しなければなりません。そのためには、子どもには多様性があり、全員がその子にあった指導を求めていることを理解しなければなりません。それが理解出来れば自分には無理だと理解出来ます。「でも、子どもに出来るだろうか?」という不安は、『学び合い』は2割の学力的にも高い子どもを納得させ、その子達が6割の子どもを動かし、8割の子どもが残りの2割の子どもを動かすという構造を理解しなければなりません。ただし、校長からの命令で出来ない場合は除外されます。その状況で出来る範囲のことをやればいいのです。

 

 以上は、願い、学校観、子ども観に対応するものです。

 『学び合い』は対象と期間によって多様です。

 対象に関しては、最初はクラスの子どもの中のグレーゾーンの子どもを除外してしまいます。それを含んで考えられるか否か?特別支援学級の子どもを含んで考えられ、特別支援学級・特別支援学校は最終的にはなくなればいいと考えられるか否か?また、保護者・地域の人を巻き込んだ地域コミュニティを視野におけるか否か?

 期間に関しては、その時間を視野においているか、単元か、1年間か、その学校を卒業するまでか、10年後か、20年後か、30年後か、それ以降か。私は「一人も見捨てない」という言葉を使います。きつい言葉です。でも、私はそれを使います。何故なら、私は子どもの一生涯を視野において考えているからです。高校教師の時、学校からドロップアウトした子どもが、どんな奈落に落ちるかを嫌と言うほど見てしまいました。その後、日本中の子どもがそのような奈落の縁にいることを知りました。それを救うには義務教育段階で中学校区レベルでの地域コミュニティの構築、高校の学区レベルでのローカルエリートによる地域コミュニティのネットワークが必要だと確信しています。このレベルの視野を持てば、「一人も見捨てない」という言葉は当然となります。

 

 以上の様な実践をすれば、教科学習での子どもの姿を見て、感激の涙を流せます。こうなると、もう、不治の病です。

 

追伸 「私の『学び合い』は本当の『学び合い』なのでしょうか?」という人への最善のアドバイスは、『学び合い』の実践者に直に合って話し合うことです。それも出来るだけ多くの人。そうすれば安心しますし、次の路が見えてきます。